日別アーカイブ: 2017年3月23日

イギリスの通販サイトって

今日はSさんの追加のマンティスツアー305が届くはずだったのだが、届いてみたら315が入っていた。

イギリスから通販で買って、今までちゃんと届いたことが一度もないのだが、これは国民性なのだろうか?
ドイツではそういった問題はほとんど無いし、日本も無いと思う。

交換せず返品してみることに。

隣町のクレーコートが整備中だった。もうこの週末から使えるかもしれない。Webサイトでは4月9日に作業するはずだったのだが、暖かいので前倒しになったのだろうか。
うちのクラブはたぶん期待できない。予定通りイースター休暇明けにゆるゆると掃除をはじめるのではないかと思う。

明日はSさんとKeの再戦がある。
実は月曜日にすでに再戦申込みがあった。日曜の試合の結果が納得いかなかったのだろう。月曜日はまだ疲れがあったので木曜日に決定した。

4月2日の地元クラブでのLK(公式戦)でも、おそらくSさんとKeが当たることになるらしい。
けっこう無理なカードだと思うけど、大会責任者はなにをしているのだろう。と思えば、責任者のHo氏は今アフリカにいるらしい。アフリカでなにやってるんだろう、もしかしたらテニスかもしれない。来週はHo氏はアルプスにスキーだ。なかなかつかまらない人だ。彼は60代なのだがバイタリティがあって、以前に家から150kmぐらい離れたテニス場で会った時には、家から自転車で来たと言っていた。

そういえば、Hoの所属しているチームは、とうとう、北部東部州大会で優勝したので、来年はブンデスリーガに上がりそうだ。すごい!
あんまりHo氏のこと知らなかったけれど、なにげにITFシニアの世界ランキングで200位以内にいるし、本気やん。強かったんやな。そういえば彼は4月2日の大会も20代の部にエントリーしてるし・・・65過ぎてすごいな。

***

公式戦では、KeがSさんを倒しても5ポイントしか入らないが、SさんがKeを倒すと150点もらえる上に、今年5ランクあげる条件が全部クリアになるので、なんとしてでも倒したい。

カテゴリー: ドイツのテニス状況 | 投稿者とし 05:34 | コメントをどうぞ

ガット11張りめ

今日はBurnにフォルクルサイクロン1.30を張った。

昨日切れたガットはテクニファイバーのブラックコード1.25mmで、サイクロンはこれを真似たガットという話しなのだが、この2つはけっこう違うと思う。どちらも良くスピンがかかるが、サイクロンの方がスピードが出てガットの持ちがいい。手に優しいのは同じぐらい。

このサイクロンというガットはTenniswarehouseで高評価なので使ってみたのだが、けっこういいのでよく使う。安いしね、7.9ユーロぐらいで買ってる。
1.30mmなので張るのはしんどい。
Burnにガットを張るのははじめてなのだが、縦と横をどちらも通す穴がたくさんあって戸惑った。

そういえば、地元のコーチの話しでは、彼は電動のストリングマシーンを買ったのは3年前で、それまでは分銅だったらしい。彼に4年前にガット張りを頼んだことがあったのだが、まさかの分銅だったのか、それは申し訳なかった。彼は現役プロ時代には毎週6本づつ張替えに出していたそうで、費用が大変だったとか。そうだろうなぁ。もし安いガット使って20ユーロで張替えしていたとしても一ヶ月で480ユーロか。ガットに年間72万円か、つらすぎる。

今日のテニス練習は、息子も一緒。
彼はたぶんライジング中心のテニスがいいと思うのだが、スピンが強くかかってベースラインギリギリの球に上手く合わせられないみたいなので特訓した。

僕はひさしぶりにテクニファイバーのT-Fightを取り出して使ったのだが、16x19の恩恵がすごく、簡単にスピンかかるし、サーブも入るし、楽!
前より上手く使えている気がするのだが、このところ重いマンティスツアーを振っていたので筋力が上がったのかもしれない。久しぶりにとても楽しいテニスでした。試合するのならばこれ使うほうがいいんだろうなぁ。
今日は肩甲骨の筋肉を大きく動かして打つ練習をした。たぶん明日は筋肉痛。

火曜日夜はいつも同じ時間帯に同じメンバーが使用していて、隣町のメンバーだと思うのだが、その爺さんがいつも女子更衣室で着替えするのだが、どういうことなのか問い詰めたい。
ドイツは意外とこういう不思議なところがあって、うちのクラブでも女性の試合があるとき、普通に女性が男子更衣室使ってたりする。

カテゴリー: ガット張り, テニスの練習 | 投稿者とし 05:23 | コメントをどうぞ