セレナ16強入り 今後は

clip_now_20180707_090537

「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月2~15日/グラスコート)の女子シングルス3回戦で、第25シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)がクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)に7-5 7-6(2)で競り勝ち、ベスト16進出を決めた。試合時間は1時間49分。


プロテニスランキング

 ウインブルドンに2年ぶり18回目の出場となるセレナは、過去7度(2002年~03年、09年~10年、12年、15年~16年)の優勝経験がある。前回プレーした2016年は決勝でアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を7-5 6-3で破り、大会連覇を果たしていた。

 この結果でセレナは、ムラデノビッチとの対戦成績を2勝0敗とした。両者は2016年6月にフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)の3回戦で初対戦しており、セレナが6-4 7-6(10)で勝っていた。

 昨年のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で23度目のグランドスラム制覇を果たしたあと、セレナは出産のために約14ヵ月間ツアーを離脱。今季ここまで3大会に出場し、5勝3敗の戦績で今大会を迎えていた。

 今大会でのセレナは、1回戦でアランチャ・ラス(オランダ)を7-5 6-3で、2回戦では予選勝者のビクトリヤ・トモバ(ブルガリア)を6-1 6-4で破って勝ち上がっていた。

 セレナは4回戦で、予選勝者のエフゲニヤ・ロディナ(ロシア)と対戦する。ロディナは3回戦で、第10シードのマディソン・キーズ(アメリカ)を7-5 5-7 6-4で下しての勝ち上がり。

LONDON, ENGLAND – JULY 06: Serena Williams of the United States looks to return a shot against Kristina Mladenovic of France during their Ladies’ Singles third round match on day five of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 6, 2018 in London, England. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 09:09 | コメントは受け付けていません。

錦織圭 トミック戦の勝因とは

clip_now_20180706_072714

<テニス:ウィンブルドン>◇5日(日本時間6日)◇ロンドン◇男子シングルス2回戦

 世界28位の錦織圭(28=日清食品)が、4大大会本戦自身最多の24本のサービスエースをたたき込み、芝の難敵に競い勝った。184位と世界ランクを落としているが、11年ベスト8で、最高17位にまでなったトミック(オーストラリア)を2-6、6-3、7-6、7-5の4セットで振り切り3回戦進出だ。この1勝で、大会15勝目。佐藤次郎を抜いて、日本男子単独最多となった。


プロテニスランキング

 直線的な球を、矢のような勢いで打ってきたかと思えば、全くの勢いがない死に球が飛んでくる。トミックのスタイルは、芝の球が弾まない特性を生かしたプレーで、錦織は、分かっていながらも手を焼いた。「どっちに転んでもおかしくない展開だった」。

 危ない場面も何度もあった。第3セットの4-5での第10ゲーム。2本連続のセットポイントを握られたが、3本のサービスエースなどで逃れた。「今日はサーブに救われた部分はあった。ファーストでエースだったり、エラーを引き出せた」。その第3セットをタイブレークで奪えたのが大きかった。

 課題と言われているサーブは、錦織自身もいろんな工夫を凝らしている。今大会から、第2サーブになったとき、ボールボーイから球を受け取るやり方に変えた。前までは、第1サーブの前に、2個球を受け取り、1個はポケットにしまっていた。

 変えた理由は「一球入魂です」。実は「(第2サーブで)ボールを受け取るのがめんどくさくなる。だから、なるべくファースト(第1サーブを)を入れたいと思う」のが、正直な理由だ。それだけ、何とか第1サーブを入れようと考え、この日は64%が入り、自身最多の24本のエースにつなげた。

 次戦は、テニス界の悪童キリオス(オーストラリア)が相手だ。対戦成績は錦織の3戦全勝。しかし、今大会、4番目に速い時速222キロのサーブは、芝では脅威だ。「何せサーブがすごい。攻略できるか分からないが、自分のサービスゲームをなるべく集中してやらないと勝てない」。それには、この日のサーブが必要になる。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 18:54 | コメントは受け付けていません。

PRO STAFF RF97 AUTOGRAPHについて

かなーり久しぶりです!カツです。


テニススクールランキング

ボーナスシーズンがやって参りましたね。
となると、ニューラケットが欲しくなるというのは、人の心理として当然の事。

私も、あれこれ試しては見ているんですが、昔みたいにジャストフィットする代物とは出逢えていなんですね~。最近では285g前後が振り回しやすいかなーなんて思い出して来ているんですが、ここで原点回帰!!

