カテゴリー別アーカイブ: バレエ

錦織惜敗 穂積・加藤8強

真夏のオーストラリア・メルボルンで開催されている全豪オープンテニス

昨夜の男子シングルス4回戦錦織圭選手と「現役レジェンド」ロジャー・フェデラーの戦い、本当に素晴らしかったですねぇ!!

17 AusOP-federer1(Wilson Tennis フェイスブックより)

日本人ですから錦織選手に勝って欲しいのは当たり前ですが、ケガで半年振りに復帰した35歳の事もどこかで応援していました。

男女の第1シードがベスト8に残らない波乱の大会から目が離せないですねぇ!

 

日本勢では、女子ダブルスの穂積絵莉加藤未唯ペアが、第4シードを撃破し見事にベスト8進出!!

17 AusOP-hozumikato1(ai Sugiyamaフェイスブックより)

二人は、私の教え子とJr時代に戦っていた間柄なだけにグランドスラムの舞台で頑張っている姿は胸に突き刺さりますねぇ(涙)

穂積選手をジュニア時代から現在まで指導しているのは、柳川で苦楽を共にした梅田邦明コーチ。本当に素晴らしいですね!

S級14DEC-チーム柳川

(写真は、「チーム柳川」で集合した時のもの。左から私、梅田コーチ、植田デ杯監督、岩渕デ杯コーチ)

おめでとうバイデン!引き続き世界の舞台で頑張ってね!!

 

 

プライベートな事ですが、メルボルン繋がりという事で・・・

1娘が、二年目の武者修行に単身旅立ちしました。

17 karina.jan20

海外での生活、猛練習に加えての外国人との寮生活(しかも6人部屋)。親には言えないことも色々とあるはずです。

「可愛い子には旅をさせよ!!!」・・・頭では理解していますが、未だに本音は逆だったりします(涙)

娘のバレエ学校は全豪OP会場から徒歩10分。

便乗して行くしかないか!!

カテゴリー: バレエ, 海外テニス | 投稿者Arimura 12:07 | コメントをどうぞ

オーストラリア!!

  一年で最初のグランドスラム・イベント「全豪オープン」がオーストラリア・メルボルンで開幕しました。
AO-park(AustralianOpen Facebookより)
大会の本戦には錦織圭、ダニエル太郎、西岡良仁、伊藤竜馬、杉田祐一の5名の日本人男子と日比野菜緒、土居美咲、奈良くるみ、大坂なおみの4名の女子が出場するという日本人としては何とも誇らしい大会にになっています。

AO-16itoAO-16daniel
(AustralianOpen Facebook , ダニエル太郎Facebookより)

その中で第7シードの錦織選手、奈良選手、大坂選手の3人が初戦を突破!
錦織選手は先ほど行われた2回戦でIMGアカデミー時代のルームメイトA・クライチェックにストレート勝ちし3回戦進出も決めました。
素晴らしいですね!!

AO-16nishikori1(AustralianOpen Facebookより)

アジア太平洋に根差した大会なだけに例年日本勢のみならずアジア勢の頑張りが目立ちます。今後が楽しみですねぇ!
時差がないので寝不足にはなりませんが、仕事中で試合をTV観戦できないなぁ・・・・(笑)

 

テニスの話ではありませんが・・・

3娘、全豪OP会場近くにあるThe Australian Ballet School(オーストラリア バレエ学校)に入学する事になりました。最長4年間の予定で明日旅立ちます!

15歳での海外寮生活は大変だと思いますが、同校出身でパリ・オペラ座で活躍されているオニール八菜さんのような素晴らしいダンサーに少しでも近づけるよう邁進してもらいたいです!! (と言いながら元気で生き生きとしていればそれで良かったりもします)

AustralianBS-1(The Australian Ballet School Facebookより)

また今回の留学に至るまでには中学校の先生方の御理解と格別の御配慮もありました。このように温かく支えて下さっている方々の為にも頑張って欲しいです!!(先生方、本当に有難うございました。)

私も明日から寂しくなりますが、ウチ(ATA)にはチョット手がかかるけど元気で前向きなテニス娘達もいるので寂しがっている暇はなさそうです(笑)
こちらも目標に向かって日々頑張って行こうと思います!

 

カテゴリー: バレエ, 海外テニス | 投稿者Arimura 12:10 | コメントをどうぞ

トロント便り

昨日まで カナダ・トロントで開催されていた男子ツアーのマスターズ大会「ロジャーズ・カップ」でロジャー・フェデラーが待望のウイルソンNEWラケットを手に登場しました!!
 
