年秋、ドイツ東部の町コトブスは、町ができて年になるのを記念し

年秋、ドイツ東部の町コトブスは、町ができて年になるのを記念し、手紙などを入れたビン本を船に託して世界中の海に流すことにした。歳だったミレーネ・クラウツィックさんも、チューリップや太陽の絵を描き、ビンに入れた。そして、それっきりビンのことは忘れていた海上自衛隊第航空隊の輸送機の機関士、西田尚貴さん()は今年月、物資補給に赴いた南鳥島の海岸でゴミ拾いをしていて、ビンを見つけた。危険物かもしれないと思いビンを割ると、絵がでてきた。ネット上の辞書と首っ引きで、ドイツ語のメッセージを読みといた。

ブランド靴コピーコトブスという町が実在することを確認し、英語で返事を書いた。「手紙を見つけました。あなたの国から届いた奇跡に感謝します」。絵の内容から、子どもだろうと想像し、折り紙や万華鏡など日本のおもちゃも同封した月日、ミレーネさんは「日本から手紙が届いた」と聞いた。最初は何を言われているのか、わからなかった。翻訳してもらい、年半前の自分の手紙に、遠い地から返信が届いたことを知った。南鳥島という地名は聞いたこともなく、地図で調べた。

http://www.aicopy56.co/copy-227-b0.html

ビン入り手紙の主催者によると、ミレーネさんのビンは、年月に南シナ海を航行していたドイツ船から流された。本のうち、これまでに返事があったのは、直後にスペインに流れ着いた本だけ。忘れていたころに届いた返信に町中が驚いたミレーネさんは「また返事を書きたいし、西田さんと話をしたい。遠い島だけど、いつか行ってみたい」と話す西田さんは「どうやって届いたんだろうと、いろいろ考えました。言葉がわからないので、返信も届かないかもしれないと思ったが、喜んでもらえたのがうれしい。南鳥島は何もないけれど、とても美しいところ。いつか見せてあげたい」と話している。


カテゴリー: 未分類 | 投稿者aicopy56co 18:30 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">