夏の外出前に知っておきたい日焼け対策のポイント

毎日着用する必要があり

日除けのためにマスクをつけてもよいですか?

毎日マスクをしているので、夏場は顔の日焼け止めを省略できるようなものです。 では、bb cushion差しを防げるのでしょうか? 市場でいくつかの企業は、特に太陽から保護するために設計されたマスクを販売しています。 物理的および化学的な日焼け止め効果の分析はより顕著ですが、そのようなマスクを通して通常流行に対して動作の効果を持っていないです。 そして、我々は使い捨ての医療用マスクのうち、毎日着用する必要があり、日焼け防止効果の効果は比較的低いです。

目の日焼け止めはUV400のサングラスを着用

夏の紫外線は直接目の下まで届いて害を及ぼし、長時間日光を浴びると眼病を引き起こす可能性があります。artistry skin nutritionるには、日焼け防止指数の高いサングラスをかけるのが一番です。 サングラスは必ず企業を特定して購入し、紫外線防止パラメータに注意を払う。 紫外線を100%カットするUV400のサングラスが推奨される。 また、サングラスのレンズが大きければ大きいほど、日焼け防止効果は高くなります。

日焼け止めを選ぶときはSPFとPAの数値に注目

日焼け止めには、SPFとPAの両方の数値が記載されていることがあります。 日焼け対策 – SPF値を見てください。SPF値が高いほど、UVBに対する保護システムがより機能的です。 彼らの日焼けに対して – UVA保護に対して働く能力に対応するPA値を見てください。

SPF15はUVBを93%カット、SPF30はUVBを95%カット、SPF50はUVBを98%カットします。 日焼けは、日焼け止めなしだと1倍、PA+だと2~4倍、PA++だと4~8倍、8倍以上かかるとされています。

しかし、SPFが高ければ高いほど良いというわけではありません。SPFの高い製品は通常、テクスチャーが厚く、毛穴を詰まらせたり、肌に刺激を与えたりする傾向があります。 屋内で働く人はSPF15、PAの日焼け止めを、屋外で働く人はSPF20~25、PAを、海に行く人はSPF>30、PA以上の日焼け止めを選ぶとよいでしょう。

屋外に出た後、2時間後に日焼け止めを塗り直す。

夏の間、屋外で過ごすとなると、日焼け止めの塗り直しが必要です。 汗をかかないと日焼け止めが薄まりやすいため、日焼け止めの能力が低下してしまいます。 2時間おきくらいに日焼け止めを塗り直せるようにし、先生方は十分な量を、一度に使う顔は1ドルコイン大の量で十分とし、腕や足の活動には必要な量の日焼け止めを使用するようにします。

妊婦は物理的な日焼け止めを中心に使用すること

過度の紫外線は、妊婦の肌にダメージを与え、色素沈着の形成を増加させる可能性が高い。妊婦は物理的な日焼け対策をメインに、夏は日傘をさして帽子をかぶって外出することをおすすめします。肌荒れを防ぐために、物理的な日焼け止めを選ぶとよいでしょう。

日焼け対策のしすぎでカルシウム不足にならないか?

紫外線は肌にダメージを与えますが、私たちは「過保護」を提唱しているわけではありません。 一年を通して十分な日光を浴びないと、活性型ビタミンDの皮膚合成に影響が出たり、カルシウムの体内吸収・利用が悪くなったりします。 そのため、夏場の日中は紫外線指数が高い、あるいは日差しの下でよく働くが、外での運動は紫外線指数が低い朝夕に行うなどの工夫が大切です。 その他の季節は、紫外線指数によって外出のタイミングを決めるとよいでしょう。

 


カテゴリー: 未分類 | 投稿者bububobo 12:25 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">