(画像は全てウイルソンFacebookより)

フェデラー新ラケット14-3

フェデラー新ラケット14-1

赤・黒の超格好いいデザインですね!

フェデラー新ラケット14-2

 新ラケット初戦も準優勝と好調な滑り出しです。

USオープンが楽しみになってきました!!

 

フェデラーも活躍したカナダ・トロントにある「カナダ国立バレエ学校」から中2の娘が戻ってきました。

カナダ国立バレエ―看板
 ケベック州を抱えているお国事情もあり、看板も英語とフランス語で表記されています。

 カナダ国立バレエ学校1

「国立バレエ学校」であるにも関わらず日本人の娘に奨学金(受講代・食事代・宿泊代)を出して下さったカナダという国の懐の大きさに心から感謝しております。

カナダ国立バレエ学校-バレエレッスン

学校は超近代的で運営システムがしっかりしていたようです。

カナダバレエ学校―寮外観2

特に寮の管理は素晴らしいようで金銭的な管理から休日の外出に至るまで、生徒の年齢に応じて事前の届けや当日の報告をしっかりとさせていたとの事。

今回学校で出会った日本人は僅か二人(17歳と13歳)で同じクラスにも寮の同部屋にも日本人がいないという環境だったようです。

カナダ国立バレエ学校-全員2

僅か1カ月の期間でしたが、最初は少しホームシック気味だった娘が帰ってくる頃には「まだ残りたかった!」というような成長をみせてくれました。子供って凄いですね!!

 カナダ国立バレエ学校-全員1

 私はバレエのスキル上達も大切だと思っていますが、それ以上に身につけて欲しいのは自立心です。(娘を持つ父親としては寂しい気持ちもありますが)
その自立心を養うためには「子の親離れ」というよりも「親の子離れ」の方が大切なのかなぁと今回も感じさせられました。

 カナダ国立バレエ学校-先生

今回の留学で、娘は2015年夏から1年間の留学を許可されました。

これから娘がどのような選択をしていくのかは親の私にすらわかりませんが、このような経験を積み重ねて自分の人生を切り開いて行って欲しいと思います。

カテゴリー: Wilson Team, バレエ | 投稿者Arimura 12:14 | コメントをどうぞ

ウインブルドン 錦織ベスト16進出

ウィンブルドンで日本のエース錦織圭WTEAM)選手がボレリ(イタリア)との3日がかりの大接戦を制し、ベスト16入りを果たしました。

ウインブルドン14‐錦織ボレリ1

勝利が決まった瞬間にみせた派手なガッツポーズ!久しぶりに見ましたね!?それだけタフな戦いだったということだと思います。

あの派手なガッツポーズを見て2010年「下部ツアー」サラソタCHでブライアン・ダブルに勝って優勝した時を思い出しました。
怪我による1
年間の長期離脱から復活し数試合目の大会でこの優勝により全仏OP本戦を決めました。あの時は本当に嬉しかったですね!(少しマニアックでゴメンナサイ。。。)

 ウインブルドン14‐錦織ボレリ2

 錦織選手のベスト8入りを掛けた4回戦の相手は第9シードのラオニッチ(カナダ)。

2012年の楽天OP決勝で破っている相手ですが、芝コートが得意!しかも今大会絶好調で何と1ゲームもサービスゲームを落としていない超強敵です。

でも松岡修造さん以来のベスト8入りを期待しちゃいますよねぇ!
修造さんが活躍した当時(1995年)私は社会人2年目、福岡の1Kアパートの小さなTVを食い入るように観て応援していたのを思い出します。

神様、今回も「ウインブルドンのぼせ」をお許しください(笑)

 

 

 

テニスねたではありませんが……

昨日、中2の娘が「カナダ国立バレエ学校」に向けて出発しました。

学校からは1か月のフルスカラシップ(レッスン費・寮費・食費)を頂いていて本当に感謝感謝です(涙)

今回心強いのは、私の父(82歳)と母が同じトロントで開催される会議出席の為、往路(行き)が独りでない事です。
トロントの空港でお別れになりますが、双方にとって良い思い出になるのかなぁと思います(^-^)v

 花梨カナダ14出発

トロントは「鹿児島県人」川崎宗リン(MLBブルージェイズ)も活躍している場所ですし行ってみたいなぁ!!!

