日別アーカイブ: 2017年3月13日

ガット9張りめ 音で合わせる?

今日は、ピュアストライクに、キルシュバウムのスーパースマッシュを縦横46で張る。

夏にRPMブラストを55で張っていたんだけど、今回おもいきり下げてみる。

分銅で張っているのだが、どうやら分銅は水平にしてもクリッパーのバランスで、けっこうテンションが変わってしまうようだ。
そこで、テンションを音で判断してみることにしてみた。

僕はバイオリン弾くので音きいての調律は慣れてる、毎日やってることですよ。
テニスなのでバイオリンほどシビアにやる必要はなく、46ポンドはC#ぐらいで合わせたらいいやろか?と張っていくものの、最初の4本は張力あげたのに、進んでいくうちにAぐらいまで音が下がっていく、クリッパーが動いたりするからだけど、これも見越して強く張らないといけないのだろうか?
端の方にいくと長さの問題で同じポンドで張っても音が上がるから、少し下げて縦糸はどれもだいたい同じ音が出るようにした。
今まで張ったラケットでは一番安定した感じがする。

それに速く張れた。分銅が水平になったなどと確認せずとも、同じ音出る場所で固定すればいいだけなので。
もし耳で合わせて安定するのであれば、電動でコンピューター制御のガット張りよりいいかもしれないなぁ。コンピューターは同じ強さで引けるだろうけど、いまどこ張ってるかはわからないだろうから。

今回は縦だけ音で合わせて横は普通に分銅水平で張ったが、もし今回良ければ、次回は横も音で合わせてもいい。

試打が楽しみです。

カテゴリー: ガット張り | 投稿者とし 10:58 | コメントをどうぞ

グリップサイズ

グリップサイズなのだが、1ヶ月前にラケットをかえたとき、グリップサイズ3を注文したのに4が到着して、面倒だったし、そのままグリップサイズを変更していた。(そのあと同じ4のサイズを2本追加注文)
グリップが太くなってからストロークが強くなったような気がしていたのだが、今日、たまたまオーバーグリップを外して練習してみたところ、前のラケットの時のようにコントロールが上がって、サーブはスピンがよくかかり、とても良くなった。
特にディップドライブが上手く打てたと思う。

そのかわり、手首をいつもより使ったのか少し筋肉が痛いような気もする・・・

しばらくはオーバーグリップ無しでプレーしてみようと思う。
マンティスのラケットは、パレットを変更することでグリップサイズを変えられるみたいなので、1つ下のサイズを取り寄せてみようかな。

足が治ってきたこともあり、今日の練習はとても良かった。
サーブの練習で、どこかの動画に、上を向いたまま打つと安定するとあったので試してみたところ、コントロールが上がったような。これもしばらく試してみることにしよう。

SさんのBurnは、ウィルソンのSラケというものになるのだが、ガットが18x16で、すぐにノッチができる。Sさんは1.30mmのポリを張っているが、5時間ぐらいの使用でダメになってしまう。女性でこれでは、かなり懐に厳しいラケットではないか。

今使っているマンティス305ツアーは16x18なのだが、これに変えてからガットに全然ノッチが出来ない。飛んでくる球はこちらの方が重いぐらいなので、なにが違うのかなと思うが、とにかくガットが長持ちしそうなので良い。

カテゴリー: テニスの練習 | 投稿者とし 10:47 | コメントをどうぞ