恩師 来鹿

在米時代の「恩師」嶋田高司博士が、一時帰国の合間をぬって鹿児島まで会いに来て下さいました。

19 嶋田さん2(ウチの息子と嶋田さん)

嶋田さんは、

「ATPツアーダブルス3勝」、「シドニー五輪・デビスカップ日本代表」だった

トーマス嶋田(現 日本代表コーチ)プロのお父様でもあります。

TomShimada-11(左は私、右がトミー)

20年以上前、

米国ヒルトンヘッドにあるVan Der Meer Tennis Academy(世界3位だったクッツァー等のトッププロや全米オープJr.覇者等のトップジュニアが多数在籍)で日夜コーチ修行に励んでいた私を日本人だと知って声をかけて下さって以来の関係です。

私的には恩師というよりも「アメリカのお父さん」という感じです。

19 嶋田さん1

8年振りの再会!!

僅か一日の鹿児島滞在でしたが…
わざわざ「純吾(ウチの息子)の試合を見たい」と会場へ足を運んで下さった事にも感謝の気持ちでいっぱいです。

嬉しく・楽しく・美味しく!!!
とてもハッピーな時間…

今でも嬉し涙が出そうなくらい。。。

19 嶋田さん3(嶋田さんの著書)


カテゴリー: ATA, 海外テニス | 投稿者Arimura 22:49 | 2件のコメント

コメント(2)

  1. ケン!!!先日は本当に楽しかったよ。有難う。
    デビスカップの変革について・・・
    賛否両論ありますが、僕は肯定派かな。
    今後は新規に同じようなフォーマットで始まったATPカップとの統合が理想的かもしれません。
    日本人がトップ100にドンドン入れるのは・・・
    壁を破り続けている錦織圭の存在がある事と
    世界を知る指導者(試合の回り方や練習相手のアレンジ等)が育ってきている事があると思います。

    Arimura Arimura より: 16:33
  2. それは純太郎さんの人徳でしょう。質問ですが新方式のデビスカップはテニス界にとってどう思いますか?あと最近日本人が100位以内にドンドン入る理由は?今後も鹿児島のテニス界発展の為に頑張って下さい。

    名古屋から愛を込めて より: 10:15

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">