INFINITEソンヨル主演「憎くても愛してる」3年ぶりにドラマ復帰

INFINITEのソンヨルが地上波ドラマの初単独主演に抜擢された。
憎くても愛してる DVD」は幼い頃から波乱万丈な人生を生きてきた女性が、結局すべてを失って新しくスタートした時期に皮肉にも人生の花を咲かせるストーリーを描くことで、人を支える最も大きな価値は血縁でも法律でもない、まさに人間同士の情で愛だというメッセージを伝えるヒューマン家族ドラマだ。
KBS 1TVの新毎日ドラマ(月~金まで放送されるドラマ)「憎くても愛してる 」の制作発表会が9日午後、ソウル永登浦洞(ヨンドゥンポドン)タイムスクエアで開かれ、パク・ギホプロデューサー、INFINITEのソンヨル、ピョ・イェジン、ハン・ヘリン、イ・ドンハ、ソン・オクスク、イ・ビョンジュン、パク・ミョンシン、キム・ボムレが出席した。
この日ソンヨルは3年ぶりにドラマに復帰する覚悟を聞く質問に対し、花遊記 DVD「こんなに素敵な作品の主人公を演じさせていただくことになり、責任感を感じているし、一生懸命頑張らないとしか思っていない」と答えた。
続いて「実は僕は6年前にある作品でソン・オクスク先生の息子役を演じたが、今回は義理のお母さん役で再会した。オクスク先生のおかげで気楽に演技に臨んでいる」と親近感をアピールした。
ホン・ソクピョ役:ソンヨル(INFINITE)
ジーニアス化粧品のCEO、現在はジーニアス ビューティーセンターの下っ端職員。 再会した世界 DVD 働いている両親、特に忙しい母親のせいで‘母親からの愛情’を知らずに育った。そのせいか、誰かと親しくなることに過敏に反応する。彼にとって母親とは他人よりも劣る、‘仇’のような存在だ。 創立者である母親のおかげでジーニアス化粧品のCEOになり、会社を大きくすることに。しかし、恐慌性障害が出始め彼の未来に暗雲が立ち込める。弱り目に祟り目で、横領罪の濡れ衣を着せられ懲役1年、執行猶予2年を言い渡される。その後、判事に約束した通り、‘アンダーカバーボス’として会社に入り、働く中で運命の女性ウンジョに出会う。

カテゴリー: 未分類 | タグ: , | 投稿者anna00 15:23 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">