「お父さんが変」キム・ヨンチョルからイ・ジュンまで、それぞれが迎えた結末とは?

キム・ヨンチョルとキム・ヘスクが結婚式を挙げ、再審請求まで。
韓国で昨日(27日) 放送されたKBS 2TV「お父さんが変」の最終回では、ユンソク(キム・ヨンチョル) とヨンシル(キム・ヘスク) の結婚式が執り行われ、ハッピーエンドで幕を下ろした。
この日ユンソクは自分の身分を取り戻し、銀行口座を作り、自動車教習所に通いながら新しい人生を歩み始めた。
ジュンヒ(イ・ジュン) はミヨン(チョン・ソミン) にプロポーズをした。ジュンヒは自分が結婚するなら、相手はミヨンしかいないという確信があった、自分と結婚して欲しいと指輪を渡し、プロポーズした。これを受けミヨンは、24時間彼のそばに居ると喜びを表した。続いてジュンヒとミヨンは、ユンソクとヨンシルに結婚の許しを得に行った。二人は喜んでミヨンとジュンヒの結婚を許した。ジュンヒはユンソクに「息子になるのかと言われたとき躊躇したのは、婿になるため」だったとし、ユンソクは「本当の父親のような義理の父になってあげる」と、ジュンヒと喜びのハグをした。

ラヨン(ファヨン) とチョルス(アン・ヒョソプ) もチョルスの父から交際の許諾を得た。テレビ通販で完売を成し遂げたラヨンは、チョルスの父の会社にスカウトされた。
お父さんが変 DVD

80125153344

へヨン(イ・ユリ) とジョンファン(リュ・スヨン) もハッピーエンドを迎えた。結婚インターン制を主張していたヘヨンは、ジョンファンに「この世にピョン・ヘヨンもイ・へヨンも面倒みてくれる男がいるとしたら、それはチャ・ジョンファンしかいないことに気付いた」と話した。続いてヘヨンは指輪を渡しながら、自ら先に「結婚してくれる?」とプロポーズし、ジョンファンもあらかじめ用意してきた指輪を見せながら、ヘヨンと同じ気持ちであることを表した。
続いて結婚式で、ユンソクは「少しの間父を引退して、ラ・ヨンシルの男として生きる」と話し、妻に対する愛情をアピールした。続いて妻に愛していると告白した。ヨンシルも夫への感謝の気持ちと愛情を見せた。
最後には再審請求が受け入れられたということが伝えられ、完璧なハッピーエンドを迎えた。続いてフードトラックを運転しながら旅行を始めたユンソクとヨンシル夫婦、国選弁護士になったヘヨン、そしてミヨンとの結婚を発表するジュンヒの姿が描かれた。
愛がきますね DVD

カテゴリー: 未分類 | 投稿者gekiya 16:36 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">