カテゴリー別アーカイブ: 高校テニス

インハイ予選 個人戦

全国高校総体(インターハイ)の鹿児島県予選を兼ねる「県高校総体」は先の団体戦に続き個人戦が行われました。

ATA関係でOBOG含)でインターハイ(個人戦)出場が決まったのは以下の選手達でした!

 1インハイ予選14個人‐鳳凰

<男子>
岡村浩太OB 鳳凰3年)   シングルス 準優勝  ダブルス  優勝 
内倉鉄平OB 鳳凰2年)   ダブルス  準優勝 

1インハイ予選14個人‐純心

 <女子>
平原美咲OG 鹿純心3年)   シングルス 準優勝   ダブルス  優勝
芦浦里奈
OG 鹿純心2年)   ダブルス  優勝

インハイ予選14個人‐東くん 
翌日の地元プレスの記事です。
テニスの扱いが小さいのは不満ですが、優勝者を正しく評価した内容だったので安心しました。

 「男子」は鳳凰の二人(浩太と鉄ちゃん)が団体戦の勢いそのままに出場権を獲得!
シングルス決勝こそ東侑磨くん(鹿実)にフォアハンドを中心とした気迫溢れるプレーで一矢報いられましたが、ダブルスでは浩太と鉄ちゃんで決勝戦を争うなど本当に良く頑張ったと思います。

 「女子」は鹿純心の二人(美咲と里奈)が見事に出場権を獲得!
団体決勝で「あと2ポイントで全国」というところまで行きながら逃していただけにショックを引きずっていてもおかしくない状況でしたが、よく気持ちを切り替えてインターハイ出場を手繰り寄せました。

 これで女子団体英凪紗(OG 鳳凰2年)を含めて5名がインターハイの出場権を獲得しました。皆本当におめでとう!良かったねぇ。


今回の勝利で
「努力をする大切さ」を少しでも実感(体感)出来たなら「出場権」以上の価値があるかもしれないですね!
少しだけ体を休めたら「本番」の全国に向けてまた猛練習に励んで下さい。お疲れ様でした。

おまけ!
上記の5名も写っている懐かしい写真です。
上から「’10 県選手権」、「’10 全日本ジュニア」、「’11 九州Jrサーキット鹿児島大会」。

県選手権10全日本ジュニア10センターコート九州Jrサーキット20111120

皆カワイイですね(笑)この頃はまだ私より小さかったのに。。。。

 

カテゴリー: ATA, 高校テニス | 投稿者Arimura 00:03 | コメントをどうぞ

インターハイ県予選(団体)

インターハイ鹿児島県予選を兼ねる「県高校総体」の団体戦が開催されました。
A
TAメンバー(OB・OG含)もインターハイを目指して一生懸命にボールを追いかけていました。

 <男子>
優勝  鳳凰 OB岡村浩太、OB内倉鉄平)
準優勝 鹿実 OB辻泰一、OB堀口来夢)

 <女子>
優勝  鳳凰 OG英凪紗)
準優勝 鹿純心OG平原美咲、OG芦浦里奈、御領原由貴)

 インハイ予選14団体

男女「優勝」鳳凰のレギュラーとして3人のATA出身者が出場。

S岡村浩太は昨年多くの全国大会を経験し、心も体も大きく成長しました。
サーブを軸とした攻撃力と守備力のバランスは本当に良くなってきています。
最後の夏の「絶対に勝ちたい!」大切な場面で3年間の経験と練習量を力に変えられたのは素晴らしいですね!浩太良かったねぇ。本当におめでとう!でも安心するのはまだ早いぞ!!次は個人
戦だからな!!

Dに出場した内倉鉄平も昨年から多くの全国大会を経験しています。九州ジュニアでは上記の岡村浩太とのダブルスで優勝たしました。
今回も得意のネットプレーとリターン力でパートナーを引っ張っての「ダブルス全勝」はさすがと言えます。2年生でこの経験をできた事は本当に大きいですねぇ!鉄っちゃん個人戦も頑張るぞー!!

女子S2英凪紗は、昨秋の新人戦で単・複・団体の「3冠」を果たしていて実力的には県№1の選手といえると思いますが、今回は№2として役割を果たしました。
今後、凪紗の早いタイミングで攻め続けるテニスがローカルレベルで終わることはないでしょう!しかも凪紗はまだ2年生!誰よりも思いっきりの良いテニスで個人戦も頑張ってもらいましょう!!

 沖縄遠征11-2

写真は、若かりし日の岡村浩太内倉鉄平米田伊織英凪紗
(3年前の九州選抜Jr時にコート横の沖縄セルラースタジアムで撮ったものですね・笑)
この頃は皆私よりも小さかったのに。。。。。(涙)

 

 

 ATA「現役」メンバー達も頑張りました!

2年生コンビの米田伊織(鹿工)、山方佳乃(甲南)がそれぞれチームの№1として大活躍し男女団体で3位入賞!!

