錦織圭がジョコビッチに勝てない理由

clip_now_20180711_121012

ハブにマングース、アブラムシにテントウムシ。松井秀喜に遠山奬志で、サッカー日本代表にはティム・ケーヒルか。天敵といえばさまざまなものが思い浮かぶが、錦織圭に対するジョコビッチ(セルビア)もその1つだろう。


プロテニスランキング

 直近の対戦となった今年5月のマドリード・オープンで錦織は言っていた。「ジョコとやる時はパターンが決まっているというか、弱いところを結構突かれる気がする。そういうことができる選手だし、自分のことを分かっている選手の1人でもある」

 最後にジョコビッチに勝ったのは14年全米オープンで、もう4年近く負けっぱなし。12連敗とあってはぐうの音も出ない。ジョコビッチに突かれる弱点は一体何なのだろう。

 「走らされてフォアの高いところを突かれると弱いよね」と語るのは元デビス杯監督の竹内映二氏だ。

 「圭はバックのクロスラリーでポイントを組み立てるから、(それをさせてくれない)バックの強い選手が苦手」。バックハンドの得意な選手ならガスケ(フランス)やバブリンカ(スイス)の顔が思い浮かぶ。少し毛色は違うが、バックのクロスラリーを無力化してしまうという点ではペール(フランス)もそうかもしれない。彼らは錦織にとって間違いなくやりにくい相手である。

 その中でもジョコビッチのバックハンドは特級品。クロスラリーを漫然と続ければ、先にストレートに打たれてフォア側に走らされる。かといってこちらからバックのストレートを仕掛けても、中途半端な攻撃にはフォアのクロスのカウンターが待っている。結局フォア側に振られる。「ジョコも圭と同じタイプ。そこでの主導権の握り合いですよ」と竹内氏は似たもの同士ゆえのつばぜり合いと見ている。

 ではどうしてフォア側に走らされるとまずいのか。ロンドン五輪代表監督を務めた村上武資氏が指摘している。「ジョコビッチはサーブをフォア側に打ってくることが多い。圭はグリップが厚いので、打点が体から離れるほどリターンが返しにくくなるんです」。錦織のように厚いグリップは、横に手を伸ばした時にラケット面が下を向く。つまりフォアの遠い打点では力が伝わりづらく、ボールを飛ばすのが難しいのである。

 デ杯の現代表監督である岩渕聡氏の見立てもバックハンドとフォアの急所についてはほぼ同様。「ただしバックの打ち合いで圭に勝てるのはジョコビッチぐらいしかいない」という点でも見解は一致していた。そこは長く世界1位に君臨したジョコビッチのクオリティーである。

 両者16度目の対戦は初めての芝コートとなる。「芝ではまた違ったゲームになると思う」と語った錦織は、天敵退治の打開策をどこに見いだすだろうか。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 12:14 | コメントは受け付けていません。

勝った錦織圭!ベスト8

clip_now_20180710_071327

 テニス・ウィンブルドン選手権第7日(9日、英国・ウィンブルドン)男子単4回戦で、世界ランキング28位で第24シードの錦織圭(28)=日清食品=は同138位のエルネスツ・ガルビス(29)=ラトビア=に4-6、7-6、7-6、6-1で逆転勝ち。日本男子では1995年大会の松岡修造以来、23年ぶりに準々決勝に進んだ。錦織は四大大会全てで8強入りを果たした。男子複3回戦でマクラクラン勉(26)、ヤンレナルト・シュトルフ(28)=ドイツ=組はドイツのペアにストレート勝ちし、この種目の日本勢で81年ぶりのベスト8進出。


プロテニスランキング

 両手を突き上げ、錦織が勝利の余韻に浸った。右肘付近の痛みをこらえ、ウィンブルドン10度目の挑戦で初の8強入りだ。

 「大変な試合だった。ベスト8に入れたのは一つ壁を破れたと思う」

 元世界ランキング10位のガルビスの強力なサーブとフォアハンドに返球が甘くなり、ラリーで左右に振り回された。第1セットを落とす苦しい展開。第2セット途中では右肘付近の治療を受け、薬を飲む場面もあった。

 それでもミスが目立ったフォアハンドを徐々に修正。第2、第3セットはもつれたが「(ともに)タイブレークを取れたのが大きかった」と息を吹き返し、3時間28分の激闘を制した。

