日別アーカイブ: 2019年8月27日

SBSドラマ「ドクター探偵」第10話 あらすじ・ネタバレ

韓国ドラマ「ドクター探偵」は社会の不条理を痛快に解決するドラマで、死は自然の翻弄ではなく人間の翻弄であり、死後、治療ではない事前予防が問題であるときその原因と真実を明らかにするため立ちあがるドクター探偵のストーリーを描く。

 

15日に放送されたSBSドラマ「ドクター探偵 DVD」10話では、テヨン(イ・ギウ)は娘のソリン(チェ・ユリ)のことで話すことがあると言ってジュンウン(パク・チニ)をチェ会長(パク・グニョン)の病院に連れてくる様子が描かれた。プリースト DVD

 

 娘が近くにいなければ、ジュンウンはチェ会長やミンに会うことができた。チェ会長はジュンウンに「うちの家族がこうして集まったのは3年ぶりだ」と話し始めた。ジュンウンは「本論からお話しを」とし、「TLの元嫁としてきたのではない」と冷たく答えた。レベルアップ DVD

 

 チェ会長はミン(リュ・ヒョンギョン)に脅迫文を持ってこさせた。ジュンウンは自分が脅迫犯にされそうな雰囲気を察して「疑うなら最後まで疑いなさい。私を利用しないで」と言うと、ミンは「この封筒、姉さんが送ったものでないということを自ら証明しなさい」と言い返した。チェ会長はミンとテヨンを外に出した。テヨンはミンに「そこまでしなきゃならないのか」と言うと、ミンは「兄さんは昔からもみ消した」と言ってにらんだ。

 

 チェ会長はジュンウンに「脅迫されたのは私の弱点だ」と言うと、ジュンウンは「まだてんかんの薬を飲んでいるんですか」とし、「弱点で揺るがされると思わなかったんですか」と聞いた。チェ会長は「息子や娘が知らないことをお前は知っている」と言うと、ジュンウンは「そんなに信じているんですか」とし、「UDCの制裁を解除してほしい。TLにこれ以上、介入しないと約束して」と条件を出した。

 

 ジュンウンはテヨンに娘に会いたいと言うと、ミンがそれを止めた。その時ちょうどソリンが走ってきて、ジュンウンは「うちの子、ずいぶん大きくなったわね」と涙を流した。

 

 テヨンがジュンウンを家まで送り、脅迫状の中にあった髪の毛はソリンのものだと言った。ジュンウンは「ソリンは連れて行く」と言ったが、テヨンは「脅迫状のことが解決するまで俺が守る」と言った。

 

 ジュンウンは「これは私が解決する。だからソリンをちゃんと守ってほしい」と頼んだ。テヨンは病院に戻り、チェ会長に「私の子は私が守る。このまま黙っていない」と言った。
カテゴリー: 未分類 | 投稿者anna00 17:16 | コメントをどうぞ