日別アーカイブ: 2017年3月14日

新しいコーチはすごい

今日はSさんの新しいコーチ、練習初日。

彼は50代半ば、身長は僕と同じぐらい、180少しというところか、ドイツ人にしては痩せていて、髪は白髪を伸ばしており、少しヒッピー風だ。

練習はもちろん個人レッスンで一時間。

まずは球だしでショットの精度を見ていたが、フォアハンドに驚いたようだ。
Sさんのフォアはかなりのもので、上位ランカー相手でも打ち負けたことはほとんど無い。LK22の時にLK5を打ち負かして半泣きにさせたことがある。
フォアに関しては言うことがほとんど無かったらしい。

バックハンドに関しては苦笑。

このコーチ、驚いたことに、片手バックをスパッとやめて両手にしようという。

片手バックは弱いけれどひどいというほどでは無かったのだが、コーチはおそらく、フォアを見たのでもっと上を目指せると思ったのだろう。
一時間両手バックをして、最低限のトップスピンを練習した。
公式戦まで1ヶ月しかないが、どうなるんだろう。

コーチは、Sさんが夏シーズン、地元チームから大会に出ているというと、秋からは自分のチームでと誘ってきた。
コーチのチームは隣の州なので、どのリーグでやっているのかときくと、一番上だと言う。
え、オーバーリーガなのか?
雲の彼方上だ。

帰って調べてみたところ、コーチのチームは一軍と二軍があり、一軍は夏に州の一番上のリーグで優勝しており、冬は二位だった。今年の夏からは州対抗のリーグに上がるのではなかろうか。
二軍は州のブロック優勝だ。
日本で言えば一軍が関西優勝で二軍が大阪優勝ぐらいだろうか。

そこに誘われるとか、Sさん、むっちゃ期待されてる。

そういえば、このコーチを紹介してきた人は、昨年夏にSさんが3-6で負けたLK3の人だったのだが、彼女がチームの代表だった。戦績は夏冬リーグで10勝0敗。
あの人、州で最強やったんやな。
それを育てたコーチというのは実績ありやね。

いずれにせよチームでレギュラーになるために、この夏にランクを5つ上げないといけないし、5つ上げるためにはポイント1500点が必要。
ポイント1500には、自分より二つ上のランカーを10回倒さないといけない。そして5以上離れたランカーにも勝つ必要がある。

カテゴリー: テニスの練習, ドイツのテニス状況 | 投稿者とし 22:53 | コメントをどうぞ