2016年のプリンス

日本のプリンスの2016年版カタログもアップされましたね。

昨年テキストリームシリーズが出たのでツアー系の新作は特に見当たらず・・・と思ったら後ろの方にESPを搭載したツアーアタックとハリアープロ100Tを発見。

でも見た目いかにもテキストリームぽかったのによく見ると使用テクノロジーはESPのみ、まさかの非テキストリームラケット。

ウィルソンのプロスタッフ97LS(非ダブルブレイド製法)の時も思ったけど、ストリングパターン少ないタイプって何故こうなんでしょうかね。

プロスタッフはプロスタッフなんだから突き抜けるべきラケットだし(97Sで実現したけど)、プリンスもO3とESPとテキストリームで超攻撃型に特化しても需要あると思う、何度も書いてるけど。

その点ヘッドはちゃんと競技系のイメージを落とさずにストリングパターン減らしてくれているから良いですよね。

しかし当初はスピンモンスターなんて言われたけど結局プロで使用している選手そんなに出てきていないみたいですね。

プリンスではもうESPはツアータイプに含まれていないみたいなので残念。

前面に押し出しているテキストリームも平たく言えばヘッドの後追いみたいなものになってしまいますが、今後もシンプルかつ高性能で勝負していくのか、それとも革命的なラケットをまた生み出してくれるのか、プリンスの今後の展開(主にEXO3グラファイト)に期待したいところです。

 

それと、日本のプリンスの動画にisner interviweとやらも来ましたね。

プリンスのトッププレーヤーのイスナーが今年からラケット変えましたし、その宣伝かなと思いきやウォーリアー100は日本では発売せず。

憧れや目標として注目される看板選手が使用するモデルを売らないのか、というか販売しないラケットを宣伝するのか・・・と最初は面食らいましたが、動画説明を見たら日本名ハリアープロ100XRとの事。

EXO3グラファイト100XRを待ち望む自分は最近はもう他のラケットのスペックをあまり細かく見ていなかったので、

ハリアープロ ≒ ハリアーXR-J = EXO3ブラック

故にグローバルモデルのハリアーorウォーリアと比べてブラック系統は僅かにフレーム厚が薄いはずじゃ?って思っていました。

でもよく見比べてみたらハリアープロとXR-Jのフレーム厚違うんですね。

てっきりEXO3の違いのみだろうとしか見ていなかったのでちょっと衝撃でした。

(名前が紛らわしいのは前からですけどね。)

そんな訳でなるほど、ハリアープロとウォーリアは一緒なのか・・・と思ったのも束の間。

・重量:双方300g・・・同じだね。

・バランスポイント:プロが320mmに対しウォーリア315mm・・・海外スペックと差があるのはよくある事だね。

・フレーム厚:プロは24-26-23mmなのに対しXR-Jは23-24-22mm・・・XR-Jの方が薄くてもO3効果で振り抜きめっちゃ良さそうだし飛ぶだろうなー

で、ウォーリアは24-26-22mm・・・・ん?

これって形状違うんじゃ・・・?誤差の範囲・・・?

 

・ストリングパターン:プロ16×19 ウォーリア16×18

別物じゃん!!!

 

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:15 | コメントをどうぞ

テニスの本

帰り際についつい本屋によってしまいテニスマガジンの3月号を買っちゃいました。

試合に負けるとよくテニス雑誌を買いたくなってしまう。

思い返せば予選負け初戦負けばっかの自分のテニス。

いくら本を沢山持っていてもはたしてちゃんと知識を吸収できているのか、結果を見ると怪しいところ。

昔から試合中視野が狭いって自覚あるけど直ってない、調子が良い時は大体頭が真っ白。

そういうところテニス以外で響くだろうに。

メンタルとか勝者の思考とかトップ選手の戦い方とかテニスしてると結局頭から吹っ飛んでるかも。

このまじゃ道具も本も散財ですね。

もうずっとこんなテニスばっかだしほんの少しだけでも強くなるぐらいのビジョンも見えないね。

来年も再来年もそんな感じなんだろうなぁってまだ二月ですね。

今月のテニスマガジン3月号は深いサーブって見出しが気になって買いました。

大会寸前からスピンサーブマシになってきてる気がするしこのままノリにノって200km/hサーブを打つぞ!!!!!

時代は100パーセントMAXパワーテニスだ!!!!!!!

 

 

 

・・・ごめんなさいスピンサーブ頑張ります。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 21:33 | コメントをどうぞ

高粘度ポリエステル

どうせろくなスピンも打てないし、フェデ張りやってみても一ヶ月普通に耐えてしまう。

尖ったデビルスピンに対し縦ナチュラルはどうだろうと思ってましたが、昨日の大会も初戦敗退ですし案の定ガットが切れる事はありませんでした。

とまあ、縦ナチュラルは全く切れる気配が見られないのですが、試合中ふと気が付いたらこんな事になってました。

 

 

 

いや、お前が削れんのかよ!

