超現実主義の青春「青春時代」12月日本初放送

女子大生の溌剌さを期待していたら間違いだ。超現実主義で描かれている青春が、多くの人々から共感を得られると期待される。
22日に韓国で放送されたJTBC金土ドラマ「青春時代2 DVD」第1話「出発線上の怖さ」では、シェアハウスに入りハウスメイトたちと出会ったウンジェ(パク・ヘス) の話が描かれた。
この日の放送は、大学の入学のためにシェアハウス「ベル・エポック」に入ったウンジェ(パク・ヘス) の物語でスタートを切った。全てのスタートはわくわくするより怖いと話した彼女は、思ったより冷たいハウスメイトたちにがっかりした。
待ちに待っていた初めての登校も特別ではなかった。オリエンテーションに来なかったウンジェを除いた新入生たちは、もう仲良くなっている状況だった。しかもハウスメイトたちも年下のウンジェを密かに無視して見下ろした。お金の花 DVD
「青春時代」はシェアハウスで同居生活中の今どき女子大生5人が主人公。性格はもちろん、男の好みも、趣味も、価値観も違うが、自分もしくは友達が一度は経験したことのある恋愛エピソードや、夢と将来に悩むリアルな“青春時代”を描き、大きな共感を呼んで話題となった作品だ。
日本でも人気の高いKARA出身のスンヨンのほかに、エターナル DVD 2013年に百想芸術大賞映画部門・新人女優賞を受賞した演技派ハン・イェリなど、実力のある若手女優たちがキャスティングされた。

カテゴリー: 未分類 | タグ: , | 投稿者anna00 17:19 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">