日別アーカイブ:

「いとしのソヨン」パク・ヘジン“二度とこうしたチャンスは来ないような気がした”

幼く見えた“国民の年下男”パク・ヘジンが、いつの間にか男性美溢れる甘い男として帰ってきた。ここ3年間、韓国のお茶の間で見ることができなかったパク・ヘジンが、再び自分の席に戻り、挨拶をしてくれた。
KBS 2TV週末ドラマ「いとしのソヨン」を通じて韓国のお茶の間にカムバックしたパク・へジンは、元々その場にいたかのように自然体で温かく、再びファンの心を掴んでいる。
31歳(数え年)。週末ドラマよりは、トレンディなミニシリーズ(毎週連続で2日間に2話ずつ放送されるドラマ)を通じて復帰するのではないかと思ったが、彼の選択は週末ドラマだった。派手で騒がしい復帰ではなく、気楽で自然な復帰に、視聴者たちは抵抗することなくパク・ヘジンを受け入れることができた。

「トレンディドラマはいつでもできますよね。これから、当分の間はトレンディドラマには出演できると思いました。でも、『いとしのソヨン』のサンウを見た瞬間、週末ドラマでこうしたキャラクターを演じることができるチャンスはどれくらいあるかと考えました。今後、もう二度とこうしたチャンスは来ないような気がしました。ミニシリーズであれ、週末ドラマであれ、それとは関係なく、キャラクターが気に入りました。『週末ドラマだから』などということを考えずに選択できるほど、魅力的でした」
いとしのソヨン DVD
80129140509

「いとしのソヨン」の中のサンウは、パク・ヘジンの言葉のように魅力的なキャラクターである。ソヨン(イ・ボヨン)と双子だが、性格はまったく違う。嫌いにならざるを得ないような父親イ・サムジェ(チョン・ホジン)にも優しくするだけだ。だが、サンウの本音は違った。
「サンウはただ単に父親に良くしているだけでしょうか?サンウもソヨンと同じく、父親とは愛憎の関係にあると思います。サンウが何も知らないわけでもないですから。ソヨンだけが父親を見て育ったわけではないですよね。サンウも同じくそうした父親を見て育ちました。表現する方法が少し異なるだけで、愛憎があると思います。本当は父親を憎む気持ちがあるけれど、それをわざわざ表に出したりはしないのです」
劇中サンウは、やや暗い面があるソヨンとは違って明るい性格の持ち主だ。女性ならば誰もがサンウの魅力にはまるであろう。パク・ヘジンは、サンウになりきって、まるで甘い果実を100個ほど食べたかのような優しさを披露している。それでは、実際はどんな性格の持ち主なのか。「やや神経質な性格の持ち主です」という意外な返事が返ってきた。
「サンウに似ている部分はありますが、違う部分もあります。実際の性格は、やや神経質です。仕事をする時には神経質になる方です。それでも、年下の人たちの面倒を見ようと努力します。僕よりもっと苦労しているスタッフにも思いやりの心で接しています。また、少し抜けている面もあります。興味のある分野は、すべてを知ろうと努力しますが、興味がないことについてはまったく知らないんです」
嫉妬の化身 DVD
カテゴリー: 未分類 | 投稿者gekiya 15:08 | コメントをどうぞ