なんか黒いの付いてるなと思ったらまさかの横のデビルスピン!

デビルスピンの黒い突起の部分は確か高粘度ポリエステルで、この硬めの部分でボールにがっつり喰い付きスピンかけるって話だったと思うのですが、まさかナチュラルに負けた・・・?

ポリだしきっと逆クロス辺りで削れたんだろうと思うけど、思い返すとあんまいい感じに決まった記憶が無いなぁ逆クロス・・・。

 

 

ちなみにメインナチュラルタフガットのノッチ。

二週間でこれ。

あと二週間も同じ量削れたら切れないけど怖いところまでいきそう。

困った事に今月は丁度二週間後に懲りずにまた大会を入れてしまっている。

初戦敗退野郎がまたナチュラルを一ヶ月で張りかえるのか・・・?と思うといくら僕でも今回こそは気が引けるので、エラストクロスで誤魔化そうか。

46ポンドで張ったのはデビルスピンの柔らかさもあって自分には緩過ぎに感じたのでエラストクロスに面圧高めてもらおう。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 21:34 | コメントをどうぞ

大会は予選初戦負け。

珍しく調子出ていて、結構頑張ったと思ったのにこれは悲しい。

セカンドのスピン昨日のまま良い感じ(自分比)に持ってこれたけど結局ストロークで自滅。

攻め切れず自滅って全然前と変わってない。

打ち込んでも角度あまり付けれず返ってきて真ん中でラリー、こんなテニスしかできないのが残念。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 18:33 | コメントをどうぞ

O3TeXteme

とうとうイスナー選手もウォーリアを使っているようで、EXO3がTeXtreme化される気配が全然無く悲嘆に暮れる日々を送っていますが、プリンスのグローバルサイトを見てみると2016年度のウェブカタログが。

カタログによるとどうやらオーバーサイズの厚ラケでO3のTeXteme版が海外では発売される様子。

EXではなくO3なのが気になるところですが、マイルドな打球感と高反発性能を持つO3に強靭なTeXtremeを合わせるという豪勢な使い方はまさしくパワーテニスに持ってこいな組み合わせだと僕は思います。

過剰でいいじゃない、突き抜けちゃいましょうよ。

・・・ってTeXtreme化O3の新作が見れて浮かれていたけど、よく見たらEXO3シリーズの情報がゼロでカタログから消し去られていました。

これはもうXR-Jの評判がEXO3の最後の頼みの綱だろうか。

 

明日の大会に備えて今日は少し練習できました。

ギリギリになってなんとかセカンドのスピンが自分基準でマシになってくれたので、寝て明日になって忘れてなければいいなと思います。

でも強い相手に競り勝つイメージ全く沸かないなぁ。

ちゃんとしたテニスできるのかも不安です。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:30 | コメントをどうぞ

バギーホイップ

昨日は錦織ブームでナイターレッスンの人数少ないのではないかと思ったのですがむしろいつもより来ていました。

日曜の試合に向けてストロークもサーブも安定して入ってそこそこ相手を押せるスピンを意識しながらやってみましたが、まずサーブは壊滅。

いつもストローク80%台とか90%台とか本当かよってお世辞ばっかりみたいなセンサーでのサーブ真ん中率は60%台を達成しました。

フォアハンドストロークの方は最初高く上がってアウト連発で酷かったけど、ふと思い出してインサイドアウト強く意識してやってみたら何だか安定して入るようになった……気がする。

センサーでの評価も、最近フォアのスピン量がずっと低だったのが久々に標準に戻りました。

これを強めのスイングにも合わせたらいい感じになるかな。

しかし本当は高く跳ねる球を打ちたかったのだがそうはならず。

前進できたか微妙だけど今週末はどうやら雨模様なのかな。

救われたような、しかしせっかくの大会が遠のいて歯がゆいような。

試合やってどれだけ自分が打てないのかもっと確認したいと思う。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:17 | コメントをどうぞ

真ん中率

全豪オープンは(も)全然見ていませんが、スコアだけ見ていると錦織選手は調子良さそうですね。

 

 

ようやく更新ペースが落ちてきた自分の近況と言えば、来週にまた大会の予選が入ってます。

リーグ戦でズルズル負けまくる自分にとっては久しぶりのトーナメント形式、何だか嫌だな・・・とか言う以前にサーブの弱さは未だ改善できず、改めて自分のフォームを見てみてもこじんまりしているし、捻りは無し、打球時に凄く体が開いてる。

