穂積、二宮 準優勝コメント

clip_now_20180611_080054
テニス4大メジャーであるグランドスラムの第2戦・ローランギャロス(全仏テニス)女子ダブルス決勝で、穂積絵莉/二宮真琴組が、第6シードのバルボラ・クレジコバ(チェコ)/カテリナ・シニアコバ(チェコ)組に、3-6、3-6で敗れて、準優勝に終わった。


プロテニスランキング

 決勝は、センターコートであるフィリップ・シャトリエコートで行われ、穂積と二宮にとっては、初めてのグランドスラムのセンターコートでのプレーになった。

 二宮と穂積は、第1セット第1ゲームで先にブレークに成功して、幸先のいいスタートをきった。だが、続く第2ゲームでブレークバックを許すと、準決勝までにはなかった、相手の陣形に揺さぶりをかけるロブや、ポイントを決めにいくポーチがことごとくミスになった。

「自覚としては、そこまで緊張感はなかったです。もちろん試合前は緊張をしていたんですけど、準決勝の方が緊張しました。でも、自分の感じていないところで、やはり決勝という舞台、勝ちたい気持ちとかが、少し硬さにつながったのかなと思います」(穂積)

「始まる前の方がすごく緊張していました。試合では、相手にちょっとペースで崩されたり、いつもより遅いペースで試合をされたりして、相手のスピン量がすごかったので、ちょっとロブも打ちづらくて、相手に崩されたというところはありました」(二宮)

逆に、シニアコバが、ダウンザラインへのロブを使って、日本ペアの後衛を左右に走らせてミスを誘い、試合の主導権を握り、最後まで日本ペアは、チェコペアを崩すことができなかった。

 ノーシードで決勝まで勝ち上がって来た穂積/二宮組は、残念ながら決勝で敗れたものの、ローランギャロスで、日本女子ペアとして初の準優勝となった。初めてのグランドスラムの決勝を戦った経験できたことによって、次のチャンスが巡ってきた時には、グランドスラムで優勝できるはずだという確信を2人とも手に入れた。

「今回かなり自信になったので、本当にグランドスラムで優勝するチャンスは本当にあるなと感じましたね。1回戦から準決勝まで二人でいいプレーができて、本当に勝てない相手はいないなと心底思いました。グランドスラムで優勝するチャンスは、また絶対来ると思ってます」(穂積)

「(昨年の)ウインブルドンでベスト4に入った時は、たまたまかなという思いがあった。今回決勝まで来れて、やっぱりちゃんとやればできるんだと思えました。今回のプレーやこの結果で、やっぱり私はダブルスを極めようかなと思いも強くなりました」(二宮)

 グランドスラム第3戦のウインブルドンでは、お互い違うペアと組む予定で、次にどこの大会で穂積と二宮が組むかは未定だが、今後の”えりまこ”の活躍が非常に楽しみだ。


カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 08:03 | コメントは受け付けていません。