カテゴリー別アーカイブ: テニス日記

才能が開花する

錦織選手、1回戦の相手がジョコビッチですか。トーナメントはシード権がないと厳しいね。「鉄人」衣笠選手のようなタフな身体が欲しいところだ。

ダニエル太郎選手のツアー初勝利は素晴らしいものだが、大谷選手のおかげ?でインパクトが減ってしまったね。

男子で4人目ということは、男子ゴルフアメリカツアー(ほぼ世界のトップ)でも優勝者5人とほぼ同じ。

日本テニス界の5本の指に入ったということか。

「才能が開花する」という言葉があるが、大谷選手はまだ花開いたとは言えないだろうな。

才能豊かなあのイチロー選手に「世界一の才能」と言わしめたのだから才能はたくさん詰まっているのは誰が見ても確かだ。

今年1年、その先数年、十年大きく花開くかどうか、楽しみなことは国民のすべての?思いだろう。

才能があったから開花するのか、開花したから才能があったと言われるのか。

才能を潰されたのはバレーボールの大山加奈さんかもしれない。

東レ社内で噂したものだ。「全日本監督が潰しよった」

怒鳴りまくって反発心を植え付けようと思ったかもしれないが、人には向き不向きがあるんだ。

花開くまでに、根を張り、幹を育て、葉を茂らせ、その間には水と栄養と光が必要だろう。

段階的に食事や練習環境、支援してくれる家族、よい指導者に巡り合える、また寒さ(試練)を受けて才能を成長させた結果が花になり実になるということか。

しかし成長の芽をバッサリ切られた人もたくさんいるだろう。

花開かなかったヘタクシには足りなかったものがたくさんあったようだ。

(振り返っても時は戻らず)

近所でも才能を開かせている人がいた。

連れ合いの知人の娘さん(右から二人目)はソプラノの歌手になっておられた。

concert04451

近くでお仲間とコンサートを開かれた。世界的とは言えないまでも立派なものだ。

mokkoubara04457

庭のモッコウバラがたくさん咲いた。

fiji04467

fuji04466

山にもこのときばかりはと存在感を示す山藤。

一時でもよいから花を咲かせてみたいものだが、私には五筒で嶺上開花(リンシャンカイホウ)を和了するぐらいしか可能性はないな。(これもたいへん難しいが)

カテゴリー: テニス日記 | 投稿者ファイブK 22:17 | コメントをどうぞ

ソックスの長さ

この前クラブの親睦テニスがあった。20名ほど集まってダブルスの紅白試合であった。

ペアを変えて個人的には3試合して3勝だったが紅組は7勝10敗で負け。

賞品はソックス。

socks04423

もらい物に言うのもなんだが(自分たちの会費から出ているのだからもらい物でもないか)長さというのか丈というのか短いんだよね。くるぶしの上あたりまでしかない。

締まった感がないし、足首が涼しい。せめて足首まで覆うものがほしいのだが。

アンクルソックスとかアンクレットとかいうようだが、スポーツショップに行ってもこれが多い。多いということは需要とか人気があるということなのか。

靴下が靴から見えないのが流行りなのか。靴下を履かないという芸能人がいたがそれがかっこいいのかな。ようわからん。

さてほとんどの桜が葉桜になってしまったが、紅白の桜(だと思う)が咲いていた。

kohakusakura04425kohakusakura04426

桃かなあ。でも菊桃とは違うみたいだし。

どちらにしても奇麗だ。紅白饅頭に見えてきた。

そしてもう鯉のぼりだ。

koinobori04410

左端や右端に変わった鯉のぼりが見える。新種の鯉か?

koinobori04412

koinobori04417

どうも豚さんのようだ。そのようにしておこう。

 

 

