カテゴリー別アーカイブ: テニス観戦記

今年も島津テニス観戦

久しぶりの日記である。

今年も25日木曜日に島津全日本室内テニス選手権を観にいってきた。

今回はJR京都行きに乗って京都駅で山陰線(嵯峨野線)に乗り換えて行った。
かって通勤した時刻の電車で、よく見かけた足の悪いオジサン、まだ仕事に行っておられるようだ。70歳を超えられているようにも見えるが、足を引きずりながらである。すごいもんだね。敬服する。

円町から歩く距離は増えたが、電車の本数もたくさんあって、こちらのほうが便利だ。来年もこうしよう。

yonemura02860

yonemura02866

米村明子選手はこれが現役最後の大会だったようだ。
1984年生まれということは32歳?
30を超えるとシングルスは厳しくなるだろうね。どんどん若い人も出てくるだろうし。

といっても今回の対戦相手の宮村美紀選手もベテランだね。1985年生まれとあるから1歳若いだけだ。

miyamura02850

結局米村選手、粘り負けというところでしょうか。

ダブルスでは優勝だったようで最後の華が飾れて良かったですね。

score02881

宮村選手は女子では珍しい片手バックハンド。スライスが多いのかと思いきや、走らされて遠いボール以外はけっこうスピン系が多かった。

miyamura02924
(ダブルスでの写真)

速いほうの部類のコートだと思うが、良いタイミングと負けないパワーがあるんだね。見習いたいな。

シングルスは波形純理選手との決勝だったようだ。

namigata02961

波形選手は1982年生まれということは34歳?

遅咲きだからまだまだモチベーションは残っている?

マルチナ・ヒンギス選手は次男と同じ1980年生まれで、いまだにダブルスの世界トップだから、年齢じゃない。
燃えるものがあればまだまだやれるでしょうね。

こんなペアもいました。

morisakiyonehara02885

ペアルックでスパッツ丈も同じ。米原実令選手と森崎可南子選手。どちらも筑波大ですか。どおりで気が会う?

こっちはウェアだけじゃなく、体型も顔もいっしょじゃないか。

ratiwatana02891

サンチャイ・ラティワタナ選手とソンチャット・ラティワタナ選手。双子でしたか。

どっちがどっちか近くで見てもわからないだろうな。

今日はここまで。

カテゴリー: テニス観戦記 | 投稿者ファイブK 17:04 | コメントをどうぞ

島津室内選手権

今年も島津全日本室内選手権の観戦に行って来た。
プロの大会が近くで行われるのはここと大阪ぐらいだから、いつも楽しみにしている。

車でも行ける距離だが、京都市内を走る勇気がないので電車とバスを利用してである。
プロのプレーも楽しめるし、観戦するだけで指導者研修ポイントも貰えるので一石二丁である。

simazu01513

西京極のハンナリーズアリーナもそうだが、島津アリーナも3面コート配置にすると観客席から手前のベースラインが見えないし、サイドから見ても一番手前のコートのサイドライン付近が見えない。

大きな大会なら問題だろうな。

3面を仕切るネットも低いように思う。女子ダブルスで大前選手がゲームを失った際、手に持ったボールを叩きつけて、隣の男子シングルスのコートに入ることが二度あった。

その度にレットになって、ポイントを取ったと思った選手がレットになって抗議していた。
プレーに影響のないところでも見えたら、ポイントを失ったほうがレットを要求するわね。

simazu01580

ここは守屋選手だが、添田選手も同じようなシーンがあった。

抗議中もそしらぬように女子ダブルスはプレーを再開していたが、大前選手には”カツ”だな。

女子シングルス準々決勝

秋田史帆選手 vs 岡村恭香選手

akita01466

okamura01441

出だしは秋田選手のリードだったがだんだん悪くなっていった。表情で落ち込んでいくのがよくわかった。観客席の外人男性が英語で何か言っていたがコーチだったのだろうか。
コーチならルール違反だよね。

