カテゴリー別アーカイブ: 国内テニス

全日本室内選手権

ATA出身の馬場早莉(プロ・フリー)が、第53回 全日本室内テニス選手権の女子シングルスにてベスト4進出を果たしました。

昨年の全日本選手権ベスト8に続いての大活躍に郷土の後輩達も勇気をもらえますねぇ!

活躍の様子は、「テニス365」にも掲載されていますのでアクセスされて下さい。

http://news.tennis365.net/news/today/201702/113432.html

インカレ1308

写真は、数年前の全日本学生選手権会場にてATA出身者達と。

右から馬場早莉(早稲田大→プロ)、西田浩輝(鹿屋体大→鹿児島銀行)、私、鮫島昴(早稲田大→みずほ銀行)。

最近、個々に連絡をとる機会があり、それぞれの場所で皆頑張っているとの事!

みんなのことを故郷より心から応援しているからねぇ!!

カテゴリー: ATA, 国内テニス | 投稿者Arimura 12:06 | コメントをどうぞ

デ杯 フェド杯

東京・有明で「デビスカップ ワールドグループ1回戦 日本VSフランス」が開催されました。

17 davisCupVsFrance1(写真はFFTフェイスブックより)

1981年以来36年振りに「テニス強国」フランスと対戦をした日本代表チーム!ホームで万全なメンバーで挑むかと思っていましたが、絶対的なエース錦織圭選手が全豪OP開幕前にまさかの欠場を発表…(涙)

植田実監督以下、西岡良仁(世界85位)、ダニエル太郎(同114位)、杉田祐一(同117位)、内山靖崇(同240位)の昨秋のウクライナとのWGプレーオフを勝ち抜いた選手中心の布陣で挑みました。

17 davisCupVsFrance4(写真は、JTA広報フェイスブックより)

対するフランスは、「元全仏オープン覇者」のヤニック・ノア監督の下、リシャール・ガスケ(世界18位)、ジル・シモン(同24位)、二コラ・マウ(ダブルス世界1位)とピエール・ユーグ・エルベール(同2位)、控え選手に同17位のリュカ・プイユという盤石の布陣で来日。

日本チームもベストを尽くすプレーはしていましたが、「強国」フランスとの差は正直大きく1-4で敗退。。。そんな中、内山選手が最終戦でエルベールから勝利を挙げた事は大きな収穫ではありました!

17 davisCupVsFrance3(写真は、JTA広報フェイスブックより)

試合前のセレモニーで監督・選手で肩を組み、フランス国家「ラ・マルセイエーズ」を歌う姿からは、国を背負う誇りと勇気を感じさせられ敵国ながら「いいなぁ!」と感じさせられました。

17 davisCupVsFrance2(写真はFFTフェイスブックより)

世界各国で開催された今回のワールドグループ1回戦では、世界5位の錦織圭選手だけではなく、多くのトップ選手達が「欠場」!

全豪オープン直後のスケジュール、長いシーズンを考えるとしょうがないのかと・・・

今後、デビスカップの歴史・威厳を保つためにも現在の方式(1年を通してのホーム&アウェイ、5セット5試合等)の変更も視野にいれなければいけない時期にきているのかなぁと思います。

そういえば「私と同世代の世界№1」ピート・サンプラスが現役時代に「ゴルフのライダーカップのように2年に一度」とか「五輪のように4年に一度」とかにした方が盛り上がると言ってたなぁ! もう15年以上前ですが(苦笑)

 

「テニス強国」フランスへの1年間のコーチ留学を経て、フェドカップ日本代表(女子)監督に就任した土橋登志久監督以下、大和なでしこ達(大坂なおみ・土居美咲・青山修子・穂積絵莉)は、極寒のカザフスタン・アスタナにの乗り込み「フェドカップ・アジア・オセアニア予選」に挑んでいます。

17 Fedcup-asia-tsuchihashi-san1(写真はJTA広報フェイスブックより)

現在予選リーグでインド、フィリピン、中国を撃破し見事に決勝戦進出!

決勝ではワールドグループ・プレーオフ進出をかけて地元カザフスタンと対戦します。

WG復帰に向けてガンバレー!!!!

 

 

私事ですが…

S級-植田さん・土橋さん(チーム柳川)

味の素NTCで「S級コーチ」認定証を受け取った際に上記二人の日本代表監督(植田実 デ杯監督土橋登志久  フェド杯監督)と御一緒させて頂きました。

お二人は「母校」柳川高校の先輩でもあり、十代の頃から尊敬する方々でお話しさせて頂いている時間は何にも代えられない格別のものです。

偉大な先輩方からの教えを胸に今後とも頑張ります!

