カテゴリー別アーカイブ: 未分類

買い物

またやってしまいました。

 

4

この前の試合は1本しか使わなかったのに、4本目到着である。

流石に4本目は買い過ぎだろと思ったものの、後輩の「独占しちまえば使用契約も当然」なる謎の提案を受けて、ついつい・・・

9本入りのバッグだけど、4本同時は持ち歩かないだろうな・・・。

 

 

 

他にもナチュラルガットも届きました。(HDアスタポリは別口で緊急調達)

いつも買ってる店でタフガットが品切れでどうしようかと悩んだ末にクラシックガットとプライムガットを購入。

せっかくの機会なのでパシフィック製の上下のランクを試してしまおうじゃないですか・・・!

その他のシルバーセレクトは太いのしか無いらしく、オレンジブルは個人的に色が主張し過ぎていてイマイチ、ブルガットはいくらなんでも常用はしないと思うので回避。

自分的に調子の良いHDアスタポリとハイブリッドで組ませてどこまで進化するか試したい・・・ところですが、本戦控えている中でそれはいくらなんでも変え過ぎですね。

・・・と言いながら、次の土日には張っちゃっているかもしれません(笑)

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:30 | コメントをどうぞ

自信

今日は市民戦の予選。

2戦2勝で本戦入りしました。

ストリングはせっかく一ヶ月前からデビルスピン&タフガットで固定して慣らせようと思っていたのに、結局HDアスタポリを使用。

3本同じの用意しているのにハイブリッド2本、アスタポリ1本・・・予備とは一体。

今回の大会はなんと、愛する我が母校、綾高関係の人が計4人も出場。

現役の子は出てないけれど、実は去年に綾高生が地元の市民戦に出ていたり。

昨年度の卒業生は数人がサークルとかテニス部とかで各々テニスを続けていたり、大会に興味があったり。

引退した3年生ももしや・・・?

そしてよく練習している高校時代からの1個下の後輩も横浜市の市民戦に2年連続参加。

今年は自分も一緒に出ます。

人と一緒に大会に出るっていうのは今まで殆どありませんでした。

高校時代の川崎ジュニア、湘南ローン、大学生時代4年間負け続けた市民戦、草大会・・・

まあ、ずっと単身で参加していて、綾高出身で続けているのは自分だけみたいな感覚があったのですが、もしかしたらそろそろ、大会で同じ綾高人と、年齢関係なく同じ土俵で真剣勝負する日を迎える事ができるのではないかと。

欲張ればもし現役の子と大会でしのぎを削り合う事ができれば、とても楽しいテニスになるだろうと思う。

 

自分の今日の調子は・・・二方とも自分の苦手な粘る戦術を選択してきて苦戦。

一戦目の相手は通算2勝1敗、1-6、7-5、6-4。大会で当たるのは4度目で3大会連続。

今回は結構参加者が多くなったと思ったのだが、3大会連続とはどういう巡り会わせなのか。

この方との試合は最初の1敗以外は2戦とも接戦で長引いている。

徹底的に粘られ、ラリーで根負けするパターン。

とにかく自分は粘るタイプが苦手で大学4年間の市民戦は自滅ばかりでした。

戦績上は2連勝しているものの自分のペースに乗せてもらえず毎回苦しんでいる例に漏れず、今回もスコアは7-5。

今回はより徹底した粘りに苦しめられてしまったが、試合運びが過去2回とほぼ同じパターンであり、苦手な粘りのテニスに対する克服が未だにできていないと痛感させられた。

2試合目も相手はとにかく粘ってきた。

連戦だったのでほぼ同じ戦術の相手のペースに割とすぐに慣れたものの、4-0と先制した辺りから5-1、5-3とボロを出してしまった。

自分の気持ちとは裏腹にミスがぽろぽろ出てしまった終盤は粘りのペースにタイミングを合わせるより無理矢理強打で逃げるのを選び、何とか勝利。

相手は本当に防御に徹して、それを最後まで貫いてくる。

自分は安定してボールを繋げるのも、入れるスピンも不得意で、エンジンがかかるのも遅くタイミングが中々合わない。

だから序盤から攻めていくのは怖いし、今まで市民戦で凡ミスの山を築いてきた。

粘るテニスに対し自分からスピードも出せない、かと言って繋ぐテニスもできずすぐにミスる。

自分に対し自信が持てない、自分で好きにやっているテニスですら、である。

社会人というものは自分の行いに対し責任と誇りを持って然るべきもの。

自分の弱さの根源は必ず潰さなくてはならないが、現段階でそうでないと思われる自分は一体何をやっているのか。

嫌な失敗ばかりで前向き志向も埋もれてしまう。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 21:41 | コメントをどうぞ