岡村選手は昨年の大阪HP女子ダブルスでも見た。有望株なんだろうな。”アッパレ”あげよう。

大前綾希子選手 vs 桑田寛子選手

omae01498

kuwata01510

うまさ的には桑田選手だろうが、チャンスを逃がしていたような。大前選手の勢いというか勝ちの執念が勝ったのかな。
桑田選手にしたら悔しい敗戦だったろう。

伊藤絵実子選手 vs 今西美春選手

ito01529

imanisi01537

はっきり言って実力は今西選手のほうがだいぶ上だね。

imanisi01543

ファッションでも勝ちか。

女子ダブルス準決勝

井上雅選手、大前綾希子選手 vs 瀬間友里加・詠里花選手

inoue01571

井上選手の元ファンクラブ会員としてはシングルスのプレーを見たかったのだが、1Rで敗退だったようだ。ここも”カツ”だな。

sema01563

瀬間姉妹、サービス練習をセンター付近で二人同時にするとウェアも同じだし本当に鏡に映したような対称的な動きだった。

妹さんは相変わらずラインパースンに「ちゃんと見てよ!」と気の強いところを見せていたね。

inoue01577

両方ともアイフォーメーションも見せていた。揺さぶりをかける意味はあるだろうがポイントにはつながらなかったようだ。

実は私もスクールでやったことがある。サーバーと相談なし、サインなしのはったりだが。
打つ前に動いて、身体の横をボールがすり抜けて相手もビックリ、エースになった。後頭部に当らなくてよかったけど。
そんなことはどうでもよいか。

ハラハラドキドキの展開だったがファイナルセットスーパータイブレークで勝利、決勝進出となった。

inoue01588

研修ポイントカードを受け取りに本部に寄ったら、ちょうど二人がおられたのでおめでとうございますと声をかけて、
「実は昔、ファンクラブに入会しているころテニスラウンジの某校で10球ほどラリーをしてもらったことがあるんですよ」などと
さも親しげにかつあつかましくご挨拶ができた。

写真うまく撮れたのでよかったよ。

simazu01590

テニスラウンジ某校に寄ったら届けてもらおうかな。

今日の結果を見たら優勝とある。いやほんとうにおめでとうございます。

カテゴリー: テニス観戦記 | 投稿者ファイブK 20:47 | コメントをどうぞ

完結編(ジャパン女子オープン⑤)

台風19号も過ぎ去った。中心が通過した後のほうが風が強かったな。
でも被害はなかったのでよかった。

さてジャパン女子オープンの観戦記も最後にしよう。
TVで中継される場合はたいがい対戦相手が日本選手のときだ。
こうやって名前を初めて聞く選手も多数だがどこの国でいくつでランクはと、選手を知る機会になる。
ストーサー選手みたいにいつコンビニで出会うかもしれないから良く覚えておこう。
ペンとサイン帳も持っていたほうがよいかもしれないな。

クリスティナ・ムラデノビッチ VS ココ・バンダウェイ 2-6,3-6

赤 対 紫の戦いだな。
残念ながら最後まで見られなかった。結果をみるとあっさり終わったようだ。

mladenovic01135

mladenovic01133

ムラデノビッチ選手、数年前ここ大阪でスーパジュニアの大会で見たことがある。確か優勝だったと思う。ランキングは87位。順調なんだろうか?それとも遅い?

vandeweghe01138

vandeweghe01128

当たり前といえば当たり前だが本当に膝がよく曲がり、上半身がひねれる。

アナ・コニューVSジェン・ジー(鄭潔)4-6,7-5,6-2

konjuh01125

konjuh01098

WTAランキング100位。17歳ですか。若いですね。とてもそんな歳には思えない。プロの世界に入ってあどけなさはなくなった?

話はそれるが

ダブルスで岡村恭香という選手が出ていた。本当に若いと思ったら高校生のようだ。選手名鑑に出ていないのでまだプロではないようだ。
okamura01141

この歳からプロとして経験を積んでいかないピーク年齢はあっという間に来てしまうね。

zheng01085

zheng01086

zheng01120

zheng01122

zheng01089

もうベテランだね。小さい身体で頑張っていると思う。

グランドスラムダブルス優勝もある。最高位15位ですか。

こうやって若い選手に負けてしまうと気が落ちるだろうな。でもこれが勝負の世界。

鄭潔 加油(頑張れ)

私も油(アルコール俗にビール)を加えてオッサンテニス頑張るぞ。(そういうことかい)

