カテゴリー別アーカイブ: テニス日記

スポーツ指導者ミーティング

会社を辞めて名刺を持たなくなったが、今名刺を作るなら「年金受給者」か「スポーツ指導者」ぐらいは肩書きにできるだろう。
先日土曜日、日本体育協会公認テニス指導員という肩書き維持のために研修会に行ってきた。
4年間に4ポイント必要だが今回で3ポイント取得となった。
一応元会社のサークルのメンバーは初級者なので指導らしきものはしているが、クラブとかでは指導する機会もない。
お隣の席の方に「種目はなんですか」と伺ったら「資格マニアです」と。本当のところは存知ないが、私もレベル的にはそんなものかもしれない。
でも自分自身のためにもその道のプロの方の考え方、指導法などは聞いておいても損はない。
テーマは
「スポーツの指導方法について」(立命館大学の山浦一保先生)と
meeting01410

「トレーニングの科学」(びわこ成蹊スポーツ大学の佃文子先生)
meeting01413

山浦一保先生は名前で女性と思われたことがないようなことを言っておられたが、とてもお綺麗な方だった。
アップの写真も載せたいところだが、やっぱり控えておこう。

指導には対話の基礎体力が必要とのお話。(ことばや表現力のレパートリーが多いほうが良いということ。)
熱伝導みたいなことばであの松岡修三氏を思い浮かべてしまったよ。あのくらい熱く語れってことかな。

信頼した人の言葉だけを信じるものといわれたら、そこまでの信頼関係ができるまでは何も伝わらないということか。

佃文子先生のコンディショニングとアスレチックトレーナーのお話は各部の筋肉など専門用語が多くて、老人にはついていけなかった。
若い子や競技志向を目指す人を指導する人たち向けだったかもしれない。でもケガをしない予防法として知っておくべきこともあったな。

錦織圭選手もプロになってケガが多く、試合中にトレーナーを呼ぶことが多かったが、最近は日本人の専属トレーナーがついたことでよくなったと聞く。
最高のパーフォーマンスを引き出してくれるトレーナーも重要だね。

この日はとても暖かかった。テニスを途中で切り上げるの残念だったくらいだ。

比良山系の雪が美しい。

biwako01400

遠くに伊吹山も見える。
日本百名山のひとつだね。NHKの番組「グレートトラバース」で田中陽希氏が登るシーンも拝見した。
あの人もすばらしいアドベンチャラーだね。

biwako01404

マガモのつがいなんだろうか。
オスのほうが美しいね。(だから?)

biwako01403

カテゴリー: テニス日記 | 投稿者ファイブK 16:48 | コメントをどうぞ

コストパーフォーマンス

錦織選手、同一大会3連覇の偉業達成。

準決勝の3rdセットと決勝しかTV観戦していないが、準決勝まで苦しい試合だったのに決勝は以外にあっさりと勝ちきりましたね。貫禄勝ちというところなのでしょうか。

あれだけの身長(203cm?)があってもやっぱり1stサービスも全ゲーム入らないものですね。

ストローク戦を見ていると錦織選手のほうがだんぜん上回っていたのが素人でもはっきりとわかる。2R,3Rはひょっとしてエンジン弱めていたのかもね。

あの賞品のギターはどうするのでしょう。いずれ記念館ができたら展示されるものになるのでしょうね。(余計なお世話か)

ところで錦織選手、今回も試合中にストリングの張替えをしていたが、2SETで終わって間に合ったのだろうか。

いちどストリンガーの方の張り具合を見たが、横糸を蛇のようにくねらせながら通す様はさすがに職人、プロだった。
あれなら10~15分で張れるのだろう。(ちなみに私は1時間弱はかかる)