 四大大会で唯一4回戦進出が最高と苦手にしてきた芝コートで、日本男子では1995年大会の松岡修造以来の8強入り。右肘について「大丈夫だと思う」と話した錦織が、快進撃を続ける。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 07:16 | コメントは受け付けていません。

ジョコ対エドマンド戦のミスジャッジについて

clip_now_20180709_151831

イギリス・ロンドンで開催されている「ウインブルドン」(7月2~15日/グラスコート)の大会6日目。


プロテニスランキング

 地元の人気者、カイル・エドマンド(イギリス)を倒した男子シングルス3回戦で、ノバク・ジョコビッチ(セルビア)はワンブレークを喪失することになった主審のミスジャッジを受け流し、忘れた。

 しかし、ウインブルドンの観客からどのような扱いを受けたか関しては、彼はそう寛大ではなかった。

「少し過剰すぎる、と感じる暗黙のボーダーラインというものがある」

 母国の選手を応援するセンターコートの熱狂的ファンにときどきブーイングされたことについて、ジョコビッチはこう言った。

「僕は、何人かの人々に今日やられたような扱いを受けるに値しない」

 しかし、観客も主審の大きなミスも、ジョコビッチを狼狽させはしなかった。ウインブルドンを3度制した男は、エドマンドとの試合に4-6 6-3 6-2 6-4で勝ち、オールイングランド・クラブで11度目となる4回戦に進出した。

 第4セット3-3で迎えたエドマンドのサービスゲームが15-40となった場面で、ジョコビッチはブレークを盗み取られることになった。エドマンドが何とかネット越しにボールを返す前にボールが2バウンドした際に、審判がノットアップを見逃したのだ。

clip_now_20180709_151808

clip_now_20180709_151831

ジョコビッチは主審に文句を言い、その上、テレビのリプレーがエドマンドの返球が実はサイドアウトしていたことを見せていたにも関わらず、判定は覆らなかった。

clip_now_20180709_151851

 エドマンドは結局そのゲームをキープしたが、ジョコビッチは次のチャンスでブレークした。

この時のシーンがこちらだ。

「間違いなく2度バウンドしたと、100%確信している」とジョコビッチは言った。

「誰もがミスを犯し得る。それは問題ないよ。でも、なぜ主審が、僕がチャレンジすることを許さなかったのか、理解できない。僕は彼に頼んだんだ…だから、主審の決断はかなり奇妙だったけど、まあそういうことも起こる」

 とはいえ、それはこの試合唯一の論点ではなかった。ジョコビッチは、第3セットのタイムバイオレーションに続いてブーイングされたあと、観客たちとの論争を始めた。彼は、スタンドに向け投げキッスをすることでそれに応えた。

「それ(タイムバイオレーション)のあとの観客の反応は、かなり不必要だった。タイムバイオレーションを受けた試合の終わりのほうで、僕がボールをバウンドさせているときに、2、3人の観客がずっと咳をしたり、口笛を鳴らしたりしていたんだ」とジョコビッチは言った。

「それらは言うまでもなく、人々がテレビでは見たり聞いたりできないことだ。僕はただ、そういうことは不必要だと思う。僕は、そういうことは嫌いなんだ。僕の観客とのやりとりには、よいものも、そう素晴らしくないものもあったと思う。僕はただ、フェアであると思ったやり方で応じた。彼らが僕に対して反応したやり方で」

 シングルスで生き残っていた最後のイギリス人だったエドマンドは、観客から何か失礼な行為があったようには思えなかったと言ったが、それがデビスカップのような雰囲気だったと認めていた。

「素晴らしい雰囲気だったよ」とエドマンドは言った。

「センターコートでプレーするとき、観客が後押ししてくれるというのは、素晴らしいことだ」

 また、第4セットの問題の判定について、エドマンドは、ボールが実際に2度バウンドしたか否かは定かではないと主張した。

「実際その場にいると、なんとも言い難いよ。それにバタバタ走っていた訳だから、僕には分かりづらい」と彼は言った。

「主審が椅子から降りて、コート脇のテレビのモニターを見に行くことが必要だね」

 ジョコビッチがウインブルドンでイギリス人プレーヤーと対戦するのは、これで3度目だった。ジョコビッチは2013年決勝でアンディ・マレー(イギリス)に敗れ、2016年にはジェームズ・ワード(イギリス)を倒した。しかし、観客からこのように反応されたのは、これが初めてだった。

