平昌冬季オリンピック

こんにちは。

連日、平昌での冬季オリンピックで盛り上がっていますね。

自分も、日々様々な競技を見て、盛り上がっています。

そんな中、ある競技を見て、とても感動してしまいました。

それは、今話題のスピードスケート女子500メートルです。

小平奈緒が金メダルを獲得した後、銀メダルに終わった韓国の代表、李相花(イ・サンファ)とのお互いの健闘を称え合う姿に、思わず感動してしまったのです。

過去2大会、オリンピックを連破していた李ですが、ここ2年程、小平の前に常に後塵を拝していました。

実力的には差がありながらも、李は母国開催のオリンピックで五輪三連覇するために、頑張ってきたのだと思います。

小平も、ワールドカップなど国内外の500mレースで24連勝中でしたが、オリンピックでは今大会1000mで銀メダルを獲得するまで、個人ではメダルすらありませんでした。

悲願だったに違いありません。

そんな2人の激突は、本当に手に汗を握る戦いでした。

銀メダルに終わって泣き崩れる李を、小平は温かく包み込むように抱きしめるのですが・・、

その前に、実はこんなことがあったのです。

李の前滑走だった小平は、36秒94と、低地での自己ベストをたたき出すのですが、そのあとにとった行動が、本当に感動するのです。

その直後に滑走する李のために、小平の記録を見て沸く観客に対して、口に人差し指を当てて、静かにするように観客に対して促したのです。

正々堂々、同じ条件で勝負して勝利したい、そのために、李には集中して競技に臨んでほしい、きっとそう思ったのです。

これこそが、真のスポーツマンシップだと思いませんか!

本当に勝ちたいオリンピックの舞台で、果たしてそれができるでしょうか?

本当に素晴らしい光景だったと思います。

ジュニアの皆さん、試合に出たらもちろん勝ちたいでしょう。

勝つために、全力を尽くしてください。

ですが、勝てれば何をしてもいいわけではありません。

相手のことを敬った上で、正々堂々その上をいけばいいのです。

負けたら、いろいろなことを理由にせずに、勝った相手を称えましょう。

勝ったら、負けた相手の気持ちを理解して、負けた相手の健闘を称えてください。

強い相手がいるからこそ、その上にいこうとして努力できます。

ぜひ、周りの選手をリスペクトすることを忘れないようにしましょう。

小平と李は、とても仲良しだと聞いています。

ですが、お互いに競技の中では、ライバルとして尊敬しつつ、その上にいこうと努力していると思います。

その結果として、今回の出来事がおこったのだと思います。

オリンピックもあと残りわずか、まだまだ感動の名場面が見られるに違いありません。

ぜひ、いろいろな競技に注目しましょう。


カテゴリー: 未分類 | 投稿者ビッグKひまわりプレーヤーズ | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">