フェデラーモデルを使ってみようかなーって思い出したわけです。

clip_now_20180705_212516

昔とは違い、フェデラーも97inchになったので、素人でも使いやすくなったと思います。

やはり、ここは340gに拘りたいと思っています。
同じフレーム厚21.5mmでも、315gと340gがあるみたいですね。

clip_now_20180705_212524

バランス30.5cmは理想的なトップライトです。

個人的にはヘッドが走りすぎる癖があるので、トップライト位が丁度良いんですよねー。

ただ不安が残るのは340gを振り回せるのか!?というところ。ダブルスでボレー合戦になったときにいなしこなせるんかなー?ってとこですね。

サーブ、スマッシュは明らかに速くなると思います。

もう買う気満々なので、次回は購入後のレポートをお届けしたいと思います。お楽しみに!

カテゴリー: テニス関連グッズ | 投稿者オールサム 06:25 | コメントは受け付けていません。

大坂なおみ順当勝ち3回戦へ

clip_now_20180705_210529
 テニスのウィンブルドン選手権第4日は5日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス2回戦で世界ランキング18位で第18シードの大坂なおみ(20=日清食品)は同122位のケイティ・ボールター(21=英国)と対戦し、6―3、6―4のストレート勝ちで、2年連続の3回戦進出を果たした。


プロテニスランキング

 両者は2度目の対戦で、6月の「バーミンガム・クラシック」1回戦では大坂がストレート勝ちしている。第1セット、大坂は第2ゲームをブレークするなど、3ゲーム連続奪取。第5ゲームをブレークされたものの、第6ゲームをブレークし再び優位に立つとその後は互いにサービスゲームをキープして6-3で取った。第2セットは、2―2からの第5ゲームをブレークし、6―4で試合を決めた。

 3回戦では元世界ランク1位で第11シードのアンゲリク・ケルバー(30=ドイツ)と、昨年のウィンブルドン・ジュニアの覇者で同237位のクレア・リュウ(18=米国)の勝者と対戦する。大坂のグランドスラムの最高成績は、今年の全豪オープンの4回戦、ウィンブルドンは昨年、今大会の3回戦となっている。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 21:08 | コメントは受け付けていません。

ウインブルドン名物!?大量発生の羽アリ

clip_now_20180705_093016

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は4日、女子シングルス2回戦が行われ、第2シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)は世界ランク35位のE・マカロワ(ロシア)に4-6, 6-1, 5-7のフルセットで敗れ、3回戦進出とはならかった。


プロテニスランキング

今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で四大大会初優勝を飾ったウォズニアッキは、前週のネイチャー・バレー国際(イギリス/イーストボーン、芝、プレミア)で今季2勝目をあげていた。

しかし、この日はサウスポーのマカロワに2時間9分で敗れ、2回戦で姿を消した。試合中には羽アリの大群がコートを飛び交うハプニングが起きた。

試合後の会見でウォズニアッキは「殺虫剤などはないかと聞いた。ある時点では、かなりの虫がいた。突然おさまった」と、その時の状況を説明した。

昨年のウィンブルドンでは錦織圭の2回戦の時にも大量の羽アリが飛んだ。当時、錦織は「びっくりしました。悪い時はラリー中に2回くらい顔に当たってきた。試合後にバッグの中を見たら10匹くらい入っていた」とコメントしていた。

