レベルスイング “認識”する

jj

▲意識と認識

https://www.youtube.com/watch?v=EghR-cMjlXo

今週のコソレッスンのテーマはやっぱり!

フォアハンド!!

先週から体の捻りを効率的に使うよう矯正しています。

今週は、更に腕の力に頼らないよう右脇と左手の固定をしてクロス、逆クロスを球出ししました。また、前に動きながらのフォアハンドで、ボールを落とす癖が判明。落とさずにレベルスイングで打てるように意識していきました。
この動画からすると「認識」しなければならないようです。よくわかりませんが(笑)

もちろん一朝一夕では改善できませんが、少しずつ良いイメージにして体で覚えていけるよう反復練習ですね。

今日のおすすめ動画は、

綿貫陽介・田島尚輝 練習!【世界スーパージュニアテニス2016】

 

です。どうぞ参考にされてください。

綿貫陽介・田島尚輝 練習!【世界スーパージュニアテニス2016】

 https://www.youtube.com/watch?v=SOq5M1sbOis

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 14:55 | 1件のコメント

錦織 ワウリンカにストレート勝ちATPファイナル

Screenshot_2016-11-15-08-08-56~2

錦織、ワウリンカに6-2,6-3のストレート勝ちでしたね~✨
両セットとも2ブレーク。特に、最初と最後のブレークはギアが入って一気に取った感じでしたね。
あの集中力と強気の姿勢が強さの秘訣かも。
今回のATPファイナル、フィジカルが持てば優勝もあり得るのでは?と思わせてくれる試合でしたね。

Screenshot_2016-11-15-08-10-04~2

今でこそ、強いメンタルを持つと言われる錦織圭。
当時ジョコビッチを破った錦織がフェデラーとの対戦前に記者会見での様子を見て、「彼はフェデラーには勝てない」と言ったのは、現在のコーチ、マイケル・チャンでした。

錦織は、記者会見で「フェデラーは、子どもの頃から憧れの選手で、対戦できるのが夢のようだ」と発言したのです。

マイケルは、この発言こそが錦織が持つ弱さだと指摘し、自分がコーチをすれば錦織はまだまだ強くなれると考えたんです。

コートの上に立ったら、それが誰であろうとも敵。その強い気持ちがなければトップには立てない、というメッセージだったのです。

rblog-20161025084950-00.jpg

その後、マイケルと錦織はテレビ番組やチャリティーマッチで出逢い、チームとなるのです。

そんなマイケルも、かつてはプレイヤーでした。
1989年の全仏オープンで17歳3ヶ月で優勝したのは、現在でもグランドスラム最年少優勝記録として残っています。
rblog-20161025084950-01.jpg
当時、No.1で第1シードのイワン・レンドルを4回戦で、第3シードのステファン・エドバーグを決勝で破っての優勝でした。世界ランク2位まで登ったマイケルは、とてつもなく過酷なフィジカルとメンタルのトレーニングを積んでいたと告白しています。
現に、錦織のトレーニングは、最初の頃は食事も喉を通らないほど過酷なものだったと言われています。
身長190センチ台が普通になり、200キロのサーブは珍しくない現代のテニスにおいて、身体的に不利だと言われるアジア人は、マイケルや錦織のように動き回るフットワークと、何者にも打ち勝つ強靭な精神力が必要だということです。
しかし、錦織も今やトップ5の選手。周りからは研究され、打倒錦織を持って挑戦してきます。
常に新たな作戦を持って挑まなければなりません。

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 08:21 | 1件のコメント

朝活でペップトークやってきましたよ!

恵の雨雨 第2弾!