引き続きご指導をお願い致します。

カテゴリー: ATA, 国内テニス, 海外テニス | 投稿者Arimura 19:45 | コメントをどうぞ

オフシーズン

テニスの世界ツアーは、束の間のシーズンオフのはずですが、現在世界各地では、エキシビションマッチが開催されています。

テニス選手のオフっていつなんでしょうねー(苦笑)

我らの錦織圭選手も例外ではなく

 11月20日   ロンドン ATPワールドツアーファイナルで2016年の公式戦終了

 11月26日   東京      日清食品ドリーム テニスARIAKEに出場

 12月24日   埼玉      IPTLにジャパン・ウォーリャーズのメンバーとして出場。

 とプレー。

 上記以外にも日本滞在中には「分刻み」のスケジュールでテレビ収録、CM撮影、スポンサー関連イベントに参加する等、ハードな仕事をこなしていたようです。

 現在は本拠地アメリカへ戻り、マイケル・チャンコーチ等と来年に向けてハードトレーニングに励んでいる錦織圭選手!!全豪OPが待ち遠しいですね!!!

話は変わりますが・・・

錦織圭選手の足元を支えるシューズが来年からナイキへ変わるというニュースを見ましたが本当でしょうか!?

16 IPTL-japan1(写真はIPTLフェイスブックより)

そのオフシーズンの目玉大会として開催されていたIPTL(インタナショナル・プレミアム・テニス・リーグ)が、資金難の為に苦境に立たされているようです。

過去3年、アジア各都市を舞台にジョコビッチマレーフェデラーナダルヴィーナスシャラポワアガシ等々「超豪華メンバー」が出場していましたが・・・・いつ見ても各会場に空席が目立つのだけが気になっていました。

16 IPTL-japan(写真はIPTLフェイスブックより)

大会フォーマットやルールなど大変面白いので存続してくれれば最高ですけどねぇ!!

アメリカを舞台に同じようなスタイルで40年以上も継続しているワールド・チーム・テニス(WTTって凄いんだなぁと改めて感じさせられます。

 

カテゴリー: 国内テニス, 海外テニス | 投稿者Arimura 16:18 | コメントをどうぞ

ドリームテニス ARIAKE

ドリームテニスARIAKEが先週末、東京・有明で開催されました。

東日本大震災の被災地支援を目的に始まった事業は今年で6回目を迎えます。

16ドリームテニス有明ー会場(Ai Sugiyama Facebookより)

今年も会場を埋め尽くす1万人のファンの前で錦織圭(世界5位)やアンディ・ロディック(元世界№1)、マイケル・チャン(元世界№2)、ダニエル太郎大坂なおみ等、超豪華メンバーが共演!!

16ドリームテニス有明ー集合

義援金を受け取っていたのは、「大学時代の恩師」浅沼道成先生(東北テニス協会理事長)でした!

先生が錦織選手やマイケル・チャン、ロディック等と一緒に映っている姿が嬉しくて嬉しくて。。。。

若かりし頃、馬鹿野郎だった私の事を公私ともに面倒を見て下さった先生には生涯、頭が上がりません(笑)

16いわて国体‐浅沼先生16いわて国体‐チーム鹿屋

今年の岩手国体で先生と!

大会の競技本部長を務められていた先生の下、監督として自分の教え子と共に出場できた事は本当に良い思い出です。(しかも初戦の相手は岩手でしたし!)

カテゴリー: 国内テニス, 海外テニス | 投稿者Arimura 12:14 | コメントをどうぞ

全日本選手権!!

91 全日本テニス選手権(賞金総額 2800万円)が「聖地」東京・有明で開催されています。

今年も日本一(天皇杯・皇后杯)を目指して熱戦が繰り広げられてられている中、

ATA出身馬場早莉選手が女子シングルスでベスト8入りする快進撃を見せています。

凄いぞ!!

16全日本ーサリ1(写真はテニス雑誌スマッシュFacebookより)

次戦(準々決勝)の対戦相手は、全米OP本戦ダブルスでも活躍した加藤未唯選手!

幼少時代からのライバル(同級生)との闘いが本当に楽しみですねぇ!!

 

サリー!!キバレよーー!!!!!

カテゴリー: ATA, 国内テニス | 投稿者Arimura 10:11 | コメントをどうぞ

リオ五輪 錦織 銅メダル!!!!!

よっしゃーー!!!!!!!
日本中が熱狂しているリオデジャネイロ・オリンピックで我らの錦織圭選手がやってくれました!

16リオ五輪-錦織・ナダル

「北京五輪 シングルスメダリスト」、そして今回の「リオ五輪 ダブルスメダリスト」のラファエル・ナダル(スペイン)との3位決定戦に挑み、大接戦を制し日本勢として96年振りのメダル獲得を果たしました!

