肺がん手術後の経過観察の受診内容はどのようなものですか?


放射線治療は、肺癌症狀咳嗽の代表的な治療法の一つです。 抗腫瘍剤はがん細胞を破壊しますが、選択性が低いため、正常な体細胞すべての一部を破壊することを避けられず、全身にさまざまな副作用を引き起こします。 患者は放射線治療後の状態をよく観察し、放射線治療の副作用に適時に対処し、直ちに介入する必要があります。 同時に、患者さんの体内の多くの正常な細胞が破壊され、体内が枯渇しているので、すぐにビタミンの補給が必要です。 また、肺がんは手術療法が一般的であり、手術後は画像診断、臨床症状、血液夜間生化学検査により、悪性腫瘍の進行と発症を確定するための経過観察が必要である。 広東医科大学附属病院副主任医師の李秀軍氏が解説する、肺がんの化学療法後によくある問題とは? 肺がん手術後の経過観察の検査内容を教えてください。 以下の質問は、広東医科大学病院の副主任医師である李秀軍博士が解説しています。

肺がんの化学療法後によくある問題は何ですか?
肺癌の化学療法後によくある問題点として、1.放射線治療後3~5日は、食事の量を減らし、高タンパク質の食事を多くすること、2.放射線治療後3~5日は、食事の量を減らし、高タンパク質の食事を多くすること、が挙げられます。 週に1〜2回の頻度で血液検査を繰り返すことが推奨されます。 抗腫瘍剤の幹細胞移植のため、7~14日目です。

肺がん手術後の経過観察検査や内容について教えてください。
肺がん手術後のフォローアップ検査とその内容:肺がん手術後1~2年以内は3カ月に1回、2~5年後は半年に1回、5年以上は1年に1回のフォローアップ検査を提案します。 経過観察の主な内容は、定期的な血液検査、肝機能、腎機能、凝固機能などの血液夜間検査と、腫瘍マーカー検査、画像診断検査、乳腺とその胃のCT、必要に応じて脳検査や骨検査などを行います。

肺がんに対する化学療法は、患者の健康を大きく損なう可能性があります。 放射線治療後は、不快感が増し、赤血球が低下することもありますので、医師の指示に従い、すぐに適切な検査を受ける必要があります。 患者さんの体調が悪いときは、放射線治療の副作用を軽減するために、すぐに適切な治療を行う必要があります。 また、肺がん手術後は定期的な経過観察が必要です。 手術後定期的に経過観察を行わないと、がんの転移を引き起こす可能性がありますから、無理をしないようにしましょう。


カテゴリー: 健康養生 | 投稿者dennielle 21:04 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">