-完-

カテゴリー: テニス観戦記 | 投稿者ファイブK 09:44 | コメントをどうぞ

日本選手のトップ(ジャパン女子オープン④)

台風は四国に上陸したみたいだ。風の音も少し大きくなってきた。

といいつつ続きを書く。

靭公園、特に火曜日は絶好の日和だった。
平日だし、自由席ならどこに座っても良いしね。(年金暮らしだから指定席は無理なんだ)

center01081

syushin00987

主審のモニター、どんな画面になっているのかレンズ越しに見てみた。大きく40/30と表示されている。
画面は私たちが書く升目のスコアシートとは異なるんだろうな。ボールチェンジのタイミングとかも表示されるのだろうか。

奈良くるみ選手と伊達公子選手は欠場(出場辞退=ウィズドローというんだね)

どうしても期待は土居美咲選手にかかるよね。

doi01063

彼女のサーブの特徴は、持ち上げる手が内側に折れるのだね。他の人では見かけないような気がする。

doi01065

doi01079

対戦相手はアナ・ボグダン選手(予選勝ちあがり)

bogdan01073

bogdan01076

1stセットをタイブレークで落としてどうなるかと思ったが逆転で勝利。

でも穂積選手とともに2Rで敗退。世界の壁は厚いんだね。

その穂積絵莉選手の1Rの相手はベサニー・マテックサンズ選手

sands01041

sands01020

いかにも厚いステーキ食べてるアメリカ選手だ。

hozumi01017

hozumi01038

hozumi01046

ストロークの応酬でよく勝ったなと思う。

タメブロさんのブログで見かける梅田コーチが帯同されていた。練習相手としても、また戦術のアドバイスを受けられるのは心強いだろう。

個人競技とはいえ、チームで動ける人には大きなサポートだ。

コーチ、トレーナー、食事の管理する人、マネージャー、雇える資金を稼げる人は有利だ。稼げるようになるまでがたいへんだが。

カテゴリー: テニス観戦記 | 投稿者ファイブK 15:07 | コメントをどうぞ

ダブルスの巧者(ジャパン女子オープン③)

台風が迫っている。雨で農作業もできないし、こうやって日記をしたためる。

6日月曜日の第一試合はまだ予選の最終戦。

まだ雨がパラツク天候のなかで始まった。

青山修子選手はダブルスでは実績のある選手だね。京都でも観戦したことがある。
いつもネットより低い姿勢で構える。相手に見えないようにしているのかな。サーブが打たれたらぱっと顔を出してびっくりさせるのだ。(冗談です)

aoyama00952

aoyama00969

今回ダブルスの試合は見なかったが見事優勝。おめでとうございます。

シングルスの予選最終戦の対戦相手はオルガ・サウチュック選手(ウクライナ)

savchuk00964

savchuk00959

ラリーの途中でプレーを止めて、雨で滑るみたいなことを主審に言っていた。(言葉わからんけどゼスチャーで)

いくら危ないと思っても途中ではだめだろう。せめてポイント間に主張したらよかったのに。決めるのは主審だろうし。

syushin00957

主審がライン(ライン上は特に滑り易いのだろう)をタオルで拭きだした。主審の仕事ではないような気もするが、ボールパーソンに言うより早いと思ったのかな。

(ラインパースンもボールパースンも見てみぬふりをしていた・・・そんなことはありません)

青山選手はフォアも両手打ち。逆手だと思うがうまく打つね。

結果は3-6,6-1,6-1で本選に。

この大会優勝ポイントが280ポイント。1Rなら1ポイント。

ということがオルガさんはわざわざウクライナくんだりから来て、ポイントなし?賞金もなし?

