ラケットへの拘り

鈴木貴男選手がラケットについて語る動画見つけたんですけど、14分は長い(笑)

そりゃ鈴木選手だからこそですが、他の選手達のが5分程度なのに対し語りまくり。

プロ選手が自分の口でここまで一般ユーザーに道具について語ってくれるのってそうそう無いでしょう。

グリップエンドにもちゃんと触れていて道具の宣伝っぽさが無いのも良いですね

 

 

さて、鈴木選手の動画を探していたのはいい加減自分も試合で前に出ようと思ったのがキッカケです。

テニスで一番嫌いで苦手なプレーがボレーなんですけど、ストロークやってもすぐ自滅するし、だったらチャンス来次第前に行けって。

今更ですよ、ようやくボレー頑張りますよ。

この前のダブルスはネットプレーでまずテンポについて行けませんでしたが・・・

でも試合でろくに作戦考えられないならとりあえずやるしかないですな。

反射神経自信無いけどこういう時こそグラファイトの100インチとグラファイトヨークの過剰な安定感が武器になってくれると思います。

やっぱラケットは手応えのある薄い箱型フラットビーム、そして長い付き合いのEXO3グラファイトというのが僕なりの拘りです・・・え?誰も聞いてないって?


カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:24 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">