カテゴリー: テニス日記 | 投稿者ファイブK 19:32 | コメントをどうぞ

万歩計®

権力(者)におもねるのは世の常か。

国会の証人喚問で総理大臣の関与さえなければいいよという某議員の質問があった。

国会で平気でウソをつかれている。なめられていることに気が付かないのか、プライドがないのか。結果としてウソの答弁をさせられている大臣もなぜ怒らない。そのうち大臣は変わるだろう、あるいは選挙で落ちるだろうとたかをくくっているのだろう。

データもらったり、答弁書作ってもらったりの関係だから持ちつ持たれつ、そんな関係だから何も言えないのか。

恥はないのか、武士道精神はどうなっているのか。

国家を滅ぼすね。明治は遠くなりにけり。(昭和もか)

さて球春だ。

岡本選手は覚醒したのか。大谷選手は華々しいデビューだったが、このまま二刀流でいけるのか。

ベイスターズの京山選手は初勝利。一軍に上がっていたのは知らなかった。

プロで勝てるのは簡単なことではない。おばあさんに当たる 女将さんとは知り合い。

孫の活躍一番うれしかっただろう。1年間怪我をせず頑張ってほしい。

ところで万歩計という名前は登録商標なんだね。一般名は歩数計ですか。

ナイロンやシャープペンシルやホッチキスのように一般名化しているようにみえる。賞品の独自性よりネーミングが良かったからかな。万という数字はいかにも多い目標に思えるから、一万歩をひとつの目標に歩く人は多いだろうな。

これをテニススクールのレッスンでしばらく使っている。

85分のレッスンで4000~5500歩ぐらいの結果である。最近やっと6000歩をわずかに超えた。

ところがある女性(50歳代後半?)の方はいつも8000~9000歩なのだ。

後ろから見ていると、打った後も細かくステップをして元の位置に戻っている。

なるほど多いはずだと感心する。

相手が打つ前に両足を交互に踏むように動きながら、打つ直前に軽くスプリットステップを踏む、基本が大事だとわかる。

が・・・言うは易く行うは難し。足が止まっちゃうのよね。歳とともにね。

20歳代のころは野球場のフェンス沿いに2周3周は楽にランニングしたものだが、いまやテニスコート1周も走らない。

この前池上彰さん(私と同年同日生まれ)と久米宏さんお対談番組でおっしゃていた。

思った以上に月日は経っていく、少年老い易く学成り難し・・・て。

歩数で張り合わず、相手を先に動かすエコテニスで頑張ろう。

tulip04383

庭のチューリップもたくさん咲いた。

sakura04388sakura04392

桜も満開。でも散るのも早い。

potato04400

じゃがいもも芽を出した。

asparagus04394

1本出たアスパラガス、食べてよいものか。

endou04402

エンドウに支柱とネットをかけた。寒い冬という試練を乗り越えてくれてありがとう。

実がなったらスクールのご婦人方にも差し上げられるだろう。(まだ楽観はできないが)

カテゴリー: テニス日記 | 投稿者ファイブK 18:32 | コメントをどうぞ

アイ ギブ アン アッポー

ポカポカ陽気だ。今日のテニス仲間とのゴルフ、昨日のシニア仲間のテニスは最高のコンディション。

しかしゴルフは相変わらず100叩き以上。スコアカードの書き換えはよくないので抹消することにする。証人喚問があっても口を割らないぞ。

とりあえず杉花粉のせいにしておこう。

昨日はシニアクラブの親睦会(テニス&BBQ)だった。

bbq04332

20人ほど集まって楽しい時間が過ごせた。

この歳になっても、こうやってテニスができるのは幸せなことだ。趣味は多くはないし、近所付き合いもないのでテニス仲間しかいないに等しい。

動けるうちは楽しくテニスを続けたいものだ。

昨日はホワイトディ。テニススクールの同じクラスのご婦人方からチョコレートを頂いていたので、お返しをした。

3人で1個だと間違いなく3倍以上返しにはなったが、それでもレンタルコートを使ったゲームとか、お昼ごはんにも誘ってもらえるのでありがたい。老人にも気遣ってくれるのは幸せである。

