錦織のストリング

20161116_gato_546

ATPツアーファイナルのオフィシャルストリンガーが取材を受けている記事をみました。

錦織の発注書?なるものが掲載されてました。

20161116_gato_301

ふむふむ。
メイン(縦)がナチュラルでクロス(横)がポリのハイブリッドだなー。

43,44,45と1ポンドずつで、それぞれクロスは2ポンド落としかー。

昔の感覚からするとかなーり緩く張ってますね。
最近のプロ選手はスピードを上げるためにテンションは低めなんだそうです。

ポリは寿命が1週間というのは有名な話しですが、それ以上使うと衝撃が体に負担をかけ、怪我の原因になるみたいです。
毎週張り替えるのはさすがに厳しい。
ということは、やはりナチュラルとポリのハイブリッドで、毎月張り替え?
いやいや、それも無理でしょう。

そうなると、やっぱアマチュアは、ナチュラルで半年に1回張り替えってとこでしょうかねー。

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 16:46 | 2件のコメント

全日本ベテラン

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 12:29 | 3件のコメント

惜しかった!錦織

Screenshot_2016-11-17-08-02-05~2
錦織惜しかった~( ノД`)…

結果は
7-6⑨,4-6,4-6

勝つかと思いましたよ。
ファーストセット、よく集中力を切らさずに粘りました。セカンドセット以降、サービスゲームをブレークされるのは想定内でしたので、いかにマレーのサービスゲームを崩すかが鍵でした。

20161117_nishikori_546

錦織自身も「勝つチャンスはあった」と言う位、本当にチャンスがありましたね。
セカンドセット第10ゲームがそれでした。
裏を返せば、そこでギアを上げれるマレーが上手だったということでもあるのですが、それは本当に一か八かにも近い位の賭けだったのではないかと思わざるを得ない程でした。

まだ、チャンスはあります。

それは、ATPファイナル決勝です。
準決勝でジョコビッチに勝利してマレーと対戦。
これからが本当に厳しい試合になりそうですね。

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 11:45 | 3件のコメント

ユニクロ オレンジウェア

DSC_0608

ユニクロのテニスウェアを購入しました~!!
なんたって安い!
楽天ショッピングで1,780円でしたよ。

先日購入したアシックスのシューズ、ウィルソンのBURNとコーディネートすれば、オレンジが際立つ!

それがオシャレがどうかは置いといて。

DSC_0609

ウェアって高いよね~( ノД`)…
ぶっちゃけ、ランニング用のドライTシャツで充分だし。別にテニスウェアじゃなくてもテニスできるし。
公式戦となるとダメですけど、普通に練習するならテニスウェアじゃなくても……

DSC_0611

でも、本当はテニスウェア着たい。
ナイキとかアンダーアーマーとか
フェデラーモデルとかマレーモデルとか。

でも、そんなお金ないし……

はい!ユニクロ(笑)
もちろん!ドライで着心地も良い。

なんてったって安い!
満足っす。

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 07:49 | 3件のコメント

いよいよ錦織対マレー

puffer (3)

ATPファイナル、錦織がワウリンカに勝って期待が膨らみますね。
マレーにも勝つんじゃないかって。
もちろん!そんなに簡単にはいかないでしょうが、何が起きるかわからない。
ひょっとするとコロッと錦織が負けるかもしれんし、簡単に勝つかもしれん。
ただ、今までの対戦を見てきた感じでは、錦織のウイナーをマレーやジョコビッチは返す。
特にマレーはよく拾う!!
決まった!と思ったボールを幾度となく返球してきました。だから、そんなに簡単にはいかないと思ってしまうわけです。
いよいよ始まります。
錦織のバックハンドとアプローチが鍵を握るのではないかと思っています。バックハンドの長いラリーから得意のダウンザライン。恐らくそれを拾うマレー。その次をすかさずアプローチで押し、ボレーで取るという展開で2ブレークはして欲しいです。
錦織のサービスゲームをブレークしに来るでしょうから、いかに早い展開でブレークするかが、錦織勝利を握っています。
がんばれ\(*⌒0⌒)b♪錦織!!
puffer (2)

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 23:43 | 3件のコメント

パラスポーツって知ってる?

Screenshot_2016-11-16-00-05-47~2

 「TOKYO パラスポーツプロジェクト」というのがあるのをご存じですか?
「障がい者スポーツ」のファンサイト「TEAM BEYOND」では、一般人も参加でき、メンバー登録をすれば、大会観戦の案内をはじめとする様々な情報を受け取れます。「TEAM BEYOND」ではユニフォームを作り、それぞれがチームの一員として背番号と表示名を背中に背負い一体感を演出しています。

「パラスポーツ」という言葉も、このサイトで積極的に使用されています。

車いすテニスの上地結衣選手のほか、歌手のAIやモデルの蛯原友里、タレントの武井壮に元AKB48でタレントの篠田麻里子といった、アスリート・俳優・歌手・タレントなど各界の著名人が参加しています。

同じスポーツとして、とても面白いものがあります。
それは、障がい者がスポーツをしているからどうだということではなく、純粋にスポーツを観戦することが出きるということです。

幅広くスポーツを楽しめるような、そんな社会になっていくといいなーって感じましたよ。

カテゴリー: 話題のニュース | 投稿者オールサム 21:40 | 2件のコメント

テニス人気 野球抜いた!?