「アンディに対してプレーしたとき、観客はとてもフェアだった。もちろん、彼らは自分たちの選手を応援するものだけどね」とジョコビッチは言った。

「でも今日は、何人かの人々、特に僕がタイムバイオレーションを受けた側のコートの後ろにいた人々が、ずっと挑発し続けていたんだ。そういうことは、少しの間なら我慢できる。でも僕は(そういうとき)、僕も同じようにそこにいること、彼らがやりたいことを何でもしてもいい訳ではない、ということを見せるつもりだよ」

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 15:26 | コメントは受け付けていません。

キリオスにストレート勝ちした錦織圭の一問一答

clip_now_20180708_071413
テニス ウィンブルドン選手権第6日(7日、英ロンドン)▽男子シングルス3回戦錦織圭3(6―1、7―6、6―4)0ニック・キリオス

 第24シードの錦織圭(28)=日清食品=が第15シードのニック・キリオス(23)=オーストラリア=にストレート勝ちし、2年ぶり3度目の4回戦進出を果たした。バナナをほおばりながら会見場に現れ、質疑応答の途中で「トイレに行きたい」と言い出すマイペースぶりを発揮した。


プロテニスランキング

 以下、主な一問一答

 ―今日のプレーはどうだったか

 「最初からいいプレーができた。サーブとリターンがとても良かった。攻撃的にいけた。全部がうまくいって、今日のように勝ててうれしい」

 ―開始が午後7時半頃で、日没が迫っていた

 「試合が終わらないと思って入っていた。試合前にキリオスとも、終わるはずないよね、という話をしていた。第2セットくらいまで(順延になると日曜は試合開催がないため)月曜にいくんだろうなと思ってやっていた。先にリードしたい気持ちがあって、集中力が高まった」

 ―気合が入ったガッツポーズをしていた

 「本調子ではなかったけれど、本気でやれば優勝候補になれる選手に勝ったのはうれしい。あのサーブを攻略できたところだったり、プレーも芝人生の中でトップのプレーができた」

 ―第2セット、タイブレイクのセットポイントで決めたショットが今大会のベストショットになるのではと話題になっている

 「あんなん、大したことない。全然。日常茶飯事。キリオスとかペア(フランス)に比べたら、全然ダメです」

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 07:18 | コメントは受け付けていません。

セレナ16強入り 今後は

clip_now_20180707_090537

「ウインブルドン」(イギリス・ロンドン/本戦7月2~15日/グラスコート)の女子シングルス3回戦で、第25シードのセレナ・ウイリアムズ(アメリカ)がクリスティーナ・ムラデノビッチ(フランス)に7-5 7-6(2)で競り勝ち、ベスト16進出を決めた。試合時間は1時間49分。


プロテニスランキング

 ウインブルドンに2年ぶり18回目の出場となるセレナは、過去7度(2002年~03年、09年~10年、12年、15年~16年)の優勝経験がある。前回プレーした2016年は決勝でアンジェリック・ケルバー(ドイツ)を7-5 6-3で破り、大会連覇を果たしていた。

 この結果でセレナは、ムラデノビッチとの対戦成績を2勝0敗とした。両者は2016年6月にフレンチ・オープン(フランス・パリ/クレーコート)の3回戦で初対戦しており、セレナが6-4 7-6(10)で勝っていた。

 昨年のオーストラリアン・オープン(オーストラリア・メルボルン/ハードコート)で23度目のグランドスラム制覇を果たしたあと、セレナは出産のために約14ヵ月間ツアーを離脱。今季ここまで3大会に出場し、5勝3敗の戦績で今大会を迎えていた。

 今大会でのセレナは、1回戦でアランチャ・ラス(オランダ)を7-5 6-3で、2回戦では予選勝者のビクトリヤ・トモバ(ブルガリア)を6-1 6-4で破って勝ち上がっていた。

 セレナは4回戦で、予選勝者のエフゲニヤ・ロディナ(ロシア)と対戦する。ロディナは3回戦で、第10シードのマディソン・キーズ(アメリカ)を7-5 5-7 6-4で下しての勝ち上がり。