ただ「原節子」は通じない。同じ名前があったので「伝説の女優」だねと言っても「それ誰?」と言われた。「スザンヌ・ランラン」は当然としても、ひょっとすると「クリス・エバート」も通じないかもしれない。

クラスは違うが、テニススタイルが素敵な方もいる。

あまりスピンをかけず、フラットドライブ気味の速い球を深く打ち、私のようなドロップだロブだアングルだとか、かく乱戦法ではなく正当な美しいテニスなので刺激を受ける。バックハンドは本当に美しい。

そんな方にはホワイトアップルを差し上げておいた。

whitefuji04324

私もりんご栽培の一部をしてきたのでわかるが、袋を外した直後は白いがまだ甘くない。こんなに甘いのは品種なんだろうか、あるいは気候のせいだろうか。この地方では真似できないだろうな。

しかしこれで「謎のスパイダーマン」の正体が確実にバレるな。

ブログ通算1000回まで後50回、終わりまでもう少しだからバレてもいいか。

ume04341sakura04342

tulip04349

梅は咲いたが桜はまだかいな、チューリップが先だよ。

 

カテゴリー: テニス日記 | 投稿者ファイブK 20:31 | コメントをどうぞ

勝ち負けとか

冬季オリンピックもいろいろドラマがあったようだ。

姉妹でメダル5個、しかも金銀銅に金二つは女子選手初とか。

両親もさぞや誇らしいだろう。(羨ましい)

kodaira04156

新聞に掲載された写真が素晴らしい。

前を見据える眼差し、引き締まった口元、素晴らしい筋肉美。

筋力、瞬発力を要するだろう短距離で30歳を超えてのNo.1。新しいところでのトレーニングを決断した勇気、絶え間ない努力の結果だろうな。

僅かなミスも許されない場で実力通りの力を発揮できたのは本当に素晴らしい。

私のスケートの経験と言えば、45年も前、21~22歳だっただろうか。ぶつかると怖いから人の少ない屋外400mリンクで数回だったが滑ったものだ。外側の脚を内側に切り返すなどとうとうできなかった。そこまでスピードも出せなかったような気がする。

今そのスケートリンクも無くなったようだ。

生で見れば風を切る音や、氷を削る音、選手の息づかいやら迫力があるだろうが、見る機会はこれからもなさそうだ。

さてこちとらはシニアテニスのチーム代表者の会議があった。

いくつか意見が出たのだが、質問する人も回答する担当委員(9人ほど)もちょっと何かずれているのだ。質問側は誤解があるし、回答側は誤解を正さず、ここは決議する場ではない、伝達する場である・・・とかなんとか。

執行委員が規約を決め、チーム代表者はその通り運営すればよい、変えたいならこちら側に来いと。規約変更を過程をクリ-ンしてくれとの質問があったが、HPを見ろとばかりで明確な回答はなかったな。

規約がどのようにしてできたのか歴史は知らないが、某スモー協会のようにも思えた。

いや理事候補選があるだけまだましかもしれない。二人ほど新任の方がいらしたが、執行委員の仲間内で選ばれているみたいで信任投票もないようだ。一部の人の意見がまかり通っているようにも見えた。

