スポーツ長者番付 日本人1位は!?

clip_now_20180607_154249

米経済誌「フォーブス」は恒例の2018年スポーツ長者番付を公表し、日本人ではテニスの錦織圭(日清食品)が3460万ドル(約38億2000万円)でトップとなる35位に入った。米大リーグの田中将大投手(ヤンキース)は2310万ドル(約25億5000万円)で95位だった。


プロテニスランキング

 錦織は年俸/賞金が160万ドル(約1億7600万円)、スポンサー収入が3300万ドル(約36億5000万)で大半をスポンサー収入で占めた。

 ランキングのプロフィール欄では「2017年の最後の5か月間、戦列を離れていた錦織だが、スポンサーは日本人プレイヤーに集まり続けた」と記し、この1年に複数の大手企業との契約を更新したことも紹介。「錦織のファンはケイ・ジャガーエディションを運転したり、日清の錦織ヌードルを食べたり、日本航空のケイ・ブランドの飛行機で飛んだり、アサヒビールの錦織のアルコールフリービールを呑んだりすることもできる」と影響力の大きさに言及している。

 また、95位に入った田中については14年の入団当時、7年間で1億5500万ドル(約171億円)の大型契約を結んだことなどが紹介されている。

 1位はボクシングのフロイド・メイウェザー(米国)で2億8500万ドル(約313億円)、2位はリオネル・メッシ(バルセロナ)、3位はクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)とサッカー選手が続いた。


カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 15:44 | コメントは受け付けていません。