LONDON, ENGLAND – JULY 06: Serena Williams of the United States looks to return a shot against Kristina Mladenovic of France during their Ladies’ Singles third round match on day five of the Wimbledon Lawn Tennis Championships at All England Lawn Tennis and Croquet Club on July 6, 2018 in London, England. (Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 09:09 | コメントは受け付けていません。

錦織圭 トミック戦の勝因とは

clip_now_20180706_072714

<テニス:ウィンブルドン>◇5日(日本時間6日)◇ロンドン◇男子シングルス2回戦

 世界28位の錦織圭(28=日清食品)が、4大大会本戦自身最多の24本のサービスエースをたたき込み、芝の難敵に競い勝った。184位と世界ランクを落としているが、11年ベスト8で、最高17位にまでなったトミック(オーストラリア)を2-6、6-3、7-6、7-5の4セットで振り切り3回戦進出だ。この1勝で、大会15勝目。佐藤次郎を抜いて、日本男子単独最多となった。


プロテニスランキング

 直線的な球を、矢のような勢いで打ってきたかと思えば、全くの勢いがない死に球が飛んでくる。トミックのスタイルは、芝の球が弾まない特性を生かしたプレーで、錦織は、分かっていながらも手を焼いた。「どっちに転んでもおかしくない展開だった」。

 危ない場面も何度もあった。第3セットの4-5での第10ゲーム。2本連続のセットポイントを握られたが、3本のサービスエースなどで逃れた。「今日はサーブに救われた部分はあった。ファーストでエースだったり、エラーを引き出せた」。その第3セットをタイブレークで奪えたのが大きかった。

 課題と言われているサーブは、錦織自身もいろんな工夫を凝らしている。今大会から、第2サーブになったとき、ボールボーイから球を受け取るやり方に変えた。前までは、第1サーブの前に、2個球を受け取り、1個はポケットにしまっていた。

 変えた理由は「一球入魂です」。実は「(第2サーブで)ボールを受け取るのがめんどくさくなる。だから、なるべくファースト(第1サーブを)を入れたいと思う」のが、正直な理由だ。それだけ、何とか第1サーブを入れようと考え、この日は64%が入り、自身最多の24本のエースにつなげた。

 次戦は、テニス界の悪童キリオス(オーストラリア)が相手だ。対戦成績は錦織の3戦全勝。しかし、今大会、4番目に速い時速222キロのサーブは、芝では脅威だ。「何せサーブがすごい。攻略できるか分からないが、自分のサービスゲームをなるべく集中してやらないと勝てない」。それには、この日のサーブが必要になる。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 18:54 | コメントは受け付けていません。

PRO STAFF RF97 AUTOGRAPHについて

かなーり久しぶりです!カツです。


テニススクールランキング

ボーナスシーズンがやって参りましたね。
となると、ニューラケットが欲しくなるというのは、人の心理として当然の事。

私も、あれこれ試しては見ているんですが、昔みたいにジャストフィットする代物とは出逢えていなんですね~。最近では285g前後が振り回しやすいかなーなんて思い出して来ているんですが、ここで原点回帰!!

フェデラーモデルを使ってみようかなーって思い出したわけです。

clip_now_20180705_212516

昔とは違い、フェデラーも97inchになったので、素人でも使いやすくなったと思います。

やはり、ここは340gに拘りたいと思っています。
同じフレーム厚21.5mmでも、315gと340gがあるみたいですね。

clip_now_20180705_212524

バランス30.5cmは理想的なトップライトです。

個人的にはヘッドが走りすぎる癖があるので、トップライト位が丁度良いんですよねー。

ただ不安が残るのは340gを振り回せるのか!?というところ。ダブルスでボレー合戦になったときにいなしこなせるんかなー?ってとこですね。

サーブ、スマッシュは明らかに速くなると思います。

もう買う気満々なので、次回は購入後のレポートをお届けしたいと思います。お楽しみに!