 イギリスではよく起こる現象らしい。 羽アリの種類によって異なるが、おおよそ春~夏の繁殖期に「フライング・アント・デー(結婚飛行)」と呼ばれる集団交尾が始まる。

  多数の羽アリがいっせいに巣から飛び立ち、オスアリが女王アリとの交尾を求めて、右に左と飛び回る。例年より気温が高いことが大量発生の原因のひとつとみられている。

昨年も、大会3日目に羽アリが大量発生しており、錦織圭も苦戦を強いられながら勝利していた。

ウォズニアッキはマカロワのマッチポイントを3本しのいだことについて「できることは全てやったと思う。全力は尽くした。自分のベストのレベルを出しきったから、自分自身に腹立たしい気持ちにもならない。彼女(マカロバ)は、いつものレベル以上のプレーをしていた」と振り返った。

「今日はチャンスがあった。これが人生。練習を続けてコートへ戻り、次の試合では自分に幸運なことが起きると願っている」

勝利したマカロワは、3回戦で世界ランク66位のL・サファロバ(チェコ共和国)と対戦する。サファロバは2回戦で第32シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)をストレートで破っての勝ち上がり。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 09:45 | コメントは受け付けていません。

シャラポワ自身初の初戦敗退

clip_now_20180704_075037

【AFP=時事】テニス、ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2018)は3日、女子シングルス1回戦が行われ、大会元女王で第24シードのマリア・シャラポワ(Maria Sharapova、ロシア)は、世界ランク132位のビタリア・ディアトチェンコ(Vitalia Diatchenko、ロシア)に7-6(7-3)、6-7(3-7)、4-6で敗れ、まさかの初戦敗退に終わった。


プロテニスランキング

 3年ぶりにウィンブルドン出場を果たしたシャラポワは、第1セットを先取して続く第2セットでも5-2でリードしたものの、そこから逆転を許し、自身初となるオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(AELTC)での1回戦敗退を喫した。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 17:51 | コメントは受け付けていません。

錦織圭 初戦はなんとか勝利

clip_now_20180703_232954
テニス・ウィンブルドン選手権第2日(3日、英国・ウィンブルドン)男子単1回戦で、初の8強入りを目指す第24シード、世界ランキング28位の錦織圭(28)=日清食品=が、予選を勝ち上がった同198位のクリスチャン・ハリソン(24)=米国=と初対戦。錦織が6-2、4-6、7-6、6-2で下し、7年連続で初戦を突破した。


プロテニスランキング

 第1セットは互いにキープする展開が続いたが、第6ゲームに錦織がブレーク。続くゲームはジュースにもつれ込む展開も、錦織がサービスエースを決め、ブレークバックを逃れた。第8ゲームを錦織が連続ブレークし、第1セットを先取した。

 第2セットは、第5ゲームでハリソンにこの試合初めてブレークを許すと、2-4の第7ゲームにもブレークされる。続くゲームでは錦織がブレークバック。第10ゲームはジュースまで粘ったが、ハリソンにキープされ、第2セットを落とした。

 第3セットは第4ゲームで錦織がブレークに成功したが、第5ゲームはブレークバックを許す。その後は互いにキープを続ける展開となったが、第11ゲーム後にハリソンがメディカルタイムアウトを要求。第10ゲーム中に左脚の太ももを痛めたとみられ、再開後の第12ゲームをハリソンがキープしタイブレークに突入。7-3で錦織が制し、第3セットを奪取した。

 第4セットは第1ゲームから錦織がブレークすると、そのまま第4ゲームまで連取。第8ゲーム、40-15からセンターへのサービスで錦織がポイント。ハリソンを下し、2回戦進出を決めた。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 07:31 | コメントは受け付けていません。

大金星ヴェキッチ 女子1回戦

clip_now_20180703_113625
テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は初日の2日、女子シングルス1回戦が行われ、世界ランク55位のD・ヴェキッチ(クロアチア)が第4シードのS・スティーブンス(アメリカ)を6-1, 6-3のストレートで破る番狂わせを起こし、初戦突破を果たした。