女子の資格年齢を58歳から60歳に引き上げたり、オールド・オールドのリーグを5歳引き上げようとか、意図があるみたいだ。

聞くところによると、ヤング・オールド(60~64歳をヤングというのもいささか問題だが)がいると勝てないから引き上げようとしているとも。

老人になっても勝ちに執着するんだ。

オリンピックでもないし、そこまでこだわる必要もないように思うのだが。

まそれが生きがいとか、若返りのモチベーションになっているのならそれはそれで結構なことなのかもしれない。

いくつになっても悟りを開くのは難しい。

さて月食の晩は寒かったな。寒空のなかで皆既月食になるまで待てなかった。

gessyoku04155

最近は少し寒さがゆるんだきたようだ。

suisen04159tulip04158

doudantsutsuji04160

チューリップや水仙の芽が出てきた。

ドウダンツツジの花芽もより赤くなったような気がする。

ウィンターシーズンはもう充分だ。春よ早く来い。

カテゴリー: テニス日記 | 投稿者ファイブK 19:40 | コメントをどうぞ

千両役者

フェデラーは千両役者じゃのう。それどころか万両役者かも。

サービスはセンターにワイドにボディにと、どっちに来るんじゃ?。ジュースサイドのワイドはよく切れる。

リターンはアドサイドのワイドならうまくスライスで返すし、センターならブロック気味で深い。

ストロークはライジングで時間を与えないし。スライスの低い球で打たせないようにしたり、たまに遊んでいるかのようなドロップショット。

解説者が5段階評価で6を付けるのもうなづけるは。

もうフェデラー劇場だね。20回目でも最後は涙も見せて魅了する。

「ヨッ待ってました」なんて掛け声がでそうだ。

一方「ナ~ミダ、ナミダ、ナ~ミダ!」はハレプか。

ファイナル5-3でサービングフォアチャンピオンシップだったのに。

昨年も1stとって2ndも3-0からオスタペンコに逆転負け。しばらく無冠の女王と言われそう。

決勝までゲーム数が多かったかな。ストロークで粘るタイプだから運動量も多くなるわね。

優勝者にウォズニアッキは含めていなかったな。優勝者当てクイズは見事ハズレ。

ウォズニアッキはジャパンオープン2007で見たな。

デビューしたてだったと思う。もう10年経つんだ。

SONY DSCSONY DSC

ビーナス相手の試合で、判定に不服で駄々こねて座り込んでいたな。

もう安心して引退できるね。いやもうちょっとやる意欲が沸いてきたかもしれない。(よけいなお世話か)

さてオーストラリアは暑かったようだが、こちとらは冷気で縮こまっていた。

オーストラリアの空気とうまい具合に還流できんもんかね。

ちょっとだけ趣味に深みを付けようと中古の望遠レンズ(500mm)を買った。

roubai04150

背景がぼやけてイイゾ。

yukidome04149

屋根に追加した雪止めも確認できた。積もった雪が一挙に落下してテラスが変形してしまったので追加したのだが、この前の雪でも落下音は聞かないから効果はあるようだ。

そんない重くないし、野鳥とか撮れそうだ。またテニス観戦でも使ってみよう。

フェデラーの動き追えるかな。(フェデラーはもう日本には来ないかな)

カテゴリー: テニス日記 | 投稿者ファイブK 20:17 | コメントをどうぞ

最終戦

今日は本当に寒かった。風も強くてテニスコートへ行くのを断念して家で干し柿つくりをすることにした。

屋外のテニスが楽しくなくなる季節・初冬になったということだ。

ATPファイナルズが放送されている。ロンドンの気候はどうなんだ。

予選ラウンドの早朝の放送を見ることができた。

フェデラーはさすがだね。ズベレフに追い込まれて苦しそうに見えたけど、ファイナルセット、ワンチャンスを見逃さずブレーク。あとはズベレフのあせりで最後はダブルフォールトに追い込んだね。

しかしこの結果を喜べない。何故なら優勝・準優勝者当てクイズで

フェデラー・ズべレフかフェデラー・チリッチと書いてしまったからだ。

3人が同組とはね。書く前に発表してくれないとね。チリッチ敗退となったから

後はズベレフが予選2位、決勝進出するもフェデラーに再度負けてくれるしかなくなった。応援したり、応援できないとか勝手な立場で申し訳ない。

さて私もシニアリーグ戦の最終戦だった。

勝てば優勝、負けると4位かというシチュエーションだった。

ここまでの勝ち数が同じチームが勝っても直接対決で勝っているので優勝となる。

最終戦の対戦相手に負けると、そこと既に終了しているチームと3チームの勝ち数が並ぶが、取得マッチ数で4位となってしまう。

初優勝のチャンスだったが結果はあえなく完敗、4位決定である。

私のマッチも7-4から7-9と逆転負け。マッチポイントも7-6で2回あったのに。これはイケンゾ。最後でこんな試合をするとは。相手に首の皮一枚でしたねと言われてしまった。

