ジゲムントという選手

シャラポワがムラデノビッチに負けてしまった。
残念だけど仕方がないかな。
シャラポワはフラット強打一択テニスで、強サーブと強打が入らないとなにもできないというか、普通のループのスピンとか打てないのでは?と思えるほど不器用。

ムラデノビッチは若いのに器用な選手で、スライス、ドロップショット、ライジングが巧み。四十代女性みたいなプレーして、どちらが年配なのかわからん。
ダブルスの人だから上手いのかな?
しかし面白いようにドロップ決まったなあ。まさかシャラポワがスライス打てないとは。ボレーもすごく下手なことがバレてしまった。
少しでも前に出るとアングルショット打ってもアウトしてたし。フォームがでかすぎるのかな。同じ身長でもプリスコバは器用に打つけど。

ドロップショットといえば、ハレプに勝ったジゲムントも上手い。昨日のプリスコバ戦でもドロップ連発で前に引っ張ってはネットで勝っていたが、プリスコバもボレー下手で前ではかなり無力(それでもシャラポワよりは上手い)。冷静でなんでもできそうなのに意外だ。

ジゲムントは昨年ブレイクしたが、プロになって戦績がふるわず引退したようなものだったらしい。
トレーナー資格を取り、それも一番上のAトレーナー資格。大学に通って心理学の学士も取って、もう後輩育成にかかるつもりだったようだ。
もしかしたらこれらのことが自身を強くしたのかも。ネットプレーにしてもそう、特に苦手なプレーが無く、基礎をみっちりやりなおした感じがした。

明日はそのジゲムントとムラデノビッチの試合。どちらもドロップ上手いしどんな試合になるのかな。


カテゴリー: ドイツのテニス状況 | 投稿者とし 10:33 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">