初めての海外遠征!その3

こんにちは。

初めての海外遠征シリーズも、その3になりました。

試合結果速報が増えて、間が開いてしまい、楽しみにしてくださるごく少数の皆さま(笑)、申し訳ありません。

今後も、ピッチを上げて更新していきますので、よろしくお願い致します。

 

前回は、バングラデシュの大会でのちょっとした出来事をお伝えしました。

バングラデシュでは、その他にこんなこともありました。

ある日、ある選手が自分のところに来て、「カップラーメンがない!」って言うのです。

もう一度、確認しなさいと指示をして、自分も部屋に行きましたが、見てみると閉めておいたはずの旅行バッグが開いており、中からカップラーメンだけ無くなっているというのです!

日本人の感覚だと大丈夫だろうと思うことが、海外ではいとも簡単に覆されることがよくありましたが、ホテルの部屋に荷物を置いて、ちゃんと閉めていたとしても、安心してはいけないということですね。

貴重品は入っていなかったのですが、国によっては何が貴重品かわからないですからね。

貴重品はもちろんのこと、荷物の管理を徹底しなくてはならないと再認識した瞬間でした。

さて、その後翌週の大会のため、バングラデシュからブルネイに移動しました。

ブルネイは、バングラデシュとは違って、本当に治安の良い国でした。

本当に熱い中、試合をこなしていきましたが、一番印象に残っているのが、大会側の招待で遊園地に行ったことでした。

国民は、税金の支払い義務がほとんどなく、原油と天然ガスなど、ほとんどの財政を資源でまかなっており、遊園地もフリーで遊ぶことができます。

海外遠征では、ただでさえ異国の地で緊張している上に、試合続きで息詰まっている中、こういったイベントがあると選手たちもリラックスできて、大喜びでした。

ちなみに、海外遠征では、試合をすることだけでなく、他の国の選手と様々な交流を持つことで、いろいろな経験ができます。

たった数週間の遠征でも、本当に人間的に一回り大きくなって帰ってきます。

もちろん、テニス的にも大いに成長することは間違いありません。

海外の選手は、本当にいろいろなことができて、いろいろなことをしてきます。

それを目の当たりにして、遠征に行った選手の意識は大いに変わり、戦い方も大きく変わってきます。

ちなみに、試合中にも、海外の選手は勝つために驚くことをしたり言ってきたりします。

そのあたりの体験談は、また記事にしたいと思います。

ぜひ、いつかはひまわりからも海外遠征できるように、頑張っていきましょう。

その前に、まずは国内で実力を上げていきましょう!

次は、翌週のインドネシアの大会のお話をします。

小澤

 


カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">