FB_IMG_1479221070888~2

 

スポーツに関する意識調査というのがあるらしいですね。

4歳から中学生までの子どもがいる人に、2020年夏に東京で開催される世界的スポーツ祭典の競技のなかで子どもに取り組ませたいものを聞いたところ、

1位が「競泳」(20.6%)
2位が「サッカー」(17.7%)
そして、なんと!
3位は「テニス」(12.6%)で、「野球」(10.9%)を初めて上回ったんだそうです。

ついに、テニス人気が.゚+.(・∀・)゚+.゚きたー!って感じですかね。

しかし、まぁ観戦したいスポーツでは、全く姿を見せていないので、まだまだかな。

子ども達にはテニスの楽しさをもっともっと知って欲しいですね

カテゴリー: 話題のニュース | 投稿者オールサム 16:30 | 3件のコメント

初出場ティエム初勝利 ジョコ準決勝へ

20161116_thiem_546

ATPツアーファイナル、初出場のティエムがモンフィス相手に
6-3,1-6,6-4
で、初勝利をおさめました!!すごい。

第2セットを見ていると、やっぱモンフィスには勝てないかな?と思わせたのですが、よく立て直しました。最後までわからない試合でした。素晴らしい勝利ですね。

Screenshot_2016-11-16-07-53-06~2
ジョコビッチはラオニッチに
7-6,7-6
で勝利し2連勝。準決勝進出を決めました。
5連覇がかかっている今大会、
初戦ティエム戦では、イライラを隠せず観客席にボールを打ち込んで、アンパイヤから注意をされるなど神経質になっているように感じられます。
このメンタルの状態が、どのように影響するのか注意して観察したいと思います。

20161116_djokovic_546

希望的観測としては(笑)
錦織とマレーで決勝を戦って、錦織初優勝!!となって欲しいものです。

いよいよ錦織対マレーですね!!

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 08:10 | 3件のコメント

レベルスイング “認識”する

jj

▲意識と認識

https://www.youtube.com/watch?v=EghR-cMjlXo

今週のコソレッスンのテーマはやっぱり!

フォアハンド!!

先週から体の捻りを効率的に使うよう矯正しています。

今週は、更に腕の力に頼らないよう右脇と左手の固定をしてクロス、逆クロスを球出ししました。また、前に動きながらのフォアハンドで、ボールを落とす癖が判明。落とさずにレベルスイングで打てるように意識していきました。
この動画からすると「認識」しなければならないようです。よくわかりませんが(笑)

もちろん一朝一夕では改善できませんが、少しずつ良いイメージにして体で覚えていけるよう反復練習ですね。

今日のおすすめ動画は、

綿貫陽介・田島尚輝 練習!【世界スーパージュニアテニス2016】

 

です。どうぞ参考にされてください。

綿貫陽介・田島尚輝 練習!【世界スーパージュニアテニス2016】

 https://www.youtube.com/watch?v=SOq5M1sbOis

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 14:55 | 3件のコメント

錦織 ワウリンカにストレート勝ちATPファイナル

Screenshot_2016-11-15-08-08-56~2

錦織、ワウリンカに6-2,6-3のストレート勝ちでしたね~✨
両セットとも2ブレーク。特に、最初と最後のブレークはギアが入って一気に取った感じでしたね。
あの集中力と強気の姿勢が強さの秘訣かも。
今回のATPファイナル、フィジカルが持てば優勝もあり得るのでは?と思わせてくれる試合でしたね。

Screenshot_2016-11-15-08-10-04~2

今でこそ、強いメンタルを持つと言われる錦織圭。
当時ジョコビッチを破った錦織がフェデラーとの対戦前に記者会見での様子を見て、「彼はフェデラーには勝てない」と言ったのは、現在のコーチ、マイケル・チャンでした。

錦織は、記者会見で「フェデラーは、子どもの頃から憧れの選手で、対戦できるのが夢のようだ」と発言したのです。

マイケルは、この発言こそが錦織が持つ弱さだと指摘し、自分がコーチをすれば錦織はまだまだ強くなれると考えたんです。

コートの上に立ったら、それが誰であろうとも敵。その強い気持ちがなければトップには立てない、というメッセージだったのです。

rblog-20161025084950-00.jpg

その後、マイケルと錦織はテレビ番組やチャリティーマッチで出逢い、チームとなるのです。

そんなマイケルも、かつてはプレイヤーでした。
1989年の全仏オープンで17歳3ヶ月で優勝したのは、現在でもグランドスラム最年少優勝記録として残っています。
rblog-20161025084950-01.jpg
当時、No.1で第1シードのイワン・レンドルを4回戦で、第3シードのステファン・エドバーグを決勝で破っての優勝でした。世界ランク2位まで登ったマイケルは、とてつもなく過酷なフィジカルとメンタルのトレーニングを積んでいたと告白しています。
現に、錦織のトレーニングは、最初の頃は食事も喉を通らないほど過酷なものだったと言われています。
身長190センチ台が普通になり、200キロのサーブは珍しくない現代のテニスにおいて、身体的に不利だと言われるアジア人は、マイケルや錦織のように動き回るフットワークと、何者にも打ち勝つ強靭な精神力が必要だということです。
しかし、錦織も今やトップ5の選手。周りからは研究され、打倒錦織を持って挑戦してきます。
常に新たな作戦を持って挑まなければなりません。

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 08:21 | 2件のコメント