知らず知らずに焦ってドツボにはまっていったか。メンタル、実力不足ではしかたない。

順位はともかく、今年も喜んだり、悔しかったりと元気にテニスができたことが良い。

いつ怪我したり、病気になったりするかわからない。健康でテニスができることが重要なんだ。

さて数週間前、秋の真っ最中のダリア・ガブリロワ・・・じゃないダリア園の風景。

(ダリア・ガブリロワ選手ってよく知らないのだが)

dahlia04013

ポンポンダリアという呼び名はよく聞く。ちっちゃい花だよね。

でも園内は大きな花ばかり。

ボタンの花のようだ。別名テンジクボタン(天竺牡丹)というのもうなづける。

dahlia04035 dahlia04029 dahlia04028 dahlia04027 dahlia04023 dahlia04020 dahlia04019 dahlia04017

この花の品種名は「愛ちゃん」というようだ。

dahliaai04025

卓球の福原愛ちゃんからだろうか。

この前女の子を出産したというニュースが報じられていたね。

確か名前は「あいら」ちゃんで漢字は決まっていないとか。

台湾は漢字の国だろ。漢字で書けなくても出生届を受け付けてくれるのかい?

それとも出生届まだなの?疑問だな。

新聞社はそんなことを気にしないのかい。不思議だな。(そんなこと思うの俺だけ?)

 

 

 

カテゴリー: テニス日記 | 投稿者ファイブK 22:00 | コメントをどうぞ

ハイブリッド

楽天ジャパンオープンのゴファンvsシュワルツマンのダブルバックハンドのラリーは凄いと思ったが、上海オープンのフェデラーvsガスケのシングルバックハンドのラリーも凄かった。ほとんどスピンでスライスはめったに打たなかった。

シングルバックハンドは打点を前方にしないといけないが、どうしてあのように遅れることもなく合わせられるのか。あれが世界のトップレベルのプレーということか。

特にフェデラーはポジションがベースラインの近くで、上がりっぱなをダウンザラインに打つ様は芸術的だった。ナダルがベースライン1m,2m後方で打つことが多かったが完全に時間を奪っているよね。タイミングは難しいが下がって高く跳ね上がった位置で打つよりスイングは楽なのかもしれないな。

更にサービスも凄い。スタッツで1stサーブのポイント獲得率が83%、2ndが79%とかの数字が出ていたように思うが、1stも2ndも変わりがないのね。

ダブル1stというのか、ダブル2ndというのか、狙い+確率とも最高の出来だったんだ。

どうしてあんな魔法のショットが打てるんだ、ラケットはどうなってんだ、ストリングはどうなってんだと思ってしまう。

フェデラーも含めてほとんどの選手がハイブリットとか聞く。

ハイブリッドという言葉は生物学が最初らしいが、工業製品で自動車はなじみがある。

綿とナイロンの混紡糸も吸水性とある程度の強度を持たせられるからハイブリッドと呼んでもいいのではないかと思うが今まで聞いたことはないな。

この前もT社のハイブリッド車に乗せていただいた。良さはよくわからなかった。ランニングコスト(燃費)はよいだろうがバッテリーの寿命も考えると本当はどうなんだろう。なによりイニシャルコストが高いしな。

話がそれた。

ストリングのハイブリッドだ。

私も張ってみた。といっても一方はナイロンマルチでナチュラルではないから厳密にはハイブリッドとは言えないかもしれない。

最初中古のラケットを買ったら(*1)ポリエステル一本張り(48lbsらしい)でこれがけっこう良かった。

硬いガットは肘を悪くすると思い敬遠していたが食わず嫌いだったのかもしれない。

(ところでポリエステルをポリと略称するのはなぜなんだ。ナイロンもポリアミドなのに)