 

カテゴリー: バレエ, 海外テニス | 投稿者Arimura 12:22 | コメントをどうぞ

旅立ちの日

春になると新しい出会い、そして別れがあります。
鹿児島の地から羽ばたいていくATA古株の二人が練習に顔を出してくれました!!

福永雛乃2014-03
中1から高3までの「6年間」をATAで過ごした福永雛乃は、今春より駒澤大学へ進学します。
入ってきた時は本当に小さくて、まだ140センチに満たない身長でラケットに振り回されている印象が強かった雛乃でしたが、誰よりも必死にボールを追いかけ続け、全日本ジュニアにも2回出場トヨタJr全国2回)するような選手に成長しました。

12alljapnjrhinano
まさに「小さな巨人!」
自分の限界のリミッターを切れる希少稀な選手だったと思います!
一緒に遠征に行く事も多かったですし、ガチでぶつかり合うことも少なくなかっただけに自分にとっては、もう一人の娘のような存在でした。そしてあの天真爛漫なキャラクター・・・・・(笑)
そんな雛乃がいなくなってしまうのは本当に寂しいですが、これからの彼女の活躍に期待したいと思います。

雛乃頑張れよ!故郷からマジで応援しているからな!!!!

 

 林田誠2014-03
まだ声変わりもしていない小5の頃から中3までをATAで過ごした後、テニスの「強豪」柳川高校へ進学した林田誠は今春より東海大学へ進学します。

一緒に小5から入った時岡悠(鶴丸高)とは対照的?に物静かで優しい子でした。
(悠も優しい奴です!決して物静かではないですが・笑)

在籍中には、県タイトルは総なめにし、九州選抜ジュニアではダブルス制覇するなど非凡な才能を随所にみせてくれました。

物静かで優しいテニス少年だっただけに猛者達が集まる柳川に進学した時は少し心配もしましたが、タフな生活を乗り越えて最終学年では「全国センバツ」のメンバーに抜擢され準優勝を果たしました!
全国センバツ高校2013-柳川
全国準優勝」でも悔し涙が出てしまうのは、柳川で猛練習に明け暮れた人間にしかわからない事かもしれません。。。  (※良いか悪いかは別です)

大学では、柳川OBの梅田コーチの下、同じくATA出身の池之上理宇と一緒に頑張ってくれると思います。

誠頑張れよー!古豪を復活させろよー!!!!

 

 

 バレエねたですが・・・・・

karina-berlin14-1
2月に「ベルリン国立バレエ学校」に短期留学した中1の娘になんと「1年間の奨学金(全額免除)授与」の通知がきました!!
(現地に行ったメンバー全員にテストが課されていた事を後日知りました。そんな大切な事を親は知らず・・・苦笑)

 このようなチャンスを頂けた事は大変光栄なことで本当に有難いですが、娘はまだ13歳!
(私は15で親元を離れ、その後海外でも生活した経験がありますが、そう簡単ではないのかなぁと。。。)

勿論、娘の希望を第一に考えて結論を出して行こうと思っています!!

7月には「カナダ国立バレエ学校」から1カ月間の奨学金(全額免除)を受けていますので決断はその後になるかもしれません。

 

 

20年前に「ベルリンの壁」の欠片を買ったけど本物だったのかなぁ?!

現地で実際に歴史的な「壁」を見てみたいなー(笑)

 

カテゴリー: ATA, バレエ | 投稿者Arimura 12:04 | コメントをどうぞ

九州Jrマスターズ

初打ちを行った翌日から佐賀の地にて「九州ジュニアサーキット マスターズ」が開催されました。

ATAからは予選大会を勝ち抜いた7名の選手達(内田大喜、山方佳乃、大渡菫、元山果南、辻陽平、堀口心夢、元山未優)が佐賀の地に立つことが出来ました。
この大会はすべて3セットマッチで行われる唯一の九州レベルの試合で優勝者には夏の九州ジュニア(本番)への切符を手にできます!
九州Jrマスターズ2014

16才以下女子 複 準優勝    大渡菫・元山果南

昨年のU14優勝に続いての連覇を狙いましたがファイナルタイブレークの末に惜しくも敗退し準優勝でした。。。チームとしても昨年の同種目決勝でファイナル4-1から惜敗した英凪紗・芦浦里奈ペアのリベンジも果たして欲しかったですが。。。

接戦でしたので出来ることならば勝たせてあげたかったですが、レベル(年齢)が上がるほど接戦が多くなるのは「必然」で勝敗を分けるのは本当に「僅かな差」である事を体感してもらえたのは収穫だったと思います。(U16一年目ですし上出来と言っていいのではないでしょうか!?)
このペアは昨年の「夏の全国大会シリーズ」もフルで参戦(悔しさも経験)していますので本人達には「後悔のないように」取り組んでくれればと思っています。夏はアッという間にやってくるぞー!!