私もせめてボール交換時にラケットを替える、いっぺん経験してみたいものだ。

なに、同じ試合でボール交換もないだろうって。本当だね。これも錦織テニス同様永遠に経験できない異次元の話だ。

こちらはというと最近ストリング「バボラのエクセル125」200m巻を¥29,000で買った。マルチなので感触が柔らかく、面に食いついた感がするので愛用している。

12mで少し余りがあるのはわかっていたので、張り替える際元の長さを測定して11.76mで可能と判断して(98sqin 用だが)、これを一張り分とした。これなら17 張りとれるので一張り当たり¥1700ほどとなる。

単張り12mなら定価¥3,200ぐらい、ネットの割安品でも¥2,000~2,100ぐらいだから相当コストカットできる。

張り賃は自分だから無料だし。

今、1ヶ月を越えると、飛びが悪くなったと感じるので、少し我慢して2ヶ月持たせるとしても2本のラケットを使いながら1年半から2年間の量だ。

このラケットと相性はストロークは打ち負けないが、サービスがシャープではないので一長一短かな。

あとはテクニカルパーフォーマンスがあがるかどうかなんだが。問題はそれだ。

さて元会社の同僚から松山産文旦と同僚女性の娘さんからチョコレートをいただいた。

この文旦のように我が家の八朔も大きく美しい実がなってほしい。

buntan01399

スクールの女性陣からも貰ったし、3倍返しとか言われるとコストがかかるぞ。

ほんの気持ちなんだから、コストを言っちゃうと失礼か。

娘さんは新中学生になるそうなので、気持ちのこもったものをプレゼントしなきゃいけないな。

そんなこんなで今年もバレンタインディが過ぎ去った。

カテゴリー: テニス日記 | 投稿者ファイブK 16:47 | コメントをどうぞ

ブログ仲間とミックスダブルス参戦

この数日は無風、小春日和でテニスがやり易い。

日曜日もミックスダブルスの試合の予定で屋外だから天候が心配だったが、本当に好天だった。やはり日頃の行いがよいのだろう。

お誘いを受けたのはブログ仲間の”ひろちゃん”。このブログを始めてから8年ほどになるが2年目にブログ仲間が集まった際お知り合いになった方である。

このメンバー、それぞれの事情でブログのほうは撤退されたり休止状態になっていったが、いまだ数人の方たちとは、ときどきテニスをご一緒にできる嬉しいお仲間である。

今回は近くでミックスダブルスの大会があるので参加しませんかとお誘いを受け、朝5時半に起きて電車で2時間ほどかけて会場の某テニススクールに出かけた。

最寄の駅でピックアップしていただいて、途中にあれが有名な灘高よと教えていただいた。進学高としてなら名前が必ずあがるな。

話がそれるが野球ならPL学園だけど、今後どうなるだろうね。栄枯盛衰は世の習いだけど。

school01300

クラブハウスは黄色屋根のしゃれた建物だった。

school01302

オムニコート4面、ナイター設備あり。屋根がないのは営業的にはどうなんだろうね。

テニスは太陽に下でするものという考えもあるかもしれない。

school01303

室内に規範が貼られていた。
「この一球は絶対無二の一球・・・」今も語られるテニスの名言だね。
福田雅之助さん、全日本選手権の初代チャンピオンとある。まさに伝説の人だな。

邪念いっぱいで打っているヘタクシには遠い言葉だ。

それにしても俺の小さい頃は原っぱでボロボロになったグローブでキャッチボールしていた。
それと比べたらこんなクラブでテニスができる人たちはハイソサエティだね。

school01284

予選は3組毎の8ブロック(参加者は48名ということね)総当たり戦。各ブロックの1位チーム、2位チーム、3位チーム同士の決勝トーナメント(8チーム)であった。

最初の試合は出足が悪くノーアドのポイント4回のうち3回落とし2-6(6ゲーム先取)。ちょっと惜しかった。
相手女性はミスは少なかったかな。

でも次は6-1で勝って1勝1敗で2位となった。

2位チームのトーナメントは6-4、6-2と勝って決勝戦へ。

ひろちゃんは久しぶりの試合だったそうだが、あいかわらずボレーとスマッシュはミスがなかった。
このあたりは私もなんとかサービスキープができて、粘ることもできたと思う。

