ヒンギス結婚 馴れ初め

元世界女王のマルチナ・ヒンギス(スイス)が、このほど結婚した事を自身のTwitter・Instagramアカウントで明らかにした。
clip_now_20180723_080254

Tennis World USAによると、お相手はHarald Leemann氏。女子の国別対抗戦「フェドカップ」でスイスのチームドクターをしている人物だという。2016年リオデジャネイロオリンピックでヒンギスがダブルス銀メダルを獲得した頃に、二人の交際がスタートしたようだ。

プロテニスランキング

ヒンギスは自身のSNSアカウントで夫とのツーショット写真を公開、白いドレス姿で笑顔を見せている。「グランド リゾート バート ラガッツから結婚の御挨拶をお送りします。この素敵な一日に、家族やお友達にお越しいただき、感謝いたします!」という投稿に、ユーザーからは「おめでとうございます!」「美しい写真」といった祝福のコメントが寄せられている。

スター選手としてそのキャリアは輝かしいものだった現役時代。プロとしての最後の試合は、2017年「WTAファイナルズ」ダブルス準決勝で終えている。

「20世紀最後の天才少女」と呼ばれ、16歳という女子テニス史上最年少でシングルス世界1位になってから21年。彼女の新たな門出に祝福の気持ちを送りたい。

それでは、気になる馴れ初めだが、2016年リオオリンピックでラーマンがヒンギスの個人アドバイザーとしてサポートしていたことがきっかけのようだ。

ヒンギスは、2度目の結婚である。
2010年にフランス国籍のスポーツ選手と結婚したが、2013年に離婚している。


カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 08:14 | コメントは受け付けていません。