16リオ五輪-錦織1

おめでとうございます(涙涙)

16リオ五輪-錦織2

それにしても錦織圭、マジ凄いです。。。。

 

16リオ五輪-チーム日本2

柳川の先輩である植田実さん(デ杯監督)、福井烈さんJOC常務理事)、土橋登志久さん(フェド杯監督)、そして私が尊敬する指導者の古庄大二郎さん・・・・「チームジャパン」の方々の姿が映し出された時には涙が止まりませんでした。。。。本当にお疲れ様でした!

16リオ五輪-チーム日本1

日本テニス最高!!!!!!!!!!

カテゴリー: 国内テニス, 海外テニス | 投稿者Arimura 10:02 | コメントをどうぞ

ウインブルドン・鹿児島宮崎対抗戦

ウインブルドンでは、過去一年間四大大会で負けなしだった王者ジョコビッチがS・クエリー(アメリカ)のビッグサーブ&強打にまさかの敗退。。。

wimbledon16-ジョコビッチ
(写真はWimbledon フェイスブックより)

そんな中、「日本の男女の両エース」錦織圭選手と土居美咲選手が揃ってベスト16に進出し、セカンドウィークに入っていきました。

錦織選手は「2014年全米OP決勝」の再現となるM・チリッチ(クロアチア)との一戦!
土居選手は、年初の全豪OPでマッチポイントを掴みながら惜敗した相手、A・ケルバー(ドイツ 全豪覇者)とのリベンジマッチに挑みます。

ユーロ2016との掛け持ち寝不足シリーズはまだまだ続きそうです(笑)

 

 

ウインブルドンから遠く離れた鹿児島・知覧では「鹿児島・宮崎対抗戦」が開催されました。

鹿宮対抗戦16‐表紙鹿宮対抗戦16‐開会式全体
今年で31回目を迎える伝統の大会では白熱した戦いが繰り広げられました。

ジュニアや高校生にとっては次週から始まる九州ジュニア、成年にとっては2週間後に開催される九州国体に向けての前哨戦と位置づけられる重要な大会となりました。

鹿宮対抗戦16‐円陣
試合前には、小学生から社会人、スタッフまでの「チーム鹿児島」で円陣を組み勝利を誓いました!!

鹿宮対抗戦16‐閉会式チーム鹿児島
結果は鹿児島県の勝利で幕を閉じました。

来週の九州ジュニア、再来週の九州国体に向けて弾みがついたのではないでしょうか!

本番までの時間は限られていますが、今大会で見つかった課題を出来るだけ修正して挑んで欲しいですね。

 

昨年は、ジュニアの選手達のファイトする姿が希薄で指導者や現役国体選手達から叱咤激励もありましたが、今年はかなり改善されているように感じました。

特に中学生の男女№1の選手が積極的に他の選手の応援をしたり、自らもプレーで奮起したりしてくれている姿が印象的でした。

ジュニア達が県代表としての自覚やプライドを持って大会に挑む事は、ジュニア達自身の成長、そして4年後の鹿児島国体を考えても本当にプラスですねぇ!!

 

鹿宮対抗戦16‐国体メンバー
今年の国体はこの布陣で挑みます。
大会には、関東学生シングルス覇者の澁田大樹(明治大)をはじめ、岡村修平(鹿屋体大)、古賀千遙(立命館大)、英凪紗(鹿屋体大)も招集!!

 

 

今大会を企画から運営までして下さった両県テニス協会の方々、早朝から深夜まで本当に有難うございました。

また今週木曜日から宮崎(九州ジュニア)でもお世話になります!

カテゴリー: 国内ジュニアテニス, 国内テニス, 海外テニス | 投稿者Arimura 12:03 | コメントをどうぞ

九州テニス選手権

福岡・博多の森

九州№1を決める伝統の大会「九州テニス選手権」が博多の森テニス競技場で開催されました。

今回は第90回記念大会!!
その伝統の大会の男子シングルスを制したのは「鹿児島県 国体選手」の澁田大樹(明治大学4年)でした。

16九州選手権ー澁田1

大樹おめでとう!!!

昨夏の関東学生シングルス覇者
和歌山国体では岡村修平(鹿屋体育大学)とのコンビで6位入賞の活躍もみせてくれました!

16九州選手権ー澁田2

学生最後の夏が楽しみになってきましたねぇ!

大樹、国体も頼んだぞーー。

カテゴリー: 国体, 国内テニス | 投稿者Arimura 20:55 | コメントをどうぞ

樋口杯(全日本予選)

伝統の樋口杯テニストーナメント(全日本選手権 鹿児島県予選)が好天の中、開催されました。
ATA関係の結果は以下の通りでした!

