SUPER JUNIOR シウォン「覆面検事」犯人で特别出演

チュ・サンウク×キム・ソナとラブコメディに長けている2人が共演することで話題を呼んだ本作。
「アイドゥ・アイドゥ~素敵な靴は恋のはじまり」以来、3年ぶりのドラマ出演となったキム・ソナはカリスマ性溢れる目力で刑事役を好演。もちろん、得意のラブコメ演技も見どころ。
20日に初放送されたKBS 2TV水木ドラマ「恋はドロップキック!~覆面検事~」が刑事チーム長(キム・ソナ)の前で取り調べを受けるシーンで始まった。
同シーンで被疑者は「僕は1ヶ所でだけ泥棒してそこで捕まってしまったんだ。信じて欲しい」と無念さを示した。続いて彼は「このように何も話さずただ座らせておくのは、人権侵害ではないか」と訴えた。
実はこの被疑者の父は、検察部長の大学同期の義弟の息子だったのだ。実際は何ら関係もない間柄だが、いわば“コネ”が依然として通じることを示した。
キム・ソナは彼の解明にも編み物をしながら聞く耳を持たなかった。被疑者は「黙秘権は犯人が行使するものではないか。どうして刑事が黙秘を行使する」といらつく姿をみせ、結局は「ここ、ここだけ以外は全部泥棒した」と自供した。春の輪舞曲 DVD
「覆面検事」は腕力は本能、知らんぷりはオプションの俗物検事ハ・デチョル(チュ・サンウク)と、定義は本能、知性はオプションの情熱あふれる感情捜査官ユ・ミニ(キム・ソナ)の活躍を真剣ながらも愉快に描くドラマで、キム・ソナとチュ・サンウクの共演だけで期待と関心を集めた。二人とも信頼して見られる、優れた演技力を持つ俳優で、特にラブコメジャンルに長けているためだ。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者anna00 18:07 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">