日別アーカイブ:

鹿児島県Jrテニス選手権

鹿児島県のジュニア№1を決める「鹿児島県ジュニアテニス選手権」が開催されました。14才、12才以下クラスの選手達にとっては「九州」→「全国」へと繋がる特に大切な大会です。
ATAメンバーの結果は以下の通りでした。

 

<男子>

U16 ダブルス  優勝  堀口来夢

U14 シングルス 3位  辻陽平

U14 シングルス 4位  堀口心夢

U14 ダブルス  優勝  辻陽平・堀口心夢

U14 ダブルス  3位  濱田拳

 

<女子>

U16   シングルス     準優勝 深川智愛

U16   シングルス     3位  大渡菫

U16   シングルス     4位  元山果南

U16    ダブルス      優勝    大渡菫・元山果南

U16    ダブルス      3位     亀田菜月・重田結衣子

U16    ダブルス      4位  東みく・深川智愛

U14    シングルス   準優勝 元山未優

U14    ダブルス    準優勝 元山未優

kensenjr131
写真は表彰式後のATAメンバー達!
部門で優勝部門で準優勝という結果でした。

U16
中学3年生にとっては最後の「選手権」ですが、高校受験を控えているという事で例年、コンディション的にも難しい大会になります。そんな中、男子では堀口来夢が見事にダブルス優勝。女子では深川智愛がシングルス準優勝、東みくと組んだダブルスでもベスト4入りを果たしました。

ATAの練習に来るようになった頃はまだ小さな小学生だった来夢と智愛の成長振りを改めて感じることが出来てとっても嬉しかったです。由貴、みくを加えたメンバーは皆頑張り屋さんですので高校でも頑張ってくれることでしょう!

今夏の全国大会にフル参戦した西中ワイルド女子軍団(菫、果南、結衣子、菜月)は実力通りの勝ち上がりを見せてはくれましたが、夏のピーク時に比べるとプレーの質は60点位で全体的に「隙」を見せる機会が多かったなぁという印象でした。

ダブルスも大逆転して優勝したのにちょっと辛口ではありますが、全国で勝つ事が目標になっているはずのワイルド女子達ですのであえて叱咤激励ということで!今後の日々の取組みに期待したいと思っています。

U16世代にとっては、2月のMUFGジュニア県予選(優勝者は全国)が次の目標になると思いますのでそこに向けてしっかりと練習をしていきましょう。

 

U14
九州大会の出場権が懸るだけに必然と熱の入ったゲームが多くなります。

女子では元山未優がシングルス、ダブルス共に準優勝を果たしました。早生まれの未優は今回もU12にも挑戦できましたが、本人は迷わず上のU14に出場。「九州・全国の事を考えると・・・・」なんて思ってしまう私の考えなんて未優にとっては小さな事のようです。

小学校3年生から指導している未優はここ最近、体だけではなく心もプレーも少しずつですが大人になってきています。いつもちょっかいを出される姉さん達(ワイルド女子軍団)の全国フル参戦に良い刺激を受けたかな(笑)

男子では「九州ジュニアU12・5位」の辻陽平、堀口心夢ペアが体が一回りも二回りも大きい年上ペアとの連戦・激戦を制しての価値ある優勝を果たしました。

シングルスで悔しい思いをした後の二人の取り組む姿勢・粘り強さに今回も心を動かされた私。。。

3人ともまだ「U14 一年目」で九州大会を勝ち上がるのは簡単ではありませんが、この3人なら「沖縄で力を発揮できるのでは!」そんな予感をさせる頑張りでした。

九州大会までの時間は限られていますが「あわてず・あせらず・あきらめず」日々の練習を頑張って行きたいと思います。

 

ATAメンバーだけでなく鹿児島の皆でチバりよ―!!!

カテゴリー: ATA | 投稿者Arimura 11:45 | コメントをどうぞ