第5世代ポリ

なんやかんやあってトアルソンの新作、HDアスタポリをモニターとして応募して使ってます。

この前の団体戦は流石にいつものハイブリッドでやりましたが、前日の練習はずっとアスタポリ。

来週は情熱を燃やしてる市民戦がありますが、それでも今日のテニスもアスタポリ。

せっかく複数本でハイブリッド揃えているのに土壇場で変更してしまいそうです。

って、去年の秋も試合の直前でプロフォーカスに変えたような・・・新作の発売のタイミングが毎度悪い(笑)

でもプロフォーカス&レイザーよりは好き。

ヘッドのHAWKの方がもっと好きだけどそれはそれとして。

なんだかアスタポリはやけに調子が良いです。

本当にこれはポリグランデシリーズの括りじゃなくて良いのかってレベルで気に入ってます。

テンション維持が第4世代級だったらなと思ったのですが、そういえば最近出ているポリの傾向として、威力重視のものが多いと思います。

G-TOUR1、プロレッドコードWAX、ポリツアーファイアらはまさに同系統の性能のストリング、スナップバック用のつるつるコーティングと反発性を持つそうで、HAWKに近いタイプではないかと気になってはいました。

(ホーク自身は特にコーティングには力を入れていませんでしたが)

4Gが出た時はテンション維持性を高めたということで第4世代だと大々的に言っていましたが、最近の威力重視系、のストリングの流れを見るに、これから先は第5世代ポリの分類が増えそうだなと思いました。

ちなみに、第5世代ポリでググってみたらテニパラさんが既にポリツアースピンGをそう呼んでいました。早い!

ただ、スナップバックと威力のポリと言えば、シリコンコーティングと高密度ポリエステルのRPMブラスト、これが4Gよりも前からバボラのフラッグシップモデルとして出ているし人気でしたね。

バボラからすればようやくブラストに似たタイプのガットが出てくるようになって、第5世代なんて呼ばれるようになってきたらブラストを超えるような新たなポリを出してくるでしょうか。

プロハリケーンツアー、ブラストの新旧2強がプロでも数多く愛用されていますが、そういえばデュアル以降にニューポリが来ていないような・・・さあ、何が来る!?

で、アスタポリは第5世代級かというと・・・説明文の時点ではそんな雰囲気無いですけど、やっぱりそういう意図では作っていないのでしょうか。

トアルソンでは飛んで落ちるポリエステルらの方が該当しそうですね。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:11 | コメントをどうぞ

続・団体戦

今日は市の団体戦の決勝トーナメントでした。

ダブルスは得意不得意以前に殆どしていないのですが、何とか6-3と7-6の2勝で優勝に貢献できました。

特に決勝戦は予選で5-6で負けた相手との再戦でしたが、接戦ながらもギリギリ勝ち切って終える事ができて良かったです。

中身としては最初に2ゲーム先行できたのにリード守れず追い越される、途中苦手なボレーが仇になる場面もある等自分の隙が悪目立ちしていましたが、グイッと来る相手に接戦はできても勝てない最近の傾向から、ようやくタイブレークまで持ち込めるようになったのは進歩したと思っても良いだろうか。

先週出たシングルスは全く打てず散々な結果だったけれども今回の団体戦は先々週、本日ともに好調で、そこそこ思惑通りにプレーできていましした。(ネットプレーは除く)

この違いは一体何なのか、波に乗る方法というか、調子上がらなくてもどうにかする方法を見つけないと、良い→ダメ→良い→の流れで来週の市民戦の調子が酷い事になりそうな予感・・・。