ペップトークプチプチセミナー~雷

朝7:00から、市中心にあるカフェで、読書会、テーマ別勉強会、ワークショップ形式、プチセミナー方式などなどを行っている意識たか~い人達の集まりで「ペップトークプチセミナー」の機会を頂きました。

15095042_1780991022160380_8

本当は、4月18日に予定していたのですが、熊本を襲った2度の地震で延期になっていました。

ペップトークとは・・・

アメリカで生まれたコミュニケーションスキル。

試合前のアスリートを励ますために指導者が行った、「短くて・わかりやすく・肯定的な・魂を揺さぶる・言葉掛け」の事です。

14993566_1780991112160371_7

 

Prologue=現在の状況
Experience=事例と経験
Positive=ポジティブな捉え方
Thought=想いと教訓
Action=行動指針(して欲しいこと)
Lead=勇気と先導
Kick off=送り出し(背中のひと押し)

の頭文字を取って、PEPTALK(ペップトーク)。

今日は、この中から
ポジティブな捉え方
をチョイスし、みんながそれぞれ持っている心の中のネガティブを吐き出し、ポジティブな捉え方に変換してみました。

あと1時間あっても話し足りなさそうでしたよ(笑)

カテゴリー: メンタルトレーニング | 投稿者オールサム 21:50 | 1件のコメント

雨の日には室内でスイングスピードアップ

yy

161114_105004_00

今日は、あいにくの雨。恵みの雨?
コソ練はお休みでしたが、お陰で
手の力をほぼ0にしたスイングを
バスタオルで素振り!素振り!
腕の力を使わずにスイングスピードを上げる感覚を練習しました。
雨の日には雨の日の練習がありますね。
だから恵みの雨ってことで。

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 16:02 | 1件のコメント

ブライアン兄弟 使用ラケットが気になる

prince001

 

ATPワールドツアー・ファイナルズ

男子テニスのATPワールドツアー・ファイナルズ(イギリス/ロンドン、室内ハード)は13日、グループ・エドバーグ/ ヤリードの予選ラウンドロビンが行われ、第3シードのB・ブライアン(アメリカ)/ M・ブライアン(アメリカ)組が第6シードのI・ドディグ(クロアチア)/ M・メロ(ブラジル)組を7-6 (7-3), 6-0のストレートで下し、1勝目をあげた。

 

へぇ~ATPファイナルってダブルスもやってたんだ~。

ん?なんだ?このラケットは!?

ブライアン兄弟がおんなじラケットを持っているまでは想定内だが・・・

ちょっと昔っぽいこのラケット。気になる~。

ってことで、調べて見ましたら・・・


bryan-bros-12bryan-bros-17

ブライアン兄弟が開発に携わり、22mmボックスフレーム、18×20ストリングパターンによる点を狙えるコントロール、EXO3と0.25inchロングによる一瞬の爆発力と細部に渡り「神」であり続けるための性能を追求したダブルスの名手のためのリミテッド。

だそうです。謳い文句がしびれる~(笑)

欲しい!!

スペックは!?

■ヘッドサイズ:95平方インチ
■平均ウエイト:340g(フレーム)
■バランスポイント:305mm
■スウィングウエイト:318
■全長:27.25inch
■フレーム厚:22-22-22mm(ストレート)
■素材:カーボン
■テクノロジー:EXO3(ストリングホールグロメット)
■ストリングパターン:縦18本×横20本
■ペストマッチストリングス:ツアーXP16(1.30mm)
■推奨テンション:40-45-50lbs
■グリップ:カーフスキンレザー
■パワーレベル:800

むか~しあったボロンに近いか?グラファイトのMIDに近いのか?

でも、スロートに横棒が付いてないからちと違う。

ブラストのカラーとおんなじか?

いや~やっぱ欲しい!!欲しい!!欲しい!!

気になるお値段は!?

9092_3-2

数量限定で50,000円!!

ラケットキャリーとセットなので、まぁちと高いかな?位の金額でしょうか?

