大坂なおみか感じる重圧

テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は大会2日目の28日、女子シングルス1回戦が行われ、第20シードの大坂なおみが世界ランク146位のL・シゲムンド(ドイツ)を6-3, 6-2のストレートで破り、3年連続の初戦突破を果たした。
clip_now_20180829_071328

この日、大坂は過去1勝2敗のシゲムンドに対し、ファーストサービスサービスが入った時に75パーセントの確率でポイントを獲得。1ブレークを許したが終始主導権を握り、1時間18分で勝利した。

試合後の会見では「試合には勝ったけど、自分は完璧主義者だから望んでいたほどいいプレーはできなかった」と振り返った。

「それでも戦い方には満足している。第1セットの終盤で彼女(シゲムンド)に2ゲームを連取されてしまったけど、何とか勢いを止めることができた。あまり最高の状態ではなくても、戦い続けて何とか勝利への道を探していた。それは今日の試合で最もよかったことだと思う」

今年3月のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、プレミア・マンダトリー)でツアー初優勝をしてから、大坂は重圧を感じていると明かした。

「インディアンウェルズで優勝してから、ずっと感じている。全仏オープンはあまり得意なサーフェスではなかったから感じなかったけど、ウィンブルドンは少しプレッシャーを感じていた。この大会へ向けてのハードコート大会も。でも今はそれを乗り越えたと感じている。そして、今はシーズン序盤の頃の気持ちに戻った感じ。だから、もうプレッシャーなどは感じていない。もしあるとするなら、それは内面からのプレッシャーで、外からのものではない」

2回戦で大坂は、世界ランク162位のJ・グルシュコ(イスラエル)と対戦する。


カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 11:55 | コメントは受け付けていません。