ひゃ~、なんて厳しい世界なんだ。旅費は、宿代は蓄えからかい。

WTAランク200位以下なんて言い方は悪いがドサ回りだね。もうちょっと真剣に拍手してあげなくては。

カテゴリー: テニス観戦記 | 投稿者ファイブK 10:42 | コメントをどうぞ

注目の選手(ジャパン女子オープン②)

サマンサ・ストーサー選手を破ったという弱冠16歳の大坂なおみ選手。

osaka01007

アフロヘアーがよく目立つ。

体格は立派だけど顔はまだ子供だね。まだ高校生だもの当然か。
身長が180cmもあると思えないけど全体にがっちりした体型だからだろう。

osaka01015

osaka00997

1stサービスは確かに速い。音も違う。また1stでは意表をついてワイドにスライスサーブも打っていた。

でも2ndがやや弱い。そこを付かれるときついかも。上位選手は見逃さないだろうな。

DNAからして身体能力は高いのだろう。期待しよう。目指せ第二のセレナ。

対戦相手の瀬間詠里花選手

sema01009

sema01011

sema01001

相当気が強いね。判定に大きな声で叫んでおられた。

この世界で勝負していくにはみんな必要なことだろうけど。

結果は6-1, 4-6, 6-0で大坂なおみ選手に軍配。

2ndは粘ってとったけど、やっぱりサービスの差なんだろうか。

小さい選手の永遠の課題だね。

カテゴリー: テニス観戦記 | 投稿者ファイブK 09:34 | コメントをどうぞ

サンキュー サマンサ(ジャパン女子オープン①)

10月6日から7日にかけてオッサンテニス仲間5人で大阪・靭にJapan Women’s Open Tennis 2014を観にいった。

今年から日本ヒューレット・パッカード社がメインスポンサーから降りたのね。 協会の方、スポンサー探し真剣に対応したほうがよいよ。日本女子オープン開催できないとなればファンは嘆くよ。

月曜日、台風が過ぎ去って晴天かと思いきや、雨が残って開始が遅れていた。 腹ごしらえと気付け薬(ビールという)を買いに近くのコンビニに入ったらサマンサ・ストーサー選手がいた。

目が合ってハローと言ったら相手もハローと言ってくれた。 情けないがそれ以上の会話はできなかった。

お店を出てきたところで写真をお願いしたら快くオーケーと言ってくれた。

stosur00934

私もツーショットで写りたかったな。

stosur01104

翌日10月7日火曜日のVS江口実沙戦である。結果は6-4,7-5でストーサーの勝ち。

stosur01106

あまり調子はよくないように見えた。
バックはスライスでつないでいるだけだし、エラーも多かった。
初戦だからエンジンがかからないのか、手を抜いているのか。

eguchi01113

江口選手もチャンスはあった。特に2ndセットは先にブレークしてもう一歩だったのに。

4ゲームとったあたりになると勝ちたい、勝てそうだと思うし、プレーが小さくなってしまうのだろうか。
打っているボールはさほど変わらないように思うのだが。

それともランク上位の選手はこのあたりで力を発揮するのだろうか。

サービスゲームだけしっかり取って、チャンスがあれば一回のブレークでよいと思っているのだろうな。

結局優勝するのだから1R,2Rあたりは全力というわけではなく、徐々にフルパワーに持っていく、そういう余裕の戦いができるのだろう。

これがグランドスラム優勝者の実力というものだろうな。

と、また藤四郎がエラソーな解説をしてしまう。

撮った写真も200枚ほどある。解説ぬきで美しいフォームだけ紹介しますのでお許しを。

カテゴリー: テニス観戦記 | 投稿者ファイブK 18:19 | コメントをどうぞ

島津全日本室内選手権(最後)

このカメラ動画も撮れるんだ。少しだけ試してみたら録画再生ができた。でも編集とか登録のしかたがわからない。
いつか勉強してからやってみよう。
UFOかなんか撮れないかな。(無理です)

今西美春選手 VS 井上雅選手

今西選手、昨年のチャンピオンだ。

imanishi00099

imanishi00110

imanishi00106

imanishi00108

この試合はミスが少なかったかな。(結局優勝は伸び盛り?の加藤選手でしたが)

井上選手

inoue00076

実は某テニススクールでかってファンクラブに入っていた。10球ほどお相手もしていただいたことがある。

三重県でのプロ最初(だったと思う)の試合を観戦し、後日その写真にサインを頂いて職場のデスクに飾っていたこともある。唯一のお宝だ。

そんなわけで一番応援している選手なのだが。

数年前より太ももなんかたくましくなられたみたいだ。

inoue00094

inoue00086

inoue00081

第1ゲーム、2本のブレークポイントを逃がすと、あれよあれよと06。2ndもドロップショットなどでゲームはとったが26と完敗と言っても間違いないと思う。

ミスが多かった、特にネットミス。フラットで攻撃的なショットならわかるが、深くつなぐべきショットでのネットミス。

思うようにボールが持ち上がらなかったのかな。相手のボールが思う以上に威力があったのかもしれない。

観客席に来られたのでお声をかけたが耳に入らなかったようだ。

その後観客席いるお兄さん?(お父さんではなかった)のそばにきて泣いておられた。
(写真は彼女の名誉のために載せないでおこう)

