日別アーカイブ:

九州Jrマスターズ

初打ちを行った翌日から佐賀の地にて「九州ジュニアサーキット マスターズ」が開催されました。

ATAからは予選大会を勝ち抜いた7名の選手達(内田大喜、山方佳乃、大渡菫、元山果南、辻陽平、堀口心夢、元山未優)が佐賀の地に立つことが出来ました。
この大会はすべて3セットマッチで行われる唯一の九州レベルの試合で優勝者には夏の九州ジュニア(本番)への切符を手にできます!
九州Jrマスターズ2014

16才以下女子 複 準優勝    大渡菫・元山果南

昨年のU14優勝に続いての連覇を狙いましたがファイナルタイブレークの末に惜しくも敗退し準優勝でした。。。チームとしても昨年の同種目決勝でファイナル4-1から惜敗した英凪紗・芦浦里奈ペアのリベンジも果たして欲しかったですが。。。

接戦でしたので出来ることならば勝たせてあげたかったですが、レベル(年齢)が上がるほど接戦が多くなるのは「必然」で勝敗を分けるのは本当に「僅かな差」である事を体感してもらえたのは収穫だったと思います。(U16一年目ですし上出来と言っていいのではないでしょうか!?)
このペアは昨年の「夏の全国大会シリーズ」もフルで参戦(悔しさも経験)していますので本人達には「後悔のないように」取り組んでくれればと思っています。夏はアッという間にやってくるぞー!!

 

18才以下男子 複 優勝  岡村浩太(鳳凰高 OB) 

OBの岡村浩太が牧田昂也(鳳凰高)と組んだダブルスで見事に優勝を果たしました!
浩太おめでとう!!
これで昨夏の内倉鉄平(鳳凰高)との「ATAコンビ」で手にした「九州ジュニア優勝」に次ぐ二つ目の九州タイトルを手にした事になります。

優勝という「結果」は勿論大切ですが、私はそれ以上に彼の「テニスに賭けている 生き方」を指導者として、そして元選手として誇りに思っています。
「練習は絶対に嘘をつかない!」
努力している事は、いつの日か必ず報われますし、テニス以外の人生にも大きく役立つはずですので「悔いの無いように」最後まで駆け抜けて下さい!!
少し遠くからですが見守っています。

 

南日本新聞2014.1.5エミリちゃん

1月5日㈰の南日本新聞に妻の「バレエの教え子」桑木栄美里さんの記事が掲載されていました。(以前にも紹介された事があります。)

先天的に左目が見えない彼女は、県内屈指の進学校に通いながら毎日夜11時近くまでバレエに取り組んでいます。(テスト期間中でも休まないそうです。)

一切言い訳をせずにハンディキャップを克服していく姿(しかも性格が超明るくてカワイイ)には今でも心を打たれますし、小さい頃から一緒の仲間達(私の娘も含む)にも「努力の大切さ」を無言で教えてくれているように思います。
(その影響を大きく受けている娘は昨日まで福岡で開催されていた「バレコン福岡」で一位を獲得しました)

「良い連鎖」ってこれからの若い人達には特に大切ですよねぇ!!
一度テニスの教え子達にも見て欲しいなぁーと思っています!

カテゴリー: ATA, バレエ, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 12:03 | コメントをどうぞ