日別アーカイブ: 2017年3月17日

ドイツでガット買うには

ガット張りはとても楽しい。
はじめるまではガット張り代の節約ぐらいの気持ちだったのだが、今はガットを張るのが楽しくて仕方がない。

子供の頃、魚釣りが好きで毎週末釣りに行っていたが、釣りの前日などは何時間もかけて仕掛けを作っていたものだ。それが楽しかった。

自分で作った仕掛けで釣ると、釣具屋で買った出来合いの仕掛けで釣るより何倍も嬉しい。ガット張りもこれに似ている気がする。

釣りの場合、自分で作った仕掛けの方が釣具屋の仕掛けよりも良くなってくる。僕はまだガット張りはじめて1ヶ月だが、コーチが電動マシンで張ったものより自分好みになっているような気がする。

さて、ドイツにはあまりテニス用具の専門店というのがない。僕もいままでに一度、ケルンのTennispointへ行ったぐらいだ。きっと僕の家から半径200km以内にテニス専門店は無い。
都会にある大型のスポーツショップでは基本的に初心者向きのものしか売っていないし、ガットはウィルソンとバボラ、ルキシロンぐらいしか置いていない。日本でガットを買ったことがないがおそらくもう少しは置いてあるのではないかと想像する。

ガット張りを楽しむのであれば、他のブランドのものも試していきたい。ネットで注文することになる。

ドイツのネット店ではTennispoint.deが最も有名で、テレビのオイロシュポルトでも宣伝を流しまくっているのでテニスをしていると必ず最初にこの店にたどり着く。クラブの注文も大半はここに注文する。コーチには無料で試打ラケットを貸してくれる。

他には、ここの姉妹店?なのか

https://www.tennis-peters.de/

http://www.centercourt.de/

特価品が多いここ

https://www.tennistown.de/

などあるが、
ドイツの店はどこもあまり値引きがないので、アメリカ系の

http://www.tenniswarehouse-europe.com/

や、最近は、イギリスのショップをよく見ている。イギリスの大手ショップは送料1000円程度でドイツに送ってくれるので、値引きを考えてもイギリスから買うほうが得なことが多い。

今回は、いまネットで評判良いものを試してみようと、Saitenforumを参考に。

https://www.saitenforum.de/

ストリングフォーラムのドイツ版なのだが、ドイツはほとんどがクレーコートということもあり、もしかしたらSaitenforumの評価はクレー向きかもしれない。ヴァイスカノンというメーカーは使ったことがないのだが、ここではとても高評価なので、今回は以下の3つを注文してみた。
WeissCANNON Ultra Cable 1.23
WeissCANNON Silverstring 1.20
WeissCANNON Scorpion 1.22
この3品は、Centercourt.deで注文した。

このメーカーは、HPを見ていると手作り感で一杯で、少し不安になるのだが、おそらく小さな工場なのだろう。こういうところで評価一番のガットを作るなんて尊敬する。

http://weiss-cannon.de/de/home/

ドイツでガット張り用品専門店は、Pro’s Proが有名。

http://www.pros-pro.com/

ここの機械はイグナスのOEMみたいに見えるんだけど、売られているガットは非常に安くて、200メートルが5ロールで8000円ぐらいだ。
Saitenforumでの評価も悪くなく、テンションの持ちが悪いが性能はそこそこというような評価。3日でガットを切るジュニアなどにクラブで張るならこれでいいのかもしれない。

カテゴリー: ガット張り, ドイツのテニス状況 | 投稿者とし 23:34 | コメントをどうぞ

ガット10張りめ

家にストリングマシンが来てから1ヶ月少しだが、もう10張りめまで来たとは。

Sさんのマンティス305に張っているキルシュバウムのスーパースマッシュ。
僕は全然気に入らないのだが、Sさんが気に入っている。以前にコーチが張ってくれて、その時は切れるまで張っていた。

もう20年ぐらい前に出たものらしいのだが、当時はプロの大半が使っていたらしい。その後、プロの大半はルキシロンのアルパワーに変えたのだが、ATP100以下の選手はまだスーパースマッシュ使っている人も多いというような記事をネットで見たのだが、おそらくその記事もけっこう古いのではないかと思う。
アルパワーに変えなかった理由は、おそらくスーパースマッシュが安いからだろう。日本では200メートルで8500円ぐらいのようだが、僕はこの200メートルガットをドイツで2800円ぐらいで買った。自分のガットを自分で張ってる若いプロであれば、そこそこ性能があって安いというのはメリットになると思う。
とはいえ、このガットは伸びるのが早すぎる。毎日伸びているのがあきらか。燃費の悪い車に乗っているような気分だ。
新しいコーチも、このガットをみて、今はもっと良いガットたくさん出てるよ?と言っていた。少なくとも1ヶ月使うつもりならばお薦めしないらしい。僕も2週間持ってくれたらと思っていたが、まあ1週間ですね・・・