決勝戦は残念ながら1-6で準優勝だった。

この相手、男性は30代後半か40代前半に見受けたが、サーブも切れよくストロークも伸びてきて差し込まれてしまった。
相手女性もていねいにつないでくるし。

こちらもリードされてあせってしまったかも。意外とゆるいボールにミスがあったから、強く返そうと思わずのらりくらりがよかったのかもしれない。

1位チームに入っていてもおかしくないと思ったが、同組に1位決勝に上がったチームに5-6で敗れての2位だった。

それでうなづける。

私たちも2位チームトーナメントで最後に当たったのは運が良かった。でなければ賞品はあたらなかった。(3位まで賞品あり)

何より最低3試合のところ、5試合も楽しめました。それがよかった。

shohin01306

賞品はショルダーバッグ。定価¥2,592とあります。

参加費¥2,700の元がとれましたね・・・て、ひろちゃんにだしてもらったんだ。
スミマセン。お土産に持っていった大根¥200相当が¥2,700になってしまいました。
テニスラケット分ぐらいの一番長い大根でしたので半分はおでん、せんぎりや大根おろしで味わってください。スクール仲間のおばちゃんにも好評だったから美味しいと思います。

ひろちゃん
遅くなってしまうのでお茶をする時間も失礼してしまいました。またタイのお土産もいただき本当にお世話になりました。
ありがとうございました。
是非またこちらに来られる際はテニスを一緒に楽しみましょう。

カテゴリー: テニス日記 | 投稿者ファイブK 12:30 | 3件のコメント

最後の最後まで

楽しませてくれましたね、錦織選手。でも本人は終わりて悔い・・・ありだろうな。

ツアーファイナル、final setの第一ゲーム、ダブルブレークポイントを逃したことで歯車が狂ったようだ。

US OPENの再現かと思ったのに。

チャンスだと思った瞬間、罠が待っていたのでしょう。

決勝戦も朝4時頃起きてテレビをつけたら、この準決勝戦を再放送していた。あれもう終わってしまったのかと思ったら、フェデラー選手の棄権とある。

たらればはないが、フェデラー選手が決勝を棄権したわけだから、勝っていれば優勝じゃん。

ラオニチ選手が棄権でもうけたねと思ったら替わりにフェレール選手がでてきてびっくりしたけれど、さすがに敗者復活戦はなかったね。

ダブルフォルトが多かったが、1stサーブをよりフラットぎみに打とうとしていて、その結果2ndのスピンが微妙に変化してうまくいかなかったのだろうか。

それとも手首の痛みやテーピングの影響だったのだろうか。

某熱血解説者のかたは精神論よりそういった技術論を解説していただきたかったな。

それにしても錦織選手アッパレであった。ついでによくぞLIVE中継してくれたBS朝日にもアッパレをあげよう。

さて私のシニアリーグ最終戦も終わった。

男子ダブルスは6-8。ミックスダブルスは9-8(5)だった。

ミックスダブルスは2回7-9で負けているので最後に無念を晴らせた。

タイブレークは5-4で私がサーブをキープして6-4になったとき、「あれマッチポイントだ」と気がついた。それまで1本1本打つことに集中していたせいか、カウントを意識していなかったのがよかったのかもしれない。

次のサーブはポイントを失って6-5になったが、女性のサーブをうまくリターンで沈めてネットミスを誘い勝利となった。

この日、朝一番にスクールで練習してからと出かけたら、ラケットバッグを積み忘れ、レンタルラケットで練習した後家に、戻って会場に出かけた。

スクールの受付嬢が今日はきっといいことがあると言ってくれたが、彼女は預言者だね。

さてさて木枯らしが吹いて寒くなってきた。

えんどうも3種類計60株ほど芽が出てきた。

endou01258

endou01259

玉ねぎも3種類400本ほど植えた。えんどうも玉ねぎも寒い冬を乗り越えてくれ。

tamanegi01261

そして今年も干し柿作りを済ませた。

hoshigaki01266

正月まで洗濯物は干せないぞ。

カテゴリー: テニス日記 | 投稿者ファイブK 21:03 | コメントをどうぞ

今シーズンは準Vか?