インハイ予選14池田

 内田大喜吉田龍司を擁する池田は残念ながら今回ベスト8に終わりましたが個人戦にその悔しさをぶつけてくれるでしょう!!

 

 インターハイ出場が決まった選手達はおめでとうございます!
また準優勝だった鹿実の泰一、来夢、鹿純心の美咲、里奈、由貴も本当にお疲れ様でした。

男女とも勝敗を分けたのは本当に「僅かな差」だったと思います。
この「僅かな差」の為に一途に頑張る姿には必ずドラマがあり心を動かされます。
まだ団体戦が終わったばかり、個人戦もキバっどー!!!!

 

カテゴリー: ATA, 高校テニス | 投稿者Arimura 12:17 | コメントをどうぞ

ソニーOP錦織4強  全国センバツ柳川優勝

Miami,Florida.U.S.A

鹿児島の姉妹都市でもあるマイアミで開催されているグランドスラムに次ぐ大会「ソニー・オープン」で我らの錦織圭W TEAM)がロジャー・フェデラーを撃破しベスト4進出です!!

 sonyopen-tennis14nishikori3(写真は、Wilson Tennis フェイスブックより)
眼光鋭い良い表情をしています!!
ハイライト映像を見ましたが、以前以上にフォアハンドの威力が増し、尊敬するフェデラー相手でも「絶対に勝ってやる!」と気迫を感じさせるプレーだったと思います。
これもマイケル・チャン効果でしょうか!?

sonyopen-tennis14nishikori4

SONYと大きく書かれた会場で躍動し続ける姿には「恩返し」のようなものも感じられて日本人としても嬉しい限りです!

世界4位のフェレール5位のフェデラーを撃破した錦織選手の次の相手は、世界2位のジョコビッチとのUniqlo対決!!

引き続きマイアミキービスケーンから目が離せませんね!!

 

 

福岡・博多の森

36回全国選抜高校テニス大会」男子団体で母校・柳川18度目優勝を果たしました!!

全国選抜高校14柳川表彰式(今村先輩、写真拝借致しました)

本田監督、本村コーチ、そして後輩諸君、本当におめでとうございます!!

結果だけを見ると感じにくいかもしれませんが、大会序盤は冷や汗の連続。。。
初戦の
法政二戦では先に王手をかけられ、3回戦の「昨夏インハイ決勝の再現」湘南工科大附属戦でも大苦戦と過去にない苦しい勝ち上がりでした。
しかし、終盤に差し掛かると一気にギアが上がり、準々決勝の大分舞鶴戦では3-0の圧勝!
準決勝では名門・四日市工業を接戦の末に撃破し決勝進出を果たしました。

決勝の東海大菅生戦もS1、D1が負けて0-2と一つも落とせない状況、しかもS2がファイナル2-4ダウンという絶体絶命の崖っぷちに追い詰めれたところからの奇跡の大逆転優勝でした!!

柳川本田健児監督は、「エース不在でどこが取れるのか計算ができなかった点では、今までにない優勝。ただ、練習から手を抜かない子供たちだったので、やってくれそうな気もしていました」と試合後に振り返られていました。

猛練習に猛練習を重ねて培った「柳川魂」は卒業して20年以上経っても健在のようです。

スポーツは筋書きのないドラマ!!改めてそう感じさせられる春のセンバツでした。

 

 

そして今大会には、ATA出身の5名の選手達も出場していました!

岡村浩太、内倉鉄平(鳳凰)

平原美咲、芦浦里奈(鹿児島純心)

英凪紗(鳳凰)

それぞれが与えられたポジションで頑張っていたと思います。
この経験をインハイ予選に繋げてもらいましょう!!

全国選抜高校14凪紗&二朗さん
写真は、高校日本代表コーチも務める福永二朗さん(ウイルソン)とATA出身の英凪紗(鳳凰高)。

 

カテゴリー: ATA, 海外テニス, 高校テニス | 投稿者Arimura 10:45 | コメントをどうぞ

ソニーOP錦織8強   全国センバツ柳川決勝へ!

Miami,Florida.U.S.A

 

SONY OPEN 男子S 4回戦>

錦織圭(日本)[20]  7-6 (7), 2-6, 7-6 (9)  D.フェレール(スペイン)[]

 

グランドスラムに次ぐ大会「ソニー・オープン」で第20シードの我らが錦織圭Wilson Team)選手が第4シードで「スペイン無敵艦隊」の一員ダビド・フェレールを3時間5分に及ぶ大激戦の末に下しベスト8に進出を果たしました! 凄いぞケイ!!!

sonyopen-tennis14nishikori2

(写真は、Wilson Tennis フェイスブックより)

ファイナル・タイブレーク、相手のマッチポイントをセイブして昨年のリベンジを果たした錦織選手の次戦の相手は、4回戦でガスケ相手に3ゲームしか与えなかった好調のロジャー・フェデラーです。

本当に楽しみになってきましたね!

鹿児島の「姉妹都市」マイアミでの活躍も個人的には嬉しいです。(関係ないか・笑)

 

 

福岡 博多の森

全国選抜高校では「母校」柳川が決勝戦進出!!

