ブルガリコピー超薄型シリーズはいかがですか?

時計業界では、自動巻きクロノグラフムーブメント薄型化に長い間、誰も注目していなかったことがわかりました。最後にこ点を強調したは1989年に発売されたfp1185であり、ブルガリスーパー コピー時計3183.3mm厚さはfp11855.4mmをはるかに上回っていますが、こ30年間時計産業進歩を考慮しなくても、こ比較方法は公平ではないと思います。
なぜなら、fp1185はフルスポーク自動ディスクと垂直クラッチ機構を採用しているに対し、bvl318はリング状自動ディスクと水平クラッチを採用しているからです。こような固有違いから、fp1185には最初からほとんど勝ち目がなく、こような状態になっているとさえ言えます。こような薄いムーブメントを作る方法がまだあるという前提では、それはもう一つ技術である。もちろん、こんなところで公平性を追求しても意味がありません。最薄クロノグラフ・ムーブメントを作ることが目的なだから、そこに最もメリットある機関を選ぶは当然ことだ。ブルガリはもともとここで正義を勝ち取ったです。
ここ数年フィニッシモ・ムーブメント自動精製では、薄型化に最も適した機構であるリング型自動ディスク(bvl288オートマチック・トゥールビヨン)やマイクロ自動ディスク(bvl138)を採用してきました。今回bvl318では、リング型自動盤を選択する可能性があります。 クロノグラフ機構は、ムーブメント中心部にスペースが必要です。リング型自動盤が使うスペースは、ムーブメント周辺部にあります。当然、ミニチュア自動盤よりもクロノグラフムーブメントへ展開に適しています。

https://www.teauki.com/TokeiCopy-35.html


カテゴリー: 未分類 | 投稿者teauki 17:41 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">