熱かったUS OPENが終わって涼しくなった。

錦織選手、優勝は逃したけれど最後まで楽しませてくれたし、更に期待を抱かせてくれた。

張本御大が「まだアッパレはやれません」とコメントしていたが、そうかもしれない。

マイケルチャンがフレンチで優勝したことでサンプラス、アガシ、クーリエは彼に出来るなら俺だってと、彼以上の成績を残したときく。

チリッチ、錦織の活躍で俺も俺もと闘志を沸かすライバルがたくさん出てくるだろう。

立ちふさがるものはあるだろうが更なる飛躍を期待しよう。

さて自分のテニスはというと、レギュラーのクラブ対抗戦の最終戦を勝利で終わった。

個人的にはダブルスNo.2で4-6,3-6で敗退。相手の一人がレフティで切れのよいサービスを打つのでリターンしきれずブレークは難しかった。

もう一人のサービスのときが勝負だったが、ジュース、ジュースのゲームを取れず、それが敗因だろう。

チームとしては3勝3敗で迎えた最後のマッチ、シングルスNo.2がファイナルセットで勝って4勝3敗。

これで通産4勝1敗で22ポイント。2位はほぼ間違いないだろう。(同じ4勝1敗チープがでればポイント差で3位もあるかもしれないが、また3チームが並べば1位だって可能性はある)

昨年成績は3勝2敗で16ポイントだったからかなり向上したわけである。

みんな年齢が高いので、衰えていくのは避けられないが、来年もまた目標(小さなものだが)を持ってテニスを楽しみたいものである。

何より今年も健康でテニスが出来たことが収穫である。

朝夕は冷え込んできた。
りんごには甘味がついてくる季節である。
二重の袋の外側の外した。外すときの僅かな力で実が落ちてしまう。
これから赤く入り色づき、甘くなるというのに、ポロッ、ポロッでは悲しいやら情けないやら。
ここまでの摘果、袋掛けの努力が一瞬にして水の泡である。
自分の力では及ばないことがあるとこの歳でも知らされる。

ringo00816

ringo00818

 

そしてスーパームーンとやら。

違いはワカラン。

moon00814

虫の声だけが響く。

「秋の日の ヴィオロンの ためいきの 身にしみて ひたぶるに うら悲し」か。

ザ・ロンゲスト・ディの始まりではないよ。

カテゴリー: テニス日記 | 投稿者ファイブK 20:26 | コメントをどうぞ

感涙にむせぶ

解説の神尾米さんが泣いておられた。

目にゴミが入ったわけではないと思う。

錦織選手がジョコビッチ戦に勝った直後だからやっぱりあれは文字通り

【感涙】深く感じて流す涙。感激・感謝のあまり流す涙。

感涙にむせぶという状況だったと思う。(勝手に他人の心を決め付けるのも失礼だとは思うが)

神尾米さんの優しい人柄が出たように思う。ますますファンになったな。

試合終了直後の雨は早朝のLIVE放送を観た日本人の多くのテニスファンの感激の涙雨だったのかもしれない。

私も涙は出さなかったが思わずバンザイをしてしまった。

1時半頃起きてテレビの前に座ったらすでに始まっていた。あっさり1stセットを取ったが、2ndセットを簡単にとられ、ジョコビッチの巻き返しが始まるのかと思ったが3rdセットをタイブレークで取ったのが大きかった。