しかし良い調子を出せたとしても、今回大会見ていて思いましたが、せめてもう一段階レベルアップしないと自分は市民戦勝ち上がれないなと感じました。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:19 | コメントをどうぞ

roche

テニス365でローチェの新作ウェアが出ていましたね。

自分の知る限りでは最速でした。

しかし、これでようやくローチェのハーフパンツを入手して堂々とローチェウェア着れると思いきや既にホワイトが売り切れ。

在庫△だったし即買っておけば良かった・・・

他の所ではまだ売っていない様子。

はたして今年中にはローチェデビューできるでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:03 | コメントをどうぞ

wc

楽天オープンのWCにデルポトロが来るそうですね。

準決のCE席を買ったので大変楽しみです。

やはり今年もビッグ4が来ないのは残念ではありますが、チリッチ、ワウリンカら4大大会覇者のガチプレーを生で見たい。

あと今年の参戦者で是非見たいと思うのはキリオス、カルロビッチ、モンフィス。

ここら辺のテニスになるとそりゃもうえげつないんだろうと思います。

特にカルロビッチとモンフィスとか。もはや何の参考にもならなそう・・・。

生で見たらとんでもない刺激を貰えそうですが、しかし準決勝で見れるのは4人、できれば全員見たいな・・・またATPサンデーも行ってしまおうか。

 

週末はまたテニスの大会。

自分が熱を注ぐ恒例の市民戦に向けて調子を上げたいと思ったところ惨敗。

先週の団体戦が良かったので期待しましたがこの日の調子はダメなやつが一試合目から出てました。

ダメな日はとことんダメ、タイミングが全く合わなくて1、2球目で自滅。

この日は事もあろうに3セットマッチ、ボールが入らない状態で2セット取られるのは生き地獄。

もう何度も何度も苦汁を味わっている自分の弱点、低めのアプローチ、高い打点、スピンかけようとしているのにろくにかからず棒球で悠々アウト。

こういう時こそ常日頃の普通のプレーが出てくるというもの、フラット癖は未だに直らない。

そして最悪なのがとにかくタイミングが合わない事。

早過ぎると思ってゆっくりプレーしようとしても全然調整できないまま一日を終えるのが殆ど。

それを2セットも、何も改善できていない自分の散々見た凡ミスの嵐に遭う・・・今度こそその惨状から脱しようとはしたものの、またダメでした。

ノーアドで40-40の場面もかなりの回数自滅していたと思う。

ここぞという場面をほぼミス。

そこまで力んで打とうとは大分前からしていないのにやる事なす事全部ダメ。

とにかく苦行だった。

自分の弱さの正体も未だに掴めない。

自分と向き合えないチキン野郎である。

ろくでもないプレーもそうだが、人としての質の低さに愕然とする。

低レベルのままで学習能力の無いところとか、どうすんねん。

そういえば6月から数えてシングルスは現在6連敗となっていた。

結局ね、調子がダメな日があるとかじゃなくて元がダメなんだろうねこれは。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 21:30 | コメントをどうぞ

N.G.W ナチュラルガット・ホールセール

 

natural gut wholesale

 

縦ポリで横にナチュラルの組み合わせにするようになり、以前に買ったパシフィックのタフガットが1張り余っていたのでそれを使っていました。

で、ストックが無くなったのでいつもの所から注文しようとしたら、まさかの在庫無し。

市民大会は9月、いつ入荷するかは不明・・・

そうなると、もしナチュラルガットを切ってしまったら替えは無し、雨には弱いし耐久性もどうせ大丈夫だろうけどデビルスピンと組んでるし心細い・・・

ですのですぐにでも予備が欲しいところですがタフガットはあまり売っていませんし、かと言って他メーカーのを買うにしても値段は高いものだから、それで代用するぐらいなら同じような感覚のが良いですし・・・

そうしていざという時の備えとして選んだのが最初の画像。

natural gut wholesale.comが出しているナチュラルガット、ナチュラルカラーで16G。

買っちゃいました・・・緊急事態ですもの(笑)

驚きなのがその値段の安さ。

メーカー物よりもコストを下げ、尚且つハイクオリティを自負するこのガット、度々目にはしていましたがこの機会に試しに買ってみる事にしました。

しかも備えとか言いながらついつい2張頼んじゃいました。仕方ないですよねこりゃ。気軽に張れてしまう。

IMG_20160824_223310

ちなみに送られてきた袋もまっきんきんでした。なんか凄そう。

中にはガットと一緒に名刺が入っているなど、ガットを愛用して貰えるよう真摯な姿勢を心がけているように感じました。

予備のつもりでしたが早く試したくなってきました。早くても打てるの土日ですけれど。

はたしてタフガットやレジェンドのメーカー物のコーティングと比べるとどうなるだろうか。

値段で言えば断然こっちだけど(笑)、N.G.Wの真摯さに惹かれました。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:14 | 2件のコメント

団体戦

市の団体戦に参加してきちゃいました。

自分にしては珍しくまさかの団体戦です。

それも滅多に大会に出ないダブルス。

団体戦自体は大学二年の時のサークル以来だったかな?

