中国時代劇「皇貴妃の宮廷」 第3話 あらすじ

李惠民(レイモンド・リー)が監督する中国時代劇。
チャンネル銀河では、清朝を黄金時代へと導いた順治帝と、漢民族出身の皇貴妃が紡いだ愛の物語「皇貴妃の宮廷 DVD」を日本で初放送します。
夭逝した賢帝・順治帝(じゅんちてい)と漢民族の娘・董小苑(とうしょうえん)の苦難に満ちた愛の日々を描いた宮廷歴史ドラマ。満州族によって打ち立てられた清朝の宮廷に迎え入れられた漢民族出身の董小苑。漢民族の人間が入宮することが禁じられていた時代に、彼女は順治帝の寵愛を一身に受け、皇貴妃にまで上り詰める。嫉妬と敵意、陰謀の渦に巻き込まれながらも、順治帝との愛を貫いた1人の女性の物語です。
 「皇貴妃の宮廷」第3話 あらすじ
激しい腹痛で倒れ、意識を失っていた敬(けい)妃・果珍(グオチェン)が目を覚ました。織姫の祈り DVD 彼女に伝えられたのは、順治(じゅんち)帝との間に授かった子供を流産したという残酷な現実だった。しかし、流産の原因だという毒に関しては全く心当たりがない。敬妃は心を痛めながらも、事件の調査に協力するよう、馮(ひょう)侍医に指示を出すのだった。一方、流産の知らせは蘭(らん)貴妃・霊珠(リンチュウ)にも伝わり・・・。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者anna00 17:21 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">