いや~欲しい!!でも買えん(´;ω;`)

 

 

ATPワールドツアー・ファイナルズは、今季の獲得ポイント上位8組のみが出場できる。4組が2グループに分かれて総当り戦を行い、各グループの上位2組が決勝トーナメントに進出。1位通過組はもう一方のグループの2位通過組と準決勝で対戦する。

予選ラウンドロビンの結果一覧は下記の通り。

【グループ・フレミング/ マッケンロー】
(1)PH・エルベール(フランス)N・マウー(フランス) 0勝0敗
(4)F・ロペス(スペイン)M・ロペス(スペイン) 0勝0敗
(5)H・コンティネン(フィンランド)/ J・ピアース(オーストラリア) 0勝0敗
(7)R・クラーセン(南アフリカ)/ R・ラム(アメリカ) 0勝0敗

【グループ・エドバーグ/ ヤリード】
(2)J・マレー(英国)B・ソアレス(ブラジル) 0勝0敗
(3)B・ブライアン/ M・ブライアン 1勝0敗
(6)I・ドディグ/ M・メロ 0勝1敗
(8)TH・フェイ(フィリピン)M・ミルニ(ベラルーシ) 0勝0敗

 

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 10:22 | 1件のコメント

兵庫ノアチャレ 20歳韓国チョン初優勝

20161113_chung_546
第5シードのヒョン・チョン(韓国)が第7シードのJ・ダックワース(オーストラリア)を6-4, 7-6 (7-2)のストレートで下し、大会初優勝を飾った。

この試合、チョンは第1セットの第7ゲームでブレークに成功。鋭い攻撃でダックワースを寄せつけずにこのセットを先取する。

続く第2セットではダックワースに先にブレークを許すも、すぐにブレークバックに成功しタイブレークに突入。ダックワースのミスが続いた隙をつき、チョンが先にミニブレークに成功。最後はダックワースがダブルフォルトし、チョンが1時間26分で勝利した。

両者は2015年のUSオープン1回戦以来2度目の対戦で、チョンはダックワースに2連勝とした。

現在20歳のチョンは今大会、1回戦でホン・ソンチャン(韓国)、2回戦でD・マサー(ドイツ)、準々決勝で第2シードの西岡 良仁(ヨネックス)、準決勝で第4シードの添田 豪(GODAIテニスカレッジ)を下しての勝ち上がり。

2014年からATPチャレンジャーに参戦し、世界ランク51位が自己最高位のチョン。2015年4月に韓国人で2人目となるトップ100入りを果たすと、その年のウィンブルドンでグランドスラム本戦初出場、USオープンでは本戦初勝利を飾った。

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 19:50 | 1件のコメント

藤原・内藤組優勝 安藤証券オープン

Screenshot_2016-11-13-09-58-15~2

内藤祐希 藤原里華と安藤証券OP複で優勝

tennis365.net 11/12(土) 23:41配信

女子テニスツアーの下部大会である安藤証券オープン(日本/ 東京、ハード)は12日、ダブルス決勝戦が行われ、藤原 里華(北日本物産)/ 内藤 祐希(TEAM YONEZAWA)組がJ・ローブ(アメリカ)/ A・メスタッチ(ベルギー)組に6-4, 6-7 (12-14), [10-8]のフルセットで勝利し、優勝を飾った。

藤原/ 内藤組は今大会、1回戦でP・プリピュエシュ(タイ) 田中 優季(メディカルラボ)組、準々決勝でN・アブドゥライモワ(ウズベキスタン)/ K・リキーナ(ロシア)組、準決勝で日比野 菜緒(LuLuLun)/ 大前 綾希子(島津製作所)組を下しての勝ち上がりだった。

内藤は、今大会のシングルスにも出場していたが、2回戦で奈良 くるみ(安藤証券)に敗れた。

奈良は準々決勝まで駒を進めたが、世界ランク126位のT・マリア(ドイツ)に敗れベスト4進出とはならなかった。

tennis365.net

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 16:54 | 1件のコメント

全国レディース 神奈川優勝 熊本4位

puffer (1)

神奈川が埼玉を下して7年ぶり9回目の優勝 [全国レディーステニス]
THE TENNIS DAILY 11/12(土) 17:00配信
コメント
 アマチュア女子テニスの最高峰とされる「ソニー生命カップ 第38回 全国レディーステニス大会」(11月9~12日/東京都昭島市・昭和の森テニスセンター)は最終日を迎え、準決勝・決勝・3位決定戦が行われた。