プロテニスランキング

この日、ヴェキッチは今年の全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)で準優勝を飾ったスティーブンスを1時間11分で振り切った。2回戦では、R・ピーターソン(スウェーデン)と対戦する。

同日の1回戦では、第5シードのE・スイトリナ(ウクライナ)、第16シードのC・バンデウェイ(アメリカ)、第19シードのM・リバリコワ(スロバキア)、第21シードのA・セバストバ(ラトビア)、第31シードのザン・シュアイ(中国)も初戦で姿を消した。

第2シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)、第25シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)らは2回戦へ駒を進めた。

3日の1回戦には日本勢で第18シードの大坂なおみがM・ニクルスク(ルーマニア)、奈良くるみは第1シードのS・ハレプ(ルーマニア)と顔を合わせる。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 17:37 | コメントは受け付けていません。

フェデラー ウインブルドンでユニクロウェア

clip_now_20180703_000555

「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月2~15日/グラスコート)の男子シングルス1回戦で、ディフェンディング・チャンピオンで第1シードのロジャー・フェデラー(スイス)がドゥサン・ラヨビッチ(セルビア)を6-1 6-3 6-4で下し、センターコートのオープニングマッチを勝利で飾った。試合時間は1時間19分。


プロテニスランキング

 ウインブルドンに20年連続出場となるフェデラーは、最多記録となる8度の優勝(2003年~07年、09年、12年、17年)を誇っている。昨年は決勝でマリン・チリッチ(クロアチア)を6-3 6-1 6-4で破り、5年ぶりの優勝を果たしていた。

 この結果でフェデラーは、ラヨビッチとの対戦成績を2勝0敗とした。両者は昨年の大会の2回戦で初対戦しており、フェデラーが7-6(0) 6-3 6-2で勝っていた。

 フェデラーは2回戦で、ルーカス・ラッコ(スロバキア)と予選を勝ち上がったバンジャマン・ボンジ(フランス)の勝者と対戦する。

ウインブルドン

clip_now_20180625_072324

男子テニスのゲリー・ウェバー・オープン(ドイツ/ハレ、芝、ATP500)は24日、シングルス決勝が行われ、21歳のB・チョリッチ(クロアチア)が第1シードのR・フェデラー(スイス)を7-6 (8-6), 3-6, 6-2のフルセットで破り、大会初優勝を果たした。

決勝戦、チョリッチは過去2連敗していたフェデラーを相手にファイナルセットでは1度もブレークチャンスを与えず、2時間6分で勝利。昨年のハッサン2世グランプリ(モロッコ/マラケシュ、レッドクレー、 ATP250)に続きキャリア2勝目をあげた。

今大会好調のチョリッチは、初戦で第2シードのA・ズベレフ(ドイツ)にストレート勝ちしていた。

一方、フェデラーは惜しくも2連覇と10度目の優勝とはならなかった。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 07:06 | コメントは受け付けていません。

テニスワールドカップ2020復活へ

clip_now_20180702_123247

男子テニスのプロツアーを統括する男子プロテニス協会(ATP)は1日、2012年まで開催されていた国別団体戦のワールドチームカップ(ATP World Team Cup)が復活し、2020年1月に復活後の第1回大会を開催すると発表した。

 ワールドチームカップは1978年から2012年まで独デュッセルドルフ(Dusseldorf)で開催されていたが、廃止となっていた。新しい大会には24チームが参加し、2020年大会の賞金は1500万ドル(約17億円)、ツアーのランキングポイントも与えられる。

 ATPのクリス・カーモード(Chris Kermode)会長は「この結果に至ったことをうれしく思う。大会がATPツアーの在り方に変化をもたらすはずだ。これによって、シーズンを団体戦の一大イベントで始めることができ、現行のスケジュールへの影響も最小限にとどめられる」とコメントした。【翻訳編集】 AFPBB News

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 12:49 | コメントは受け付けていません。