気になる今年のラケット

僕の夏休みが幕を開けたのでまた相棒リトルカブ50ccちゃん と日本海へGo!太平洋側と往復!日本列島縦断の旅~なんて考えていたら台風・・・

日本全国津々浦々雨・・・ん、去年の夏もこんな感じで諦めたような・・・

そんな感じの暇人で特に書く事も無いなぁ。

じゃあまた気になる今年のラケットについて戯言呟きますね。

例によってろくに見てないし打ってないし文章と画像しか見てない戯言だー。

 

 

・トアルソン エスマッハプロ98(295g)

いやーデザイン良いですよね緑。

って前は流行に乗った真っ黒デザインじゃ没個性!なんて言ってたけど、いや、緑色が好きでして・・・(笑)

軽くなる事で裾野が広がるのは良いですが、こういう本格派な振っていくラケットって重さがあってこそって部分もあるんじゃないかと思うので、軽くなるメリットだけでなく、デメリットがどう出るか・・・。

市民大会シングルス・ダブルス両方とも予選負けの僕的には、ピュアドラ系のようなぶ厚いラケットは程々の軽さにして、薄ラケこそ重くても空気抵抗の少なさでカバーして、ボールをぶっ叩くのが良いんじゃないかなと思います。

最近のラケットの性能良いから軽くても大丈夫!とか、お前に上級者の腕は無いから重くするのは無駄!とかありますが。

ヘッドのグラビティなんかは重くないのにフレームが強靭だと思いましたが、僕の腕だとフレームの強さを支え切れないと言いますか・・・(笑)

僕みたいなヘタクソはある程度の重さが無いと不安。

でも元が軽ければ好きなように重さを調節ってのもできますし、重さを選べるのって良いですよね。

 

 

・ヘッド グラビティ

自分が使いこなせなかったからですが(笑)

はたして人気が出るのかちょっと疑問。

ライバルはブレードのような非ボックスの薄ラケでしょうが、グラビティが飛び抜けているか?って聞かれるとそうでも無いかもですし。

コントロール系にしてはスイートスポット広め、上の方。

上の方って少し前にバボラがセンサーでデータ集めて皆が面の真ん中より上で打ってるぞーってFSIテクノロジーとしてピュアドラのスイートスポット上にしたような。

その後にピュアアエロは上の方+ストリングのマス目を拡大して接触時間を延ばし(FSIスピン)、更に後のピュアドラは上だけじゃなく上下に広げて(FSIパワーテクノロジー)。

まあこういうのが被るのはよくある事ですが、グラビティはスイートスポットよりもフレームのブレなさ、打球時の変な振動の無さの方が凄いのだと思う。

グラビティ特有ではなくヘッド全体のテクノロジーになるのでしょうけど。

ヘッドと言えば少し前にMXGシリーズなんてのが今までの常識を変える!なんて言いながら出てましたが・・・

見た目だけならMXGの方がよっぽど革命的って説得力がありましたが、未だとさっぱり評判も聞きませんし。

新しいラケットって定着が難しいですね。

値段が高いのか、使用プロがいないからなのか・・・。

プロが使ってる画像は割りと見た記憶があるのですが。

それに対しグラビティはひとまずズベレフ使用モデルって最初から宣伝されてるのでMXGのようなフェードアウトはしなさそうですね。

ジョコ使用のスピードも今日まで続いてますし。

僕は最初スピードとプレステージってどっちもボックスじゃん!って思っていて違いが分かりませんでした(笑)

 

 

・プリンス Xツアー97、100

昔ノーマルのX100を打った時は確かにツイストパワーテクノロジーって凄いなと実感はできたので、薄い競技系に搭載したら・・・なんて思ってたら、作っちゃたのか・・・。

てっきり見た目で敬遠されて消えるかと思いきや・・・

ただでさえ新シリーズって消えやすい中!キワモノラケットで!ガチで勝負する!

そもそも最初のX100の時点で車いすテニスの三木選手が使用していて、湘工→慶應出身の高田選手、ウィニングショット契約の秋山選手(今はステンシル入ってませんがどうなんでしょうか?)が使うって情報が今年になって入ってきて。

段々とプロ使用モデルとしての存在感が増してきていますね。

あのネジネジラケットをですよ?テニスで生きる人達がガチで使う!

シャフト部に対しフェイスはオードソックスなややボックス形状、上級者も満足できそうな打球感を出せそうなのも使ってもらえる要因なんでしょうか。

メーカーが使わせていたとしても、プロが自ら選んだとしても、凄い力の入れ様ですね。

新作が出ましたよ!→プロも使い始めましたよほら!さあ皆も!みたいなノリは昔からよくありますよね。

ピュアストライクやオリジンが出た時に杉田さんが一時期使っていましたけどピュアドラとナチュラルに戻り・・・(ティエムが看板選手として定着してますが)

ウィルソンだと思いつくのはプロツアーBLX 96!ジュースプロ!バーンFST!デルポトロさん・・・

 

スチームなんかは逆にプロに需要ありそうですが廃盤という・・・

鳴り物入りでやってきたクラッシュとグラビティは今のところは好評な様子。

さてツイストパワーテクノロジーは・・・?

ああ、そう言えばX100の発表時にニュースタンダードにするって言ってましたね・・・

オーバーサイズやO3といったキワモノ達を輩出してきたプリンスのやる事ですから、これからもどんどん攻めてきそう・・・。

 

 

・プリンス ビースト2020

正直デザインが凄く好き。

単に真っ赤なだけなんだけど、とても鮮烈じゃないですか?

しばらく真っ黒なそっくりさんばかり並んでいたから余計に目立つじゃないですか。

これから他のメーカーもこんな色になるんじゃないですかね。最先端じゃないですかねこれ。

となるとファントムやグラファイトも全身明るいグリーンでど派手になるのか。

ただテクノロジーは・・・アンチトルクシステム?テキストリームの使用箇所を増やした?

テキストリームでもグラフィンでも、こうして増やしていくよりフレーム100%使った方がy(略

っていつも言ってる気がするな。

でもグラフィンもテキストリームも、大半が試打しただけですが、他のラケットより性能でアドバンテージ取ってる気がする。

だからさ!余計な物全部排除しちゃってさ!超高品質ラケット!絶対天下取れそうじゃないですか!?

欲しいな!フルテキストリームグラファイトO3!(仮名)

 

 

・ウィルソン ブレード

クラッシュで市販品のラケットをとんでもなく柔らかくしちゃいましたが、やはりそれを他のラケットにも使ってきましたね。

ただでさえ撓り系のブレードを更に撓らせる、と。

と言いつつもクラッシュとはまた別目的の撓り、と。

でも軽く聞いた感じだと「上級者用のイメージが強いから易しくした」みたいな話も聞きますが、シビアな性能が好まれているからこそのブレードの評判じゃないかなと思ったり思わなかったり。

薄くてコントロール良くてボールの威力凄くて!なんてラケットだったらとっても嬉しいですが。

 

 

・ウィルソン クラッシュ98


カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 20:16 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">