 決勝は埼玉と神奈川の関東勢同士の対戦となり、神奈川が埼玉を3-0で下して7年ぶり9回目の優勝を飾った。

 3位決定戦は東京が熊本を3-0で破っている。

 この大会は47の都道府県代表チームによるトーナメント戦で、各対戦は女子ダブルス3本で争われる。代表チームは、8月から順次開催された各都道府県大会の上位3ペアで構成されている。

※都道府県の左に付いている数字はドロー番号

     ◇   ◇   ◇

【決勝】

27神奈川 3-0 19埼玉
○寺田康子/清水真里衣 6-4 6-1 ●宮井恵美/尾形愛美
○河村恵美子/星茉耶 6-4 6-2 ●溝渕佳子/田村知子
○研野香織/鷲見ゆき 2-6 6-0 [10-8] ●大西昌美/川崎民江

——————–

【3位決定戦】

41東京 3-0 4熊本
○鈴木由依/本荘舞 6-0 6-2 ●坂本中/小山香
○鈴木理沙/高見澤昌代 6-3 6-2 ●加来美恵/栃原まどか
○村上えい子/細井麻代子 6-0 6-0 ●関美香/楠恵美子

——————–

【準決勝】

19埼玉 3-0 4熊本
○宮井恵美/尾形愛美 6-2 6-7(3) [10-5] ●坂本中/小山香
○溝渕佳子/田村知子 6-1 6-3 ●加来美恵/栃原まどか
○大西昌美/川崎民江 6-2 6-0 ●関美香/楠恵美子

27神奈川 2-1 41東京
●寺田康子/清水真里衣 6-7(1) 3-6 ○鈴木由依/本荘舞
○河村恵美子/星茉耶 0-6 6-1 10-1] ●鈴木理沙/高見澤昌代
○研野香織/鷲見ゆき 6-2 6-1 ●村上えい子/細井麻代子

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

熊本、埼玉、神奈川、東京が準決勝進出 [全国レディーステニス]
THE TENNIS DAILY 11/11(金) 23:30配信
3
 アマチュア女子テニスの最高峰とされる「ソニー生命カップ 第38回 全国レディーステニス大会」(11月9~12日/東京都昭島市・昭和の森テニスセンター)の競技2日目は3回戦と準々決勝が行われ、熊本、埼玉、神奈川、東京が準決勝に進出した。

 この大会は47の都道府県代表チームによるトーナメント戦で、各対戦は女子ダブルス3本で争われる。代表チームは、8月から順次開催された各都道府県大会の上位3ペアで構成されている。

 大会最終日の12日(土)は、準決勝・決勝・3位決定戦が行われる予定。

※都道府県の左に付いている数字はドロー番号

     ◇   ◇   ◇

【準々決勝】

4熊本 2-1 11新潟
○坂本中/小山香 6-7(12) 6-1 [10-6] ●大関素子/岩渕英理
○加来美恵/栃原まどか 3-6 6-2 [10-8] ●八幡春奈/岩野涼子
●関美香/楠恵美子 4-6 4-6 ○籏弓子/竹内寛子

puffer

19埼玉 3-0 17千葉
○宮井恵美/尾形愛美 6-4 3-6 [10-8] ●鈴木智美/佐藤恵美
○溝渕佳子/田村知子 7-6(4) 6-1 ●大井貴子/原口里英
○大西昌美/川崎民江 6-1 7-5 ●中村晶子/石黒友希

27神奈川 3-0 33石川
○寺田康子/清水真里衣 6-2 6-1 ●小坂由美子/山口香
○河村恵美子/星茉耶 6-1 6-2 ●有川洋子/和田美樹
○研野香織/鷲見ゆき 6-0 6-0 ●金平真喜美/宮本裕美子