一試合目は6-1、二試合目は5-6。

チーム自体は全勝したけれども自分の試合は若気の至りで度々ゲームポイントを落としてしまった印象。

強い人が沢山いる中で、流れを食い止める度胸とプレーの正確さを両立しなければ勝つのは正直厳しい・・・。

この夏はやたら格上に押し負けている試合ばっかりだったのをそろそろいい加減に止めなければ。

今日から四週連続で休みの日に大会ってスケジュールにしちゃいました。

また来週、強い人と戦えるレベルになるべくシングルスの修行行ってきます・・・。

強い人多過ぎて途方に暮れちゃいますよ :107 炎:

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:30 | コメントをどうぞ

色々

オリンピックに続いてマスターズでも杉田さんが躍進。

凄いですね、ここ最近の対戦相手がどれも格上ばっか・・・そりゃそういう大会だからですけど、まるでビッグネームの巣窟じゃないですか。やだ怖い。

自己最高のシーズンを送っている状態ですが、今年の杉田選手は全日本や日本リーグに出てくるのかが気になるところ。

国内のレベル上げる為にと全日本に出続けたのが確か2014年の話。

昨年の全日本は出場しなかったものの日本リーグには参戦。

世界ランクの高い選手は国内の大会に殆ど出場しませんが、今年の杉田選手は世界と戦える実力を見せにやってきてくれるだろうか。

そうなったら全日本、今年も観戦確定かも。

でもこの調子だったら尚更勢いに乗ってランク上げに行ってほしいですよね・・・。

 

 

それと、昨日ウィンザーさんに寄ったらとてもデカいポップでラケットが宣伝されていてびっくりしました。

今まで見た中でも一番デカいポップだったんですけど、そのメーカーがまさかのミズノ。

しかもソフトテニスのラケットじゃないのに、入り口に置いて猛アピールしていました。

大胆に仕掛けてきました。

びっくりした人は多かったのではないでしょうか。

しかもC TOURなる新製品は一見、見事なボックスフレーム。

特にシャフトがもう渋い、四角い、完璧なボックスで格好良い!

たまにボックスフレームでもシャフトの正面圧がやや細いものがありますが、これぐらいの箱型感じゃないと安心できない気がします。

そして完全なボックスかと思えばフェイスの3時9時がラウンド形状。

プリンスのレベル98もシャフトボックスでフェイスがラウンドだったかと記憶していますが、良いバランスの組み合わせだと思います。

後はスプーン100もフェイスが厚めですがパワーとコントロールの両取りの同じジャンルですね。

この昔ながらの形状を残しつつパワーテニスに適応させたハイブリッドなフレーム、プロスタッフ97も別の形で実現していましたが、言わばこの強化型ボックス形状を求める層は幅広くいると思います。

ファントムも細いフレームの撓るタイプとして突き抜けているものでしたが、2016年後期はこのC TOURが非常に良いのではないかと感じました。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:37 | コメントをどうぞ

丸いガット

クロスナチュラルのハイブリッドにしてから、少しでも気を抜くとドフラットに真っ直ぐな弾道でアウトする事がとても多くなりました。

厚く捉えすぎると良く反発して飛んでいってしまいます。

センサーで計測していた頃からフラットの割合がフォアバック共に多かったので、飛びが良くなったらそうなるのは当然でもありますが。

今までポリで強引にコートに入れていたのだと思うと、多角形ポリで誤魔化すのではなく丸いタイプでやっておくべきだったなと今更ながら思います。

ポリで引っ掛けるより打ち方でかける事を強く意識していればこんなにも不安定なストロークにも悩まされなかったでしょうに。

昔の自分だとフラット一辺倒過ぎて丸いタイプじゃもっと悲惨な事になりそうですが結局全然勝てなかったですし、入れる技術を磨かねばならなかった。

まだ全然ロール消費できていないからストリング変更する勇気はありませんが(でもハイブリッドにはする)

丸いガットだったらオリジナル使ってみたい・・・あの色合いといい、ナダルが一度試していたりする程のスペイン繋がりの伝統らしき雰囲気といい、なんだか印象に残るポリです。

ダニエル太郎選手のガットもスペイン繋がりでオリジナルだったりするんでしょうか。

プリンスのラケットに黄色がかったガット・・・いや、ひとまずはナチュラルの飛びを制御できるようにします。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:50 | コメントをどうぞ