全国選抜高校14開会式

現在、東海大菅生と決勝戦を戦っているようです。

D1は接戦の末に落としたようですが、その他の途中経過はどうなっているのでしょうか!?

何がどうあれ後輩達を鹿児島から応援しています。      

チェスト―!!!!!

カテゴリー: Wilson Team, 海外テニス, 高校テニス | 投稿者Arimura 11:50 | コメントをどうぞ

高校樋口杯

インターハイ鹿児島県県予選前の最後の高体連大会「高校樋口杯」が開催されました

ATA関係者の上位進出者は以下の通りでした。

 <男子>

単 準優勝  岡村浩太OB 鳳凰高)
単 ベスト4 内田大喜(池田高)

複 準優勝  内倉鉄平OB 鳳凰高)
複 ベスト4 内田大喜・吉田龍司(池田高)
複 ベスト4 岡村浩太OB 鳳凰高)

 

<女子>

単 準優勝  英凪紗OG 鳳凰高)

複 優勝   英凪紗OG 鳳凰高)
複 準優勝  平原美咲・芦浦里奈OG 鹿児島純心女高)

高校樋口杯142
(浩太、鉄ちゃんは写せずにゴメン。。。)   

高校樋口杯141
(D決勝を争った懐かしの九州マスターズ優勝ペア!)

インターハイ「県予選」まで残り僅か!!若き日の一つの節目で頑張れるか頑張れないかでその後の生き方も変わってくると思います。ともかく後悔のないように頑張って欲しいですね!

 

 高校樋口杯14-池田
7
年前から指導させて頂いている「池田学園 池田高校」も今大会、大健闘を見せてくれました。
上記の内田大喜がシングルスでベスト4入り、ダブルスでも吉田龍司と組んでベスト4
1年生の部でも伊集院浩礼がシングルスでベスト4入りを果たしました。おめでとう!!(それ以外のメンバーもお疲れ様でした)

進学校の為、練習時間は限られていますが、持ち前の集中力の高さと冬場の坂道ランニングの効果が今大会出たのは間違いないと思います。このまま5月のインハイ予選まで駆け抜けるぞ!!
能勢先生、肥後先生、ご指導お疲れ様でした。

カテゴリー: ATA, 高校テニス | 投稿者Arimura 17:00 | コメントをどうぞ

センバツ高校 九州大会

第36回 全国選抜高校テニス大会 九州地区大会」が鹿児島にて開催されました。

kyusyukoukousenbatsu13draw

男子は、母校・柳川34度目の優勝。

その柳川を崖っぷちまで追い込んだのが5年連続決勝進出の大分舞鶴! その強豪を率いているのは、大園洋平監督(鹿屋体大OB)です。

生徒たちの会場での振る舞いを含めて指導が行き届いていると感じさせられるチームと言えると思います。全国でも上位を目指せるチームだと思うので頑張って欲しいですね!

女子は、沖縄尚学が見事に初優勝を果たしました。平良和巳監督おめでとうございます。こちらも全国大会が本当に楽しみですねぇ!

私が大会2日目から「味の素NTC」に移動した為、初日しか応援する事が出来ませんでしたが、地元鹿児島県勢(ATA出身者)も全国出場を目指して頑張っていたようです。

活躍が連日「新聞」にも写真入りで掲載されていました。

kyusyukoukousenbatsu1301kyusyukoukousenbatsu1302

<女子>

4位 鹿児島純心(平原美咲・芦浦里奈)

5位 鳳凰   (英凪紗)

 

<男子>

6位 鳳凰   (岡村浩太・内倉鉄平)

 

以上の「ATA出身者達」5名が見事に「全国センバツ」への出場権を獲得しました。

本当におめでとう!!全国では九州代表の名に恥じないように頑張って欲しいと思います。

 

久し振り(おそらく20数年ぶり)に大会プログラムに目を通すと「歴代優勝校」欄に多くのATA出身者(懐かしい名前)を発見しました。

kyusyukoukousenbatsu13pastwinner

第11回 わたし(笑) (柳川)

第30回 片谷祥吾 (柳川)

第30回 平原しおり(柳川)

第31回 平原しおり(柳川)

第31回 西田浩輝 (鳳凰)

第33回 岡村修平 (柳川)

第35回 林田誠  (柳川)

kyusyukoukousenbatsu13yanagawakai

写真は、「柳川高校プチ同窓会 IN 鹿児島」にて

本田監督(4期先輩・松岡修造さんと同期)や本村剛一コーチ(2期後輩・12年連続デビスカップ日本代表選手)とも再会を果たし懐かしい時間を過ごすこともできました。

そしてその後、東京でもお二人とディープな時間を過ごせて嬉しかったです。

本田監督、本村コーチ本当にお疲れ様でした!!

 

 

 

カテゴリー: ATA, 高校テニス | 投稿者Arimura 12:02 | コメントをどうぞ