フェデラー芝シーズンV発進

clip_now_20180618_065805

男子テニスのメルセデス・カップ(ドイツ/シュツットガルト、芝、ATP250)は17日、シングルス決勝が行われ、第1シードのR・フェデラー(スイス)が第7シードのM・ラオニッチ(カナダ)を6-4, 7-6 (7-3)のストレートで下して大会初優勝を果たし、7月2日からのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)へ弾みをつけた。


プロテニスランキング

決勝戦、第1セットを先取したフェデラーは第2セットのタイブレークでダブルフォルトを犯すラオニッチからリードを奪い、今季3勝目、キャリア通算98勝目をあげた。

フェデラーは準決勝で第4シードのN・キリオス(オーストラリア)に勝利した時点で、18日に発表される世界ランキングで1位へ浮上することが決まっていた。

18日に開幕するゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)に第1シードで出場のフェデラーは、初戦でA・ベデネ(スロベニア)と対戦する。


カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 07:24 | コメントは受け付けていません。