よっぽど悔しかったのだ。

チャレンジャー大会で既に2回優勝されているから、それなりの自信もおありだっただろうに、ふがいなさが涙になったのか。

気持ちが優しすぎるのかな。(私と同じだ)

4年前、サインを頂いたときに目標は何ですかとお尋ねしたら世界200番台とのことだった。

いまだ届いていないと思うががんばれみやびちゃん。

この人のことも書いておかなければ。

江口実沙選手

eguchi00125

大会本部の部屋にそしらぬ顔をして入っていたらすれ違った。私より大きい。
立派な体格だからもっと上位にいてもいいのじゃないか。

eguchi00137

相手前衛に2本連続でボディショットでぶつけていた。攻撃的だ。

結局ダブルでは優勝ですか。

eguchi00140

よいペアにはコミニケーションが大切だということか。
(それだけで勝てるわけないか。結局それぞれの持ち味が出せるかどうかだな)

と今年の観戦も終わった。あと元気で観にこれるのは何年か。

元気なうちが華か。

カテゴリー: テニス観戦記 | 投稿者ファイブK 21:32 | コメントをどうぞ

島津全日本室内選手権(その3)

このコート、カーペットの種類は何と言うのだろう。昨年の人工芝より急速は速いのだろうか。

ラインは白テープのようだ。人工芝なら色の違う同素材だが、テープならそこにボールがかかると滑るだろうな。

プレーヤーがその上を走り回るのだからテープが痛むようだ。

エンドチェンジの際も度々修理している。
line00034

line00033

加藤未唯選手 vs 米村明子選手

加藤選手、地元京都の出身だね。昨年も見たような気がする。

気のせいかちょっとスリムになられたような気がする。

katoh00011

katoh00028

katoh00015

小さいながらも躍動感があっていいね。それに可愛いし。決勝進出のようだ。明日の試合はおもしろそうだ。残念ながら行けないけど。

米村選手、かってのチャンピオンだ。

yonemura00006

yonemura00019

なにか元気がなかったな。追うのを諦めるのが早いし。

身体も絞れていないような気がするし、病み上がりだったのかな。捲土重来を期待しよう。

カテゴリー: テニス観戦記 | 投稿者ファイブK 21:03 | コメントをどうぞ

島津全日本室内選手権(その2)

新しいカメラ、イイネー。

シャッター音が小さいのなによりだ。大きいととなりの人に迷惑がられる。

前のカメラはミラーが跳ね上がって、フォーカルプレーンシャッターが作動する。

バシャというかんじだ。現に東京では隣の人に睨まれた。

今回のはトランスルーセントミラーというらしいが、光は半分ミラーを半分透過して、半分はファインダーに写るみたいだ。(正しく理解していないかもしれないが)

ピントが合うのも早い。動く被写体にはもってこいだ。

女子準々決勝 宮村美紀選手 vs 二宮真琴選手

miyamura00063

宮村選手、こういうはでなウェアはカメラ映りが良いし、見せてナンボのプロ選手らしくて好きだ。

miyamura00002

女子選手では珍しいバックハンド片手打ち。ガラケーみたい絶滅危惧種だ。

miyamura00069

miyamura00061

miyamura00059

グリップチェンジしてスライスもあり。こんなカーペットコートにはけっこう効くと思うのだが、プロの世界ではそうでもないのか。どうなんだ。

私のイメージにぴったりだ。

二宮選手

ninomiya00036

ninomiya00037

接戦だったけど 64,75で宮村選手に軍配。ネットプレーも効いたかも。

私もベースラインで粘れるわけでないので、どこでネットに仕掛けるかそれが課題だ。

-さらに続く-

カテゴリー: テニス観戦記 | 投稿者ファイブK 16:18 | 2件のコメント