日別アーカイブ: 2015年9月9日

映画『カリフォルニア・ダウン』公開無期限延期の理由

5月30日に日本で公開予定だった、ドウェイン・ジョンソン主演の『カリフォルニア・ダウン』は、配給のワーナー・ブラザース映画から公開延期が発表された。延期とはいっても、このまま公開は「中止」になる可能性もある。
この映画は、カリフォルニアで起きた巨大地震を背景に、ドウェイン演じるカリスマ的レスキュー隊員の超人的活躍を描くパニックアクション大作。『カリフォルニア・ダウン DVD』ドウェイン主演だから、ある意味、分かりやすいエンターテインメントでもある。
まあ、粗筋という粗筋もなく、カリフォルニアを通るサン・アンドレアス断層で史上最大規模の地震が起き、レスキュー隊員のドウェイン”ザ・ロック”ジョンソンが元嫁と娘を救うため大活躍するだけ。しかしそこが本作の最大の問題点で、ドウェイン・ジョンソンはレスキュー隊員なのに自分の家族のためにしか動かない。
 というのも、カリフォルニアで大地震が起こる直前、お隣ネバダ州で規模の大きな前震が起きてドウェイン・ジョンソンは被災地にレスキューに行く任務にヘリで向かっていたが、カリフォルニアで大地震が発生すると元嫁から「助けて!」と連絡が入る。するとドウェイン・ジョンソンはあろうことかそのままヘリを旋回させてカリフォルニアへ元嫁を救いに帰ってしまう!
そりゃレスキュー隊員だって人間だもの、自分の家族が心配なのがわかる。でもドウェイン・ジョンソンに救護要請を出してたネバダ州の人たちはどうなるんだよ!しかも自分の代わりにバックアップを頼んだ様子もないし、大体ヘリだって私有物じゃなくてレスキュー隊のものだ。それ立派な公私混同だろ!
地震や津波の映像が衝撃的だから、と考えていいだろう。ただ、『カリフォルニアダウン DVDラベル』にそのような映像が出てくるのは、もともと分かっていたことであるし、東日本大震災から4年以上が経過した現在、このタイミングで上映延期を決めたことは、ギリギリまで各方面の意見を聞いたワーナー側の、舞台裏での苦心が想像される。ちなみにネパールでの大地震は今回の公開延期には無関係と考えられる。その場合、対応にもう少し時間がかかるからだ。
ワーナー・ブラザース映画は、東日本大震災の際に、上映中の『ヒア アフター』を公開中止にした経験がある。2011年2月19日から日本で公開されていた同作は、劇中に巨大な津波が出てくることから、3月11日の震災を受け、同14日に劇場での上映が打ち切られた。同作はDVD発売の際にも注意書きが入れられるなど、配慮がなされた。
カテゴリー: 未分類 | 投稿者anna00 15:34 | コメントをどうぞ