日別アーカイブ: 2022年3月21日

テニスの効用を分析する

8 (1)

テニスは、外から見れば、2人以上で戦う丸いボールのフィットネススポーツに過ぎない。 このレベルからテニスを考えるなら、わざわざテニス技術に励むだけのことであり、それだけでは他のスタイルのテニスを評価できないことも明らかである。 テニスは世界で2番目に人気のあるスポーツですが、その実態は非常に効果的です。 その楽しさと専門性、一生分であることを慎重に見極める。

そもそもテニスは、サッカーやバスケットボール、フィットネスと同様、あらゆる能力で必ず向上するものであり、テニスにおいては、この種の能力の向上に明確な効果があり、他の活動の献身をはるかにしのぐものである。

体力:非常にレベルの高い敵同士に出会うと、3セットはおろか、1セットも1時間程度になる可能性があります。 急な走り出し、一瞬の方向転換は心肺能力を高める運動になるので、長い目で見れば、あまり体力のないサッカー選手もだんだん強くなり、3セット集めるのも楽になってくるでしょう。

反射神経:卓球をやっているだけでは、相手からの素早いサーブをレシーブできる人は少ないと思うんです。 これはまた卓球と違って、後者は通常、漸進的な期間を経て速いアプローチに入ってくるのに対し、テニスは漸進的な期間を経て、最速の強い闘いで敵をしぼりあげるのである。 知らないうちにボーin vitro diagnosticsルの年齢が上がり、トリッキーな角度でスピードのあるピンポンサーブでない限り、簡単にトップで返球できるようになりました。 明らかに反射神経が早くなっていますね。

観察力と確認力:実際、良いテニスをするための鍵は、予測すること、適切に予測すること、早く、時間内に、ボールの処分を検討する十分な時間を持つこと、したがって、さらに利点を拡大し、ポイントを取得することです。 ATPの試合では、丸いボールが出てきて、敵がそれを取るのに成功するケースがよくあります。 敵のボールを見てその軌道を特定する能力を持たずに、倫理的なベースラインからネットまで一瞬で到達する方法を想像してください。

能力の向上は、いつももっともっと自分についてくるもので、日常生活では体験できないようなものですが、元々テニスをやってから、自分はこんなに変わったんだと、自分で驚くことができる不思議な夜があるに違いないのです。

生理機能の向上はもちろんのこと、他のフィットネススポーツにはないもう一つの能力、それは美的能力です。 テニスは常にエレガントであることが知られており、芸術的な美しさや自発性といった賛辞なしには語れない。 テニスボールに触れた瞬間から、打ち方だけでなく、ラケットのリードの仕方も含めて、良いプレーをしなければならないという考えがあります。 テニスをしていると、自然と他人の姿勢に目が行き、そして相手の姿勢がスムーズで格好いいかどうかを無意識に評価するようになるのです。

テニスは、あらゆるレベルの能力を向上させるだけでなく、ソーシャルメディアにおける効果的なメディアとしても機能します。 日本では、テニスがソーシャルメディアの手法として発展しています。 テニスというスポーツは、すぐに肉体的な抵抗がなく、たった2ストロークで個性を発揮することができます。 それに加えて、1ショット1ショットが非常に長い時間をかけて行われることも、この点でのテニスの有効性に寄与している。

また、テニスは老若男女を問わずプレーされています。 全国のアマチュア大会で、シニアは長寿であること、色とりどりの多彩なショット、そしてしばしばその戦略で欠かせない存在となっているのです。 戦略とは、心の使い方の主な表現であり、それがうまく使えると、楽にゲームができるようになる。 プレーの際にさまざまな戦略で遊ぶことは、脳を活性化させるだけでなく、テニスをますます面白くします。 子どもたちがテニスを習うと、運動能力の強化に加え、人と人との間のマナーの基礎知識など、普段の専門知識もかなり理解できるようになります。

テニスをすることはこれまでで最高の喜びであり、試合を見ることもまた最高の喜びである。 サッカー選手の悲哀と戦いの興奮、これがいつもの日常をどんどん色濃くし、茫漠とした日常をリアルにしていく。

注目の記事:

血液製品分野の研究:高精度+自動化技術の新たな広がり、マイクロ流体チップ

股票市場投資,三個層面必須投者多多關心

面倒くさい女…上京する彼氏をうんざりさせる一言9パターン

其它文章閱讀:

香港行山

カテゴリー: テニス・フィットネス | 投稿者dennielle 19:11 | コメントをどうぞ