4-0から確か5-4まで追いつかれた後だっただけに大きかった。

グランドスラムの準決勝、決勝を経験してきた世界No.1の選手でも追い込まれるとプレッシャーを感じるものなんだ。プレーを見ていてそう思った。

錦織選手がそうさせているということだろう。

「もう勝てない相手はいない」まさにそうだね。

今夜も寝過ごさないようにしなければ。

さて私も今日はクラブ内の親睦団体戦。各チーム5~4名の3チームでワンセットマッチで8試合づつ行った。

私たちのチームは3勝5敗で2位。個人的な結果は2勝2敗。

最後の試合優勝チームに一矢報いて全勝を阻止した。5-1から5-5に追い上げられたが7-5で逃げ切った。ふぅ疲れたぜ。

おかげで賞品はビールが当たった。3位なら第三のビールだったかもしれない。

感涙にむせんだぜ。(大げさな)

昨夜も豪雨だった。鉄道が運行中止になったそうだ。

もう秋なのに、夏の夕立のように雨が多い。

kuri00797

りんごの木も葉が落ちていく。今年は不作なりそうだ。

ringo00799

ringo00801

収穫までもう少しなので、辛抱して木にしがみついていてほしいな。頼むぜ。

カテゴリー: テニス日記 | 投稿者ファイブK 17:27 | 5件のコメント

七夕の願い

ウィンブルドンも終わってしまった。 また優勝者当てクイズ失敗である。

クヴィトバ VS ブシャール戦、以外にあっさり終わってしまった。もっと接戦になる思ったのだが。

確かにクヴィトバ選手は実力がある選手だが、ウィンブルドン初優勝以降、もう一歩の感がしていたので私の選ぶ優勝候補にはなかった。

今大会はサービスにフォアハンドに乗った大会だったようだ。 ブシャール選手もそんなに悪くはなかったように思う。そのうちGS優勝は間違いないだろう。

クヴィトバ選手使用ラケットはWilson BLX STEAM 100だろうか。私も最近軽くて振りぬき易いので使っている。 私もあんなふうにブンブン振りぬきたいものだ。(腕が違うから振りぬいても入りません)

ジョコビッチ VS フェデラー戦

ジョコビッチ選手は「勝たせてくれてありがとう」と優勝スピーチで言ったがフェデラーに言わせたかった。 スライスとボレーを織り交ぜて、見ていて楽しかった。

ワールドカップサッカーでもそうだったが、フィジカルの強い選手ばかりだったね。

最後のところは体幹の強さ、5セットマッチを7試合できる体力が勝負。日本人の道は厳しい。

ウィンブルドン期間中の自分のテニスといえばシニアリーグで連敗、クラブ内の親睦テニス大会1セットマッチを4試合で0勝4敗。号泣したいのはこっちだ。

さてじゃがいもを収穫した。

jagaimo03229

これは「きたあかり」という品種。「男爵」と「メークイン」も同じくらい収穫できた。春先なかなか芽がでてこなかったので心配したが豊作である。
いいことはこれぐらい。

そして夏の風景 赤:ノウゼンカズラ

nouzenazura00610

ハッとするような鮮やかな色、炎のように燃えているようでもあり更に暑さを感じさせる。

黄:ルドベキア (たぶんその一種だと思う)

rudbeckia00593

黒:ヒマワリ(向日葵)

himawari00583

中央の種になる小さい花の集まる部分。ルドベキアも親戚だな。

青:キキョウ(桔梗)
kikyou00597

秋の七草、ということはもう秋?

桃色:グラジオラス

gladiourus00594

我が家の庭のグラジオラスはまだ咲かない。

白:ゆり(百合)

yuri00595

百合と言えば吉永小百合さんを思い浮かべるには、私もサユリスト?