今回は、48ポンドで張る。僕の分銅の癖もあり、縦の真ん中4本は55で張り始めたが、それでも縦を張り上がる時には中央の方がなだらかにテンションが弱くなった。でもバランス良く仕上がった。横も48で音をよくききながら合わせて、これも上手く張れたと思う。いや、1ヶ月でかなり上達した。

Sさんに試打してもらって前回と較べてもらったのだが、正直なところ同じらしい。テンションよりガットが新しいかどうかの方が重要みたいとの感想。
スイートスポット外した時のショットは今回の張りのほうがいいらしい。
1回練習してすでにいくらか落ちたような感じがする。

同じようなガットでもう少し持ちがいいものがあればそちらを試してみたいなぁ。

今日の練習は、Sさんの両手バックの練習が中心だったが、バックラインからそこそこ強い球を打っても両手で返してくるようになった。

あと、試合形式の練習時に、140kmぐらいで打った回転系サーブを両手バックでダウンザラインに決めてビックリした。まだ両手5日目で、リターンはすでに片手よりいいかもしれないとのこと。
それならば、まずはリターンの時だけでも両手バックを使うようにして、だんだん変えていったらどうなのかな。

カテゴリー: ガット張り, テニスの練習 | 投稿者とし 09:54 | コメントをどうぞ

プロテインとBCAA

月曜日にSさんが新しいコーチについたが、練習がかなりハードだったため酷い筋肉痛になり、治らないらしい。

もともと肉が好きではないのでタンパク質が足りていないのではないかと、たまたま近くのスーパーの今週の特売品がプロテインなどのサプリだったので、買ってきてみた。かなり純度の高いプロテインと、BCAAの錠剤。

夏シーズンのテニスは、1日5時間x毎日というような日々が続くので、僕もプロテイン飲まないと筋肉が維持できなくなって飲んでいたが、BCAAは初めてだ。そもそも、ここ、かなり田舎なのでBCAA売ってない。

テニスの前に飲んでみた。Sさんは、これの効果なのか今日は全然疲れないと絶好調だったようだが、僕は筋力より先に肺の方が参ってしまって効果を実感できず。まあ、効いているというのなら続けてみたらいいと思う。

今日の練習では、サービスラインからの打ち合いを長くとって、Sさんの両手バックの練習をした。けっこう安定してきたと思う。
サーブもなおすようにコーチから指示を受けていたので、もう少し現代的なサーブを練習した。

Sさんのガット、3月7日に張ったものだが、もうダメみたいなので張り替えないといけない。強打するからすぐヘタるな。

隣のコートでは、前に仕事を頼んだ弁護士と、このあたりの有名薬局のボンボンが試合をしていた。ともに50代で、同じ町ではあるが隣のクラブのメンバー。二人ともに独学色が強い癖のあるテニスをするのだが、ちゃんと時代に対応していてスピンも打つのでそこそこ強くて、うちのクラブの50代では勝てる者がいない。うちのクラブのメンバーは何十年もテニスしてきているが昔ながらの綺麗なフォームで、どうも試合すると弱いのだ。
この2人はLKランクも12か13あたりとけっこう高い。
とはいえ、ストロークはSさんの方が速いので、こちらの打ち合いを見ていて、小さい日本人女性に負けるわけにはいかないと思ったのだろう。むこうも火がついたように強打しだした。男だからしかたないね。

そういえば、来月から参加するチーム戦の練習。
メンバーはほとんど大学生で、それぞれ地方の大学にいて、試合の日に帰郷して試合するような形になるらしい。何百キロも帰ってくる人たちがいるのでご苦労なことだが、そういう事情なので地元での練習というのはあまりないみたいだ。一軍の練習日は一応用意されているので、練習したければその日に来るようにとのこと。
悩んでいるけれど、若いメンバーと本格的に一緒にやるのはつらいかなと。
若い子たちとの遠征は、おそらく20年落ちの小さい車で5人すし詰め往復4時間、食事は瓶詰めスパゲッティだろう。僕も二十歳ならば楽しいだろうけど、もうおっさんの今、これはつらい。テニスのあとのビールが楽しみの年齢になってしまった。
地元で試合ある時にヘルプ必要なら行くぐらいでいいかもしれないな。

そういえば若い子たちと中年では使っているテニスボールが違うのだった。中年チームはダンロップのフォルトで、若い子たちはウィルソン2というボールになる。スピードがけっこう違うので、出る試合に合わせて練習球もかえないといけない。中年は普段の練習もダンロップ使っている。

カテゴリー: テニスの練習 | 投稿者とし 09:42 | コメントをどうぞ