別の同じ種類のラケットを

(*2)メイン:ポリエステル、クロス:ナイロン(フェデラーはこのタイプといってもナチュラルだろけど)

(*3)メイン:ナイロン、クロス:ポリエステル(これが一般的らしい)

にも張ってみた。

ナイロン:ウィルソン リアクション17(1.25)

ポリエステル:バボラ RPMブラスト125

hybrid03944

打った感触は*1→*2→*3と柔らかくなっていくのは感じるのだが、はっきりいってどれがあっているのかよくわからない。

張った直後はどれも弾きが良くてボールに負けない感があってよいのだが、少し経つとあまり変わらないような気もする。

劣化(テンションの低下)していくのが早いのかもしれない。

単価も高いし、張り替えることでランニングコストはそうとう掛かるかもしれないな。

ハイブリッドとして組み合わさったメーカー推奨のストリングを選ぶべきなのか

選択肢が多すぎてランニングコストはそうとう掛かりそうだ。

迷う秋だ。

 

少し前に見た秋の風景。

okinawasuzumeuri03948

沖縄雀瓜とか琉球おもちゃ瓜とか言うらしい。ミニチュアの手毬みたいで可愛い。

おもちゃという名前がピッタリだ。

kinoko03952

イグチだろうか。これは食べなかった。これは食べられるものではないと言われていたのか、何故かよくわからない。

傘の表はよく似ているが、内側が網のようになっているアミタケ(網茸)は子供のころ裏山で採ってきてよく食べた。よく似た毒キノコもあるらしいが気にしなかったな。

スドオシとか言っていたが、地方の呼び名だと思っていたら、ネットでもこの名前が出てくる。関西地方ぐらい広い範囲の呼び名なのだろうか。

スドオシはどういう語源なのか、漢字でどう書くのか(漢字はないのか)いまだにわからない。

カテゴリー: テニス日記 | 投稿者ファイブK 17:15 | コメントをどうぞ

今も続くブログ仲間との交流(2)

旧365ブログは最初のほうはよかった。いつの時期かはわからないが英語でのブログやらスパムコメントが多くなって問題が起きていたと思う。

そんなこともあって新ブログになったと私は推測している。それを前後してブログから去って行かれた方も多かっただろう。

新しいシステムになった今も英文?らしき訳のわからないコメントが来るが(18710中の18629だから99.5%)削除すれば問題はない。

訳もわからない記事は減ったかもしれない。(あまり他人のは見なくなったが)