普段出ているのより規模が少し大きめだそうだから負けるにしてもちゃんとしたテニスができなきゃ・・・。

残り二回ぐらいしか練習できないけど。

それとZEPPセンサーで今まではストロークばっかり見てたんだけれど、ふとサーブの真ん中当たってる率を振り返ってみると、81パーセント(110球)、87パーセント(86球)、86パーセント(28球)、66パーセント(29球)・・・

バックのスピン90パーセント台だとか言っている反面、相手の影響を受けないはずのサーブがストロークより真ん中に当たっていないのは良くないと思う。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 22:56 | コメントをどうぞ

回帰

今日はテニスしてきましたよ。

ハイブリッドにしたタフデビルは満足できました。

プロフォーカスとレンコンで遠回りしてしまったのが勿体無いけれど多角系は恐いからこれは仕方ないよね。

46ポンドで張ってみちゃったらさすがに打球感が緩すぎたけど、自分が欲しかった撓む反発力を横糸デビルスピンがやってくれ、メインストリングの動きも悪くない、フェデ張り試した中で一番気に入りました。尖ってる時点で最悪ですけど。

しかし400球近く打ってノッチは意外にもちょっとぐらいしか入らなかったのでもうこれで良いと思う。

名前がタフだしね、頑張ってデビルスピンに耐えてもらおう・・・。

 

テニスの調子は、相変わらずバックアウトばっかだけど数打って安定して入れるコツが見えたような見えなかったような。

ラリーで決定打を出せなくて自滅パターンが多いけど、考え方変えて強打で粘るって風にしていけば何か変わるだろうか。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:52 | コメントをどうぞ

猪苗代

 

言うまでも無いですが今日の雪は大変でしたね。

電車は悉く運休、駅には長蛇の列、電車は満員超えて詰め合わせ。

学生時代は雪と聞いてウキウキしたものですが、社会人一年目初の今日の雪はキツかった・・・。

という事で、画像通り電車に乗ってそのまま猪苗代湖に高飛びしたという訳でもなく、仕事が待っているのでちゃんと会社に行ってきました。

今日雪道歩いてまず思い浮かんだのが丁度昨年に旅行してきた福島の猪苗代町。

初めての東北、初めての雪国に挑んだ自分でしたが、着くなり猛吹雪に晒されるわ19時なのに店は閉まってるわスマホの電池切れるわで恐怖を感じながら彷徨ったのを今も鮮明に憶えています・・・ :34 怖~い:

携帯充電器のケーブルもこんな時に限って接触不良になって、駅の近くにコンビニも無い、地図もスマホ任せにしていてもう駄目かと思ったあの経験があったおかげで今日の寒さと悪路は頑張れました(電車のすし詰めはちょっと・・・ :90 しずく:

 

 

初東北初日は雪に危うく埋もれかけ心に大きな傷を負ったのですが、翌日の朝の周囲の景色を見て雪の魅力に一気に惹かれました。

こんな景色は神奈川じゃ見れないですしビックリしました。

また雪景色を見に行きたいと思っていましたが長期休暇は過ぎてしまった・・・

最近遠出していないから土日丸々使うのも良さそうだけど大会入れちゃったし、来年かな雪国。

 

ちなみに昨日張りたてのガットは当然まだ打ってないです。

明日スクールだけど打てるのかな。

打ちまくりたい願望がガットへの興味も合わさってやる気満々だぞ。

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:39 | コメントをどうぞ

タフガット

試合に負けたショックがどうしてもこびり付いていて・・・

やってしまいました、パシフィックのタフガット16L、開封です。

レンコン使いこなそうって言ってたのに一貫性が無さ過ぎですね。

クロスガットをデビルスピンにして反発力によるアシストが欲しかったんです・・・あとレンコンやっぱり動き悪いし・・・。

かくしてガットを固定して大会へ臨むという計画は早速頓挫したのであった。

大会まであと二週間、トアルソンとの相性の良さを信じます、ええ・・・レンコンもトアルソンですねはい。

 

タフガットはナチュラルカラーを選びましたが、色合いがレンコンのイエローとそっくり。

日本の代理店だとコパーとアンバーゴールド、パシフィックのホームページではナチュラルとブラックの色があるそうだけど、アンバーゴールド気味ですな。

とうとうデビルスピンと組ませちゃって耐久性が気になるところ。

触ってみると案の定クリップのレジェンドよりは傷が付きやすい・・・レジェンドが頑丈だったんだろうけど。

 

 

カテゴリー: 未分類 | 投稿者クレー 23:22 | コメントをどうぞ