フェデラー グラスコートシーズン初戦

「メルセデス・カップ」(ATP250/ドイツ・シュツットガルト/6月11~17日/賞金総額72万9340ユーロ/グラスコート)のシングルス2回戦で、第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)が地元選手のミーシャ・ズベレフ(ドイツ)を3-6 6-4 6-2で下し、約3ヵ月ぶりの試合を勝利で飾った。1回戦をBYEで免除されていたフェデラーにとっては、これが初戦だった。


プロテニスランキング

 フェデラーは、手にした10本のブレークポイントのうち4つをものにし、グラスコートシーズンを勝利で始めた。

 これ以前に出場した3月の大会で、彼は2試合連続で敗れていた。フェデラーの大会出場は、タナシ・コキナキス(オーストラリア)とフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)に敗れた、インディアンウェルズとマイアミ以来となる。

「3ヵ月は長い。年末のブレークより長いんだ。だから、いい形で戻ることができてすごくうれしいよ」と2年連続でクレーコートシーズンを丸々スキップしたフェデラーはコメントした。

 ズベレフは、これ以前の5回の対戦で一度もフェデラーに勝ったことがなかったが、この日、世界2位のフェデラーが最終的にプレーレベルを上げて第3セットで2度のブレークを果たす前に、第1セットを先取した。

 昨年のシュツットガルトでフェデラーは、初戦でトミー・ハース(ドイツ)に敗れていたが、最初のステップを乗り越えた今、次の準々決勝でギド・ペラ(アルゼンチン)とプラジュネシュ・グネスワラン(インド)の勝者と対戦する。

 予選を勝ち上がったグネスワランは1回戦で、第6シードのデニス・シャポバロフ(カナダ)を7-6(6) 2-6 6-3で倒す番狂わせを演じていた。

 前年度覇者で第2シードのルカ・プイユ(フランス)は、ワイルドカード(主催者推薦枠)で出場したルドルフ・モレカー(ドイツ)を6-3 6-4 で下して準々決勝に進出した。

 そのほかの試合では、第7シードのミロシュ・ラオニッチ(カナダ)とマクミリアン・マルテレル(ドイツ)が、各々の1回戦に勝った。一方、初戦で第5シードのフィリップ・コールシュライバー(ドイツ)を倒す殊勲を果たしていたデニス・イストミン(ウズベキスタン)は2回戦でフロリアン・マイヤー(ドイツ)を6-3 6-4で破り、プイユに対する準々決勝へと駒を進めた。clip_now_20180614_234005


カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 23:51 | コメントは受け付けていません。