プロコーチ、テニススクール関係者のようないわばテニスの専門家?の人たちの記事が多いようだと感じる。

ある種専門的なことを書いておられるから、素人はコメントしづらいし、そうでなくとも

昔のようにコメントを書き込むような雰囲気ではなくなったと感じる。

なにがこの10年で変わってしまったのだろう。SNS(ツイッター、フェイスブック)が流行っていったのでブログは流行らなくなったのか。

インスタグラムというのは写真がメインで言葉は少ないとかやっておられる人は言う。

”インスタ映え”とかいうことばも聞く。確かに写真1枚は物語を表す場合もあるだろう。

でもね、小さい写真で事象の背景やら語れるのか、理解できるのか。古い人間には理解し難い。

起承転結の文をと思いつつ私も意味のないことを10年間語っているのかもしれない。

なぜ私は続いているのか、続けていられるのか。

そんな哲学的なことより今のお仲間のことだ。

pa03967

プレー中も喋る。帰りの電車でご主人の鍋物を食べる作法も聞いた。おしゃべり好きは変わっていない。たぶん”み”さんと話に夢中で降りる駅を乗り越したはずだ。

あっ一緒に降りたんだった。

mya04002

強打連発。私もダウンザラインで脇を抜かれました。

誰やら「男前」と叫んでいました。最初のパン・みゃ~会でも聞いた記憶がする。

アザレンカというよりリーナかな。

te03990

先生に向かってテッチャンとか言われていた。愛すべき先生だ。遠いところお疲れ様でした。帰りは大丈夫でしたか。

go04006

もうすぐ私を追って前期高齢者になられるはずなのにキレは衰えていませんね。

ma03970

この10年で一番上達された方だと思う。いつもお気遣い下さる。お土産ありがとうございました。

ga03991

スライスが多かったように思うが、さらにフラットドライブ系も加わって強さが増したような気がします。

mi03997

黒覆面で誰かわかりません。いや覆面をとれば可愛いですよ。

財布を落とすときは”み”さんの前ですね。

hi03979

一番交流に機会が多い”ひ”ちゃん。相変わらずネットプレー(特にハイボレー)がお得意。魚崎浜以来2年ぶりです。

アメリカ時代のご友人のご不幸、悲しいことでしたね。

コートの確保や組み合わせ表の準備などお手数をかけました。おかげで組み合わせも

まんべんなくたくさんのゲームができました。感謝です。

そしてみなさんお元気でテニスをされていることと、私もお仲間に入ることが嬉しいです。

次の機会を楽しみにしています。Thank you so much.

(最後は英語だぞってこれでよかったかな。ひろちゃん先生)

 

カテゴリー: テニス日記 | 投稿者ファイブK 21:49 | 12件のコメント

今も続くブログ仲間との交流(1)

先日の体育の日、懐かしいメンバーが六甲アイランドに集合した。

発起人はtetuさんで、主催はひろちゃん。

tetuさんはたまにご家族のいるこちらに来られるようだが、ご当地のひろちゃんとはSNSでも交流があるらしい。タイミングよくコートも確保できたのでかってのブログ仲間として私もお誘いを受けた。

パンドラさん、みゃ~さん、ごうせんさん、マリーさん、gaichiさん、みうみうさん、全員で9名。皆さんブログが縁で10年程前からのテニス仲間である。

(もとさん、しんころさん、小鹿ちゃんが加わればフルメンバーだったろうに残念)

思い起こせばこのテニス365ブログは旧システムで2006年6月に始めた。

少し前の4月ぐらいに始まったのだろうか。登録先着何名さんかには記念品がもらえたそうだ。(たいしたものではなかったらしいが)私はもらえなかったが、その後ある期間に記事を何回か書けば記念品がもらえるということで365のロゴの入ったボールをもらって今も開封せず持っている。

当時、合併新会社に転籍、慣れない雰囲気とキャリアの終わりが近づいていること、そしてテニスの衰えも感じる頃だった。

そんななかで年寄りに冷や水で商業的テニススクールに通いだし、ブログにも顔を突っ込むようになった。

そしてブログでコメントされている人たちに厚かましくも割り込んで、その方たちのテニス会に参加させていただいた。

それが2007年2月の「パン・みゃ~会」である。

それ以来場所は変われどテニスの交流が続いている。舞洲、播磨、大阪北港、鶴見緑地等々。私の近所にも来ていただいたことがある。
ほんとよくも続くものである。これはテニスが好きなだけじゃない、なにか縁とか絆みたいなものがあるようです。思いやりがあってたくさんの方に声をかけて労を惜しまない幹事さんがいることもあるのだろう。

皆さんのお話を聞くとこの間に、子供の成人、結婚。親御さんの他界、お仲間の不幸、そしてご本人・お連れ合いの還暦定年と
いろいろなことが起こっているようです。私も同じことが起こっています。短いようで長い10年です。

最年長の私が先行しているでしょう。ということは消え去るのも早いかも?

さて今回の会場六甲アイランドは私は初めて。屋根付きはスクール専用なのでしょうか。周りは高層マンション(億ション)、テニス愛好家の集まりどころなのでしょう。

rokkou03986

rokkou04007

残暑が戻ったような暑い日でした。一度雨で中止になったことがあったそうで、晴れて文句は言えませんね。

皆さんの雄姿(お美しい姿)は次回に。(予告編になっちゃた)

カテゴリー: テニス日記 | 投稿者ファイブK 19:36 | コメントをどうぞ