おまけの緑:かぼちゃ

kabocha00581

ことしも3つはとれそうだ。

さらにおまけの緑と黄

SONY DSC

トノサマガエル だと思う。
ダルマガエルという種類もあるそうだが違いをよく知らない。
第一小さい頃、ダルマガエルという名前を知らなかった。

うなぎと同じように絶滅危惧種らしい。誰だそんなに食べた奴は。

そういえばイナゴも見かけなくなったな。かえるは食べなかったがイナゴは食べたことがある。

今日は七夕。五色の短冊に願い事を書かなくちゃ。

「台風8号さん、お呼びでないので来ないでください」

りんご、袋掛けしたところなんだ。

カテゴリー: テニス日記 | 投稿者ファイブK 20:31 | コメントをどうぞ

りんご悲しや 悲しやりんご

久しぶりのシニアリーグ戦、第3戦があった。

63歳で若手といわれ、今回も男子ダブルスとミックスダブルスに出た。

対戦チームのなかには30数年前社宅でご一緒だった方や元会社でテニスがうまく県のテニス協会の要職にあられた方もおられた。

その頃はまだテニスはしていなかったが、その後テニスを始めて協議会のようなものに出るようになってからテニスがうまいと人伝に聞いた。しかし対戦は初めてである。

男子ダブルスのお相手は社宅でご一緒だった方とテニススクールで2~3回振り替えで来ておられた方だった。ご挨拶はしなかったが覚えておられたであろうか。

スクールでも強引なショットを打たれていたので警戒はしたが、そうでもなかった。

結果は8-2。

屋外で風もあったし、浅いボールなどに足がついていかなかったように思えた。

70歳前後ぐらいであろうか、やっぱり年齢は隠せない。動かされるともうだめである。

私も数年後にはそうなるのだろう。脚を鍛えないとだめだな。

ミックスダブルスのパートナーはこれまでの2戦と同じ方。

サービスラインぐらいの位置でのボレーやロブカットはほとんどミスがない。

ボレーも相手の逆をつくように打つので思わず「うまい!」と声が出てしまった。

相手は女性が右利きでアドサイド。バック側ワイドにスピンをかけて弾ませると、ほとんどがリターンミスを誘った。30-40でも怖くはなかった。得手不得手はあるかもしれないがやはり男性(男子ダブルスの一番の方)が守るべきだったのではないかな。

いつのまにかスコアは8-0。

この方は女子ダブルスでもポイントゲッターである。

同姓なのでコートでの夫婦と呼ばれるのだが、女王と下僕と呼んだほうがいい。

チームも5勝2敗で2ポイントも勝利に貢献できた。

敗戦の弁を語らなくてよかった。

さて今日は疲れた身体を振り絞ってりんごの袋掛けをした。

SONY DSC

150枚付けたがまだまだ残っている。

これでも付けながら100個以上落としたのだが。

SONY DSC

今から咲いても遅い。
SONY DSC

たくさんサビがついたものがある。今年は特に多いように思える。春先の気候のせいなのだろうか。
SONY DSC

私が食べる分にはみかけはどうでもよいが、青森あたりのりんご農家は商品価値半減で困るだろう。

せっかく大きくなっていけるのに摘み取られ

りんごは何にも言わないけれど りんごの気持ちはよくわかる。

SONY DSC

いんげん豆がたくさんなってきた。捨てずに全部食べてあげるしね。

畑に植えたひまわりが花をつけ始めた。

目線のうえで上向きだから撮りにくい。満開の頃にはこちらを向いてくれるかな。

SONY DSC

SONY DSC

本格的な夏はもうすぐだ。

カテゴリー: テニス日記 | 投稿者ファイブK 21:21 | コメントをどうぞ

新女王誕生

AKB48のことではない。

車椅子テニスの上地結衣さんのことである。

全仏オープン女子シングルスで優勝してとうとう女王の座についた。

知っている人が世界No.1になるなんて、自分のことのように嬉しいね。

中学生のころから6年か7年か、ずいぶん努力されただろう。努力が実を結んだということだろう。

これからは挑戦される身だけどさらに上をいってほしいものだ。

全仏オープンといえば女子決勝、シャラポア VS ハレプ戦、素晴らしい試合だったね。

お互い追い込まれてもオープンスタンスのまま、信じられないような角度でクロスに返すし、すこしでも余裕があればダウンザライン、逆クロスと
ウィナーを打てる。
スライスで逃げることなんかほとんどなし。テニスの次元が違う。