41東京 3-0 47岩手
○鈴木由依/本荘舞 6-0 6-1 ●重茂真紀/杉村幸苗
○鈴木理沙/高見澤昌代 6-2 6-0 ●横山明美/菊地晶子
○村上えい子/細井麻代子 6-1 6-0 ●酒井裕子/小田島洋子

——————–

【3回戦】

4熊本 2-1 1青森
○坂本中/小山香 6-3 6-0 ●鹿島育子/其田眞紀子
○加来美恵/栃原まどか 6-2 6-1 ●高橋郁子/川井望美
●関美香/楠恵美子 3-6 3-6 ○新川以智子/久慈智子

11新潟 2-1 6大阪
○大関素子/岩渕英理 3-6 7-6(3) [10-5] ●亀岡美和/浅井真貴
●八幡春奈/岩野涼子 1-6 6-7(4) ○坪野亜香里/南口理絵
○籏弓子/竹内寛子 2-6 6-6 [10-3] ●平野幸保/與那嶺由紀子

17千葉 3-0 14長崎
○鈴木智美/佐藤恵美 6-3 4-6 [10-7] ●新井寛子/只安舞子
○大井貴子/原口里英 6-1 6-2 ●野田有記/山本亜季
○中村晶子/石黒友希 6-4 6-2 ●本田晴果/中尾和美

19埼玉 2-1 22兵庫
○宮井恵美/尾形愛美 6-0 6-4 ●福村里紗/竹内由紀
○溝渕佳子/田村知子 7-5 6-3 ●古出直子/山直子
●大西昌美/川崎民江 3-6 6-7(4) ○齋藤多真紀/矢木菜都子

————

27神奈川 3-0 26岡山
○寺田康子/清水真里衣 6-0 6-0 ●安井友子/那須好
○河村恵美子/星茉耶 6-3 6-4 ●大森たかえ/真田満代
○研野香織/鷲見ゆき 6-0 6-1 ●岡田千代美/岩谷眸未

33石川 2-1 31群馬
○小坂由美子/山口香 6-0 6-3 ●竹田尚代/仁井田美佳
○有川洋子/和田美樹 7-6(3) 6-1 ●佐藤純子/平田有紀
●金平真喜美/宮本裕美子 3-6 3-6 ○赤星廣美/岩田礼子

41東京 3-0 38京都
○鈴木由依/本荘舞 6-2 6-0 ●新見昌子/山下奈緒美
○鈴木理沙/高見澤昌代 7-5 6-0 ●山田由里子/浦田浩子
○村上えい子/細井麻代子 6-4 6-1 ●道上和佳子/熊谷美穂

47岩手 2-1 43山梨
○重茂真紀/杉村幸苗 4-6 6-2 [10-8] ●小島由香/山田美和
○横山明美/菊地晶子 6-2 6-1 ●渡辺弘美/谷口久美子
●酒井裕子/小田島洋子 0-6 6-7(7) ○望月美紀子/清水温佳

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 10:00 | コメントをどうぞ

アシックスシューズ ゲルソリューションスペック

DSC_0004
アシックス GEL-SOLUTION SPEED 3 OC ゲルソリューションスピード3 O 2016年春夏モデル。

春夏モデルが楽天ショッピングで格安になっていたので買いでした~✨

アシックスは、ちとお高いイメージがあったのでなかなか手が出なかったのですが、8,000円台なら安いでしょ❗

まだ、履いてみてないので感想はまた今度にしますが、スペックを以下に掲載しときますね。

ネットを制する、ターン&ダッシュ。
機動力を発揮するオムニ・クレーコート兼用モデル。
なんだそうです(笑)

プロパルションプレートが、素早いターン&ダッシュをサポートする機動力を発揮。

プロパルション???