 

18才以下男子 複 優勝  岡村浩太(鳳凰高 OB) 

OBの岡村浩太が牧田昂也(鳳凰高)と組んだダブルスで見事に優勝を果たしました!
浩太おめでとう!!
これで昨夏の内倉鉄平(鳳凰高)との「ATAコンビ」で手にした「九州ジュニア優勝」に次ぐ二つ目の九州タイトルを手にした事になります。

優勝という「結果」は勿論大切ですが、私はそれ以上に彼の「テニスに賭けている 生き方」を指導者として、そして元選手として誇りに思っています。
「練習は絶対に嘘をつかない!」
努力している事は、いつの日か必ず報われますし、テニス以外の人生にも大きく役立つはずですので「悔いの無いように」最後まで駆け抜けて下さい!!
少し遠くからですが見守っています。

 

南日本新聞2014.1.5エミリちゃん

1月5日㈰の南日本新聞に妻の「バレエの教え子」桑木栄美里さんの記事が掲載されていました。(以前にも紹介された事があります。)

先天的に左目が見えない彼女は、県内屈指の進学校に通いながら毎日夜11時近くまでバレエに取り組んでいます。(テスト期間中でも休まないそうです。)

一切言い訳をせずにハンディキャップを克服していく姿(しかも性格が超明るくてカワイイ)には今でも心を打たれますし、小さい頃から一緒の仲間達(私の娘も含む)にも「努力の大切さ」を無言で教えてくれているように思います。
(その影響を大きく受けている娘は昨日まで福岡で開催されていた「バレコン福岡」で一位を獲得しました)

「良い連鎖」ってこれからの若い人達には特に大切ですよねぇ!!
一度テニスの教え子達にも見て欲しいなぁーと思っています!

カテゴリー: ATA, バレエ, 国内ジュニアテニス | 投稿者Arimura 12:03 | コメントをどうぞ

いざ西が丘!!  

東京・西が丘にある味の素ナショナルトレーニングセンターに召集されてきました。

詳細については記載できませんが、実りある時間になりました。(チームの皆さんには、後日内容紹介しますね!)私は自分の「役割」をキチッと理解して地方から少しでも貢献できるように頑張りたいと思います。

 

テニスとは関係ない話ですが・・・・

NTC前のバス停で中国の水球ナショナルチームと遭遇しました。(後で通訳の方に質問して聞いたのですが)

五星紅旗の入った赤いジャージを着ている大男達が大きな声で中国語を話す姿に、正直あまり良い気持ちがしないまま一緒にバスに乗車しました。

次の停留所で年配の女性2人が乗ってきたところ、座っていた中国選手達は、サッと椅子から立ち、年配の方々に席を譲っていました。

イマドキの高校生が同様の事をしている姿を目にした時にも「捨てたもんじゃないなー!」と思いますが、今回も同じような気持ちになりました。

昨今、領土問題等で超ギクシャクしている日中の関係。どうにかならないかなぁ。。。

 

 

バレエねたですが・・・・

東京で開催されていた「ユースアメリカGP日本予選」に出場していた中1の娘に「ベルリン国立バレエ学校」から短期奨学金が授与されました。

娘的には「海外奨学金」よりも「ニューヨーク・ファイナル進出」が目標だったようですが、そこには届かずとても残念だったとの事。。。

私からすれば順風満帆のように見えますが、親子といえども当然感じることは違ってきます(笑)親としては、目標レベルが上がれば難易度も上がる厳しい実力社会だと思っていますので13歳らしく楽しむことを忘れないで邁進して欲しいなぁと思います。

yagp131

これで今年のモナコメルボルンに続いて、来年はトロントロンドンベルリンとお父ちゃんが行った事もない所へ娘は行ける事になりました。

私はバレエの事は、浅くしか分かりませんので余計な口は挿まずに親にしか出来ないサポートをしてあげるのみですね(笑)

 

カテゴリー: ATA, バレエ | 投稿者Arimura 12:18 | コメントをどうぞ