ハレプ選手は身体は大きくないが、錦織選手のようにショットの創造力の高いプレーヤーだね。次期女王は間違いないと思う。

シャラポア選手、ダブルフォルト、ダブルフォルトでもうだめだろうと思ったが、すごい執念だね。

ダブルフォルトもただのアンフォーストエラーのひとつだと思っているのだろうか。

もう十分成績も上げているし、お金もたくさん稼いだとおもうが、勝利への執念飽くなきだね。

走らされたたらすぐに諦めちゃうヘタクシとは月とスッポン、雲泥の歳・・・というか比較対象の次元ではないな。

さて実を結ぶといえばたまねぎの茎が倒れてきた。収穫しろとのサインらしい。

tamanegi03177

とりあえず半分ほど収穫した。

SONY DSC

収穫量は50%ぐらいだろうか。
マルチの固定が悪くて風にあおられ、冬の間に苗がだいぶダメージをうけてしまった。
今年の晩秋の作付けはこの点を見直して収穫量を上げたい。
日々勉強である。

SONY DSC

りんごも少しずつ大きくなってきた。エルニーニョの影響どうなるんだろうな。心配してもどうしようもないが。

麦秋

SONY DSC

ヤマボウシ(山法師)

SONY DSC

SONY DSC

緑の中に白が美しい。

赤土から緑の芝へ。その前にワールドカップか。また眠れない日がやって来るね。

カテゴリー: テニス日記 | 投稿者ファイブK 20:40 | コメントをどうぞ

老後の日

フレンチオープン、いよいよ結末の日が近づいてきたな。

優勝者当てクイズはノバク・ジョコビッチ選手(ナダル選手は最後まで身体が持たないのではないかと)とリー・ナ選手(セレナ・ウィリアムズ選手よりは勝ってほしいとの願望から)としたのだが、リー・ナ選手がこけてはや脱落。ことしも抽選参加資格さえなくなった。

若手有望株のシモーナ・ハレプ選手にしておけば良かったかな。

ここへきてユージェニー・ブシャール選手も出てきて、決勝には彼女が残るかもしれない。どんどん自信が付いてきているだろうしね。

SONY DSC

(昨年のHP OPENの写真)

バックハンド、頭以上の高さのボールをドライブボレーする様は圧巻だね。

1時間後に準決勝VSマリア・シャラポア選手戦が始まる。楽しみだ。

さて今日6月5日は語呂合わせで老後の日。

まさに現実の日々である。

誰しもと同じように健康とお金が心配な日々である。

お金は贅沢しなければ生活できる額ぐらいは年金でまかなえる。

でも病気でもして高額の医療費が発生するようになれば一挙に破綻するだろう。

ガンに脳卒中に心配は絶えないが、認知症も心配になってきたぞ。自分じゃ認識していなかもしれないし。
(こうやってブログ書いているうちは大丈夫か)

先日生涯スポーツクラブの親睦テニスで準優勝だった。

ダブルスのパートナーを抽選で決めて4ゲーム先取の試合を4試合。取得ゲーム数の多い順で順位を決める方式だったが

15ポイントでふたり並んだが失ゲーム数が多く、準優勝だった。

最後の試合0-3から逆転して4-3だった。

パートナーは80歳半ばの方だからよく逆転できたものである。(相手は60半ばと70歳)

試合中、1-3になったときに相手の逆転されるのじゃないかとの弱気な発言。自分でプレッシャーを掛けていた。

試合中にネガティブなことを考えるものでないね。

でもいくらポジティブに考えても80歳まで健康でテニスができるなんて私には思えないな。

商品は選べたのだがカレーにした。

SONY DSC

絶品カレーという名前に飛びついてしまった。

いやカレー・・・・加齢 と無意識に選んだのかな。

カテゴリー: テニス日記 | 投稿者ファイブK 21:35 | 2件のコメント