カテゴリー別アーカイブ: 海外ジュニアテニス

全米OP 終盤戦

 今年最後のグランドスラム「全米オープン」も終盤戦に差し掛かりました。

USop2015
 (写真は、全てUS OPEN フェイスブックより)

大会初日に昨年のファイナリスト錦織圭選手がまさかの初戦敗退。。。その後、大好きなブライアン兄弟(前年ダブルス覇者)までもが1回戦負けし、立ち直るのに数日を要しましたが、西岡良仁選手や土居美咲選手の活躍に励まされ、ビーナスやドナルド・ヤング、フェリシアーノ・ロペスの熱い戦いに気分上々となり何とか終盤戦を迎えることができました!?(笑)

USop2015-lopezUSop2015-young

一昨日からジュニア部門始まりました。

シングルス本戦に出場した男女6人全員が初戦を突破するという好調ぶりを発揮した日本勢!
 
その中で第14シードのサンティラン晶選手が見事に3回戦進出を果たしています。

  昨年は「鹿児島県人2世」中川直樹選手がダブルスで優勝を果たしていますのでそれに続けるように頑張ってもらいましょう!!

カテゴリー: 未分類, 海外ジュニアテニス, 海外テニス | 投稿者Arimura 12:07 | コメントをどうぞ

ウインブルドンJr 中川ベスト4進出 

ウインブルドンも終盤戦を迎えています。

日本勢で唯一残っているのがジュニア部門に出場している「鹿児島県人2世」中川直樹君(柳川高校・Wilson Team)です。

オランダ人選手Tim Van Rijthovenとのペアで見事にベスト4進出を果たしました!!

ウインブルドン14‐中川直樹1(Wimbledonフェイスブックより)

簡単に口にする程軽い事ではありませんが・・・・錦織圭選手に次いで二人目のジュニアグランドスラム制覇を目指して欲しいですね!

現地で応援している中川チャン(父)と奥様もキバイやんせ!!!!

 

 

鹿児島では県のトップジュニアを集めた「大西杯」が開催されました。

大西杯14‐2

各部門の優勝者達!?(全員じゃないですけど・笑)

大西杯14‐1

このメンバー達の多くが挑む九州ジュニアも間近に迫ってきました。

今年も昨年のような「鹿児島旋風」を起こして全日本への切符を手にして欲しいですね!!

梅雨が明けたら一気に猛暑になりますので暑さに負けないように頑張るぞ!!

 

 

カテゴリー: ATA, 海外ジュニアテニス | 投稿者Arimura 15:12 | コメントをどうぞ

中川直樹 エディハー4強 オレンジボウル8強!!

Florida

エディ・ハー国際ジュニアからオレンジボウル国際ジュニアまでの約1か月間、世界中の12才以下~18才以下までのジュニアプレーヤー達が一堂に集まりしのぎを削り合った「フロリダJrシリーズ」が終了しました。

日本勢で一番の活躍をみせたのが、「錦織圭二世」の呼び声が高い世界Jrランク26位の中川直樹(W TEAM)でした。

フロリダのブラデントンで行われたEddie Herr International Junior Tennis Championships(ITFグレード1)では、第12シードで登場し、ベスト4の快進撃!

そしてシリーズ最終戦、マイアミで開催された「世界ジュニア」と称されるOrange Bowl International Championship(ITFグレードA)でもベスト8進出の活躍をみせてくれました!!

nakagawa132

写真は、今年1月に福岡で開催された「Wilson アドバイザリースタッフ・ミーティング」で一時帰国中の直樹君と指導者でもあるお父様(私の旧友でもあります)と再会した時のものです。(右は高校日本代表コーチ福永二朗さん)

既にプロツアー下部の「フューチャーズ」でも優勝を果たしてしている「鹿児島県人2世」から目が離せませんねぇ!!

チェストォーーーーー!!!!!

 

マイアミと鹿児島は20年以上前から姉妹都市だぁー!!(本文とは関係ないですが・笑)

 

カテゴリー: 海外ジュニアテニス | 投稿者Arimura 10:39 | コメントをどうぞ

フロリダJrシリーズ ・ 九州Jrサーキット 開幕

九州

九州の冬の到来をつげる「九州ジュニアサーキット」が九州各県で開幕しました。

各地区シリーズの上位者で争う正月の「マスターズ」の出場権を目指して年末までジュニア達がしのぎを削ります!!

今月後半には鹿児島大会も開催されますのでATAからも一人でも多くの選手がマスターズに進出できるように頑張って欲しいですね!

 

Florida

テニスの「メッカ」フロリダでは、「フロリダJrシリーズ」が開幕しています。

エディ・ハー国際ジュニアからオレンジボウル国際ジュニアまでの約1か月間、世界中の12才以下~18才以下までのジュニアプレーヤー達が一堂に集まりしのぎを削り合います。

このシリーズの良い点は、もし上記大会の予選で負けたり出場できなかったりしても、「デイトーナメント」という2日間で終わる大会が期間中に毎日のように開催されていて世界中の選手達と腕試しをする事が可能なところです。しかも将来の世界のトップになるような選手達が横でプレーしていたりするのでジュニア達にとっては超刺激になるはずです。

agassiorangebowl831

写真は、最近「任天堂Wii  U」のCMにも出ている当時13歳のアンドレ・アガシ(右)!!

1983年、U14 シングルス準優勝時のもののようです。

 

世界ジュニア」と称されることもあるオレンジボウルでは、錦織圭(2003年 U14準優勝)、今年の「全日本選手権」準優勝の西岡良仁(2011年 U18ベスト4)と日本人選手達も活躍し、この後ステップアップしていきました。(ATAの選手も2006年にはU12クラスで3回戦まで進出しました)

今年のオレンジボウルも楽しみですね!

寒い日本を抜け出して久し振りにフロリダのサンシャインを浴びたいなぁ(笑)

 

 

 

カテゴリー: 国内ジュニアテニス, 海外ジュニアテニス | 投稿者Arimura 13:29 | コメントをどうぞ