<男子>
岡村修平(鹿屋体大)    S準優勝
米田伊織(福岡大)     S ベスト8    D 優勝
西田浩輝(鹿児島銀行)  D 準優勝
岡村浩太(鹿屋体大)      S ベスト8  D ベスト4
片谷祥吾(鹿児島銀行)  D ベスト4

<女子>
英凪紗 (鹿屋体大)        S 準優勝  D 優勝
平原美咲(鹿屋体大)      S ベスト4     D 優勝

樋口杯16-チームATA
チームの
OBOGが、一般男女4種目全てで決勝進出を果たし、男子ダブルスと女子ダブルスで優勝!!男子シングルス、女子シングルスで準優勝という結果でした。
皆、本当におめでとう!!

昨年の和歌山国体で6位入賞を果たした岡村修平は、心身ともに本調子ではなかったかもしれませんが国体選手の名に恥じないプレーで接戦に次ぐ接戦を制して決勝進出を果たしました!
2週間後の国体予選!そしてその後の九州学生に向けて気づきのある大会になったと思います。ここから夏に向けてギアが上がっていくタイプですのでこれからが楽しみです。

樋口杯16-トリオ
今春、福岡大学に進学した米田伊織は帰省後、決勝前夜を含め連日ATAの練習に参加し後輩のジュニア達に胸を貸してくれました。
その後輩達(仲間)からの熱い応援を追い風に日本リーガーを撃破!!
見事に初優勝を果たしました。182㎝からのビッグサーブからのネットプレーはスケールが大きく、大学テニスで揉まれれば覚醒するのは間違いないでしょう!!こちらも今後が楽しみです。

鹿屋体大組の平原美咲英凪紗は、初ペアでの大会ながら女子ダブルスを制覇!!
凪紗はシングルスでも決勝進出を果たし「日本リーガー」鶴薗望選手(私が尊敬する選手の一人)に思い切りの良いテニスを披露し第1セットを先取する活躍!!
美咲も最後まで諦めないプレーで昨年のインカレ選手を撃破しての
4強入りを果たしました。2週間後の国体予選、そして九州学生に向けて大きな弾みがつきました。

ルーキー岡村浩太は、1年間のブランクがあったにも関わらずシングルスでは第2シードを撃破!ダブルスでも強豪ペアを倒すなどしてベスト4進出と大活躍をしました。
試合勘(勝負勘)そしてフィジカルが元通りになった時には大きなブレークを果たすのは間違いないでしょう!!ファイトーーーー一発!!!!

樋口杯16-チームATA2

樋口杯16-練習
先輩達の頑張りに応援に来ていた後輩(ジュニア)達は早速会場内で練習開始。
本物になる為には練習あるのみです!!

樋口杯16-チーム鹿屋体大
TEAM 鹿屋体大(高橋監督も多忙な中お疲れ様でした!)

樋口杯16-チーム柳川
柳川
3人衆

た今日からそれぞれの場所で皆でキバいもんそ!!

大会を支えて下さった関係者の方々、本当にお疲れ様でした。
また
取材をして下さったプレス(南日本新聞)、テレビ局(KYT)の方々も有難うございました。
今後とも「テニス」を宜しくお願い致します。

カテゴリー: ATA, 国内テニス | 投稿者Arimura 12:04 | コメントをどうぞ

デビスカップ いよいよ開幕!!

いよいよ今週金曜日に「デビスカップ WG1回戦 日本VSイギリス戦」が敵地イギリス・バーミンガムで開幕です。

DavisCup16イギリス戦1(JTA広報 フェイスブックより)

日本チーム植田実監督(先輩)の下、錦織圭ダニエル太郎西岡良仁内山靖崇の布陣で昨年覇者のイギリスに挑みます。

昨年79年振りの優勝を果たしたイギリスチームは、「シングルス世界2位」のアンディ・マレーと「ダブルス世界2位」のジェイミー・マレーの強力布陣で迎え撃つ準備ができているようです

DavisCup16イギリス戦2(JTA広報 フェイスブックより)

ダブルスのコーチングでしょうか!?コロンビア戦に引き続き私の友人でもあるトミー(トーマス嶋田)の後ろ姿も見えます。

 

ホーム・イギリスが選択した室内ハードコートは、かなり遅めでボールは重いようです。錦織対策なのでしょうか!?

 

金曜日の夜からはテレビの前で義務応援だな(笑)

 

カテゴリー: 国内テニス, 海外テニス | 投稿者Arimura 14:18 | コメントをどうぞ