ミッドソールのSolyteが、優れた軽量性を実現。
デュオマックスとトラスティックが、プレー中の安定した動作をサポート。

まぁ、この説明でなるほど~ってはならんよね( ノД`)…

スペック
●品番 TLL768-0990
●商品名 GEL-SOLUTION SPEED 3 OC (ゲルソリューションスピード3 OC)
●カラー 0990:オレンジレッド×ブラック
●サイズ 25.0〜29.0cm
●アッパー素材 本体=合成繊維製(ラッセル構造)
補強=人工皮革製
●アウターソール ゴム底
●インナーソール 取り替え式
●生産国 ベトナム
●備考 適合する別売中敷:TIZ107

機能
★P-GEL+T-GEL
薄くて足あたりもソフトな発泡シートタイプのP-GELを踏み付け部に装着し、ノンシーリングタイプの、衝撃緩衝が最も高いT-GELをかかと部に装着したタイプ。

★イー・ブイ・エー:(全面)やわらかいクッションタイプ
全面のインソール(中底)部に、軽く、クッション性に優れる「イー・ブイ・エー」の、やわらかいクッションタイプのクッション材を使用。

★ソライト
分子間のつながりが強いE.V.A.とは異なる素材を使用。同等機能でも低密度を実現。シューズの軽量化を実現した軽量素材です。

★デュオマックス
ミッドソールの一部分の硬度を高め安定性を高めた構造。商品によって搭載位置は異なります。

★トラスティック
ミッドソールの中足部を補強した構造。運動時にねじれが生じやすい中足部の剛性をアップし、フットワークの安定性を高めます。

★エーハープラス
従来のラバーと同等の軽量性、グリップ性をもちながら、約3倍(当社比)の耐摩耗性を発揮するアウターソール素材。

★ピー・エイチ・エフ
個人の足形に合わせて、ゆっくりと変形してフィットするような低反発フォームを足首部に内蔵。シューズと足とのすき間をなくし、フィット性を高めています。

★レギュラー(3D)
側面のふくらみを抑え、アーチからかかと部にかけて包み込むようにフィットする立体設計のレギュラーラスト。

★アイジーエス
目的とする動作を行うための最適な設計思想のことをIGSと読んでいます。バイオメカニクスはもとより、材料力学・衝撃工学などの幅広い知見をもとにしています。

履いていれば、なんとなく足の形にあってきて、食いついて走り回れるって感じでしょうか。
ローカットなので捻挫しないように注意が必要ですが、リカバリーが良くなりそうです。
DSC_0005

次回のこそレッスンが雨でなければデビューっす。

カテゴリー: スキル・練習 | 投稿者オールサム 21:40 | 1件のコメント

シャラポワ復帰 メルドニウムとは

images
シャラポワが薬物使用でドーピング違反を犯し、現在15ヶ月の出場停止中ですが、来年春から国連の大使には復帰するそうなんです。

シャラポワのドーピングが故意でなかった事から2年間の出場停止処分が短くはなったのですが、そもそも何の薬物?

メルドニウムというものらしいのですが、それはなんだ?

メルドニウムとは、

代謝調整薬に分類される薬剤で、日本では馴染みがありませんがロシアなどで虚血性心疾患などの治療に使われています。心臓保護作用や体液性免疫の活性化作用などの他、心身的ストレスの軽減作用などをあらわす薬剤となっています。

だそうです。

メルドニウムは、世界アンチ・ドーピング機構(WADA)が規定する世界アンチ・ドーピング規定とやらで2016年1月から禁止物質における「ホルモン調節薬および代謝調節薬」の項目に追加となったそうです。

メルドニウムは、血液循環や心身的ストレスなどに対する作用から

競技能力の向上につながる薬

となるんだそうです。
実際にメルドニウムがCodeの禁止表に追加になった経緯は、競技力向上目的で競技者によって使用された事実があったからだそうなんですが、

ドーピングが発覚したのは、同月のオーストラリアンオープンです。

images (1)

これは、本人というよりもチームスタッフの責任も大きいですよね。もちろん、本人が責任を取るんですが。

影響力のある選手だけに、処分も重かったのでしょう。

カテゴリー: 話題のニュース | 投稿者オールサム 16:05 | 1件のコメント