カテゴリー: テニス関連グッズ | 投稿者オールサム 06:25 | コメントは受け付けていません。

大坂なおみ順当勝ち3回戦へ

clip_now_20180705_210529
 テニスのウィンブルドン選手権第4日は5日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、女子シングルス2回戦で世界ランキング18位で第18シードの大坂なおみ(20=日清食品)は同122位のケイティ・ボールター(21=英国)と対戦し、6―3、6―4のストレート勝ちで、2年連続の3回戦進出を果たした。


プロテニスランキング

 両者は2度目の対戦で、6月の「バーミンガム・クラシック」1回戦では大坂がストレート勝ちしている。第1セット、大坂は第2ゲームをブレークするなど、3ゲーム連続奪取。第5ゲームをブレークされたものの、第6ゲームをブレークし再び優位に立つとその後は互いにサービスゲームをキープして6-3で取った。第2セットは、2―2からの第5ゲームをブレークし、6―4で試合を決めた。

 3回戦では元世界ランク1位で第11シードのアンゲリク・ケルバー(30=ドイツ)と、昨年のウィンブルドン・ジュニアの覇者で同237位のクレア・リュウ(18=米国)の勝者と対戦する。大坂のグランドスラムの最高成績は、今年の全豪オープンの4回戦、ウィンブルドンは昨年、今大会の3回戦となっている。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 21:08 | コメントは受け付けていません。

ウインブルドン名物!?大量発生の羽アリ

clip_now_20180705_093016

テニスのウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)は4日、女子シングルス2回戦が行われ、第2シードのC・ウォズニアッキ(デンマーク)は世界ランク35位のE・マカロワ(ロシア)に4-6, 6-1, 5-7のフルセットで敗れ、3回戦進出とはならかった。


プロテニスランキング

今年1月の全豪オープン(オーストラリア/メルボルン、ハード、グランドスラム)で四大大会初優勝を飾ったウォズニアッキは、前週のネイチャー・バレー国際(イギリス/イーストボーン、芝、プレミア)で今季2勝目をあげていた。

しかし、この日はサウスポーのマカロワに2時間9分で敗れ、2回戦で姿を消した。試合中には羽アリの大群がコートを飛び交うハプニングが起きた。

試合後の会見でウォズニアッキは「殺虫剤などはないかと聞いた。ある時点では、かなりの虫がいた。突然おさまった」と、その時の状況を説明した。

昨年のウィンブルドンでは錦織圭の2回戦の時にも大量の羽アリが飛んだ。当時、錦織は「びっくりしました。悪い時はラリー中に2回くらい顔に当たってきた。試合後にバッグの中を見たら10匹くらい入っていた」とコメントしていた。

 イギリスではよく起こる現象らしい。 羽アリの種類によって異なるが、おおよそ春~夏の繁殖期に「フライング・アント・デー(結婚飛行)」と呼ばれる集団交尾が始まる。

  多数の羽アリがいっせいに巣から飛び立ち、オスアリが女王アリとの交尾を求めて、右に左と飛び回る。例年より気温が高いことが大量発生の原因のひとつとみられている。

昨年も、大会3日目に羽アリが大量発生しており、錦織圭も苦戦を強いられながら勝利していた。

ウォズニアッキはマカロワのマッチポイントを3本しのいだことについて「できることは全てやったと思う。全力は尽くした。自分のベストのレベルを出しきったから、自分自身に腹立たしい気持ちにもならない。彼女(マカロバ)は、いつものレベル以上のプレーをしていた」と振り返った。

「今日はチャンスがあった。これが人生。練習を続けてコートへ戻り、次の試合では自分に幸運なことが起きると願っている」

勝利したマカロワは、3回戦で世界ランク66位のL・サファロバ(チェコ共和国)と対戦する。サファロバは2回戦で第32シードのA・ラドワンスカ(ポーランド)をストレートで破っての勝ち上がり。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 09:45 | コメントは受け付けていません。

シャラポワ自身初の初戦敗退

clip_now_20180704_075037

【AFP=時事】テニス、ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon 2018)は3日、女子シングルス1回戦が行われ、大会元女王で第24シードのマリア・シャラポワ(Maria Sharapova、ロシア)は、世界ランク132位のビタリア・ディアトチェンコ(Vitalia Diatchenko、ロシア)に7-6(7-3)、6-7(3-7)、4-6で敗れ、まさかの初戦敗退に終わった。


プロテニスランキング

 3年ぶりにウィンブルドン出場を果たしたシャラポワは、第1セットを先取して続く第2セットでも5-2でリードしたものの、そこから逆転を許し、自身初となるオールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ(AELTC)での1回戦敗退を喫した。

カテゴリー: 15-0 NEWS, 話題のニュース | 投稿者オールサム 17:51 | コメントは受け付けていません。