Suとの練習 Keと再戦

火曜
今日は、隣の州のテニスクラブに行く。隣の州とはいっても30kmしか離れていないのだが。
このクラブは、Sさんが秋からチームに入るかもしれないところで、今日の練習相手のSuはLK13、二軍のリーダー。
強さ的には似たようなものかSさんが少し上かもしれない。

Suとの練習はとても良かった。
いま、Sさんは屋内コートとクレーコートの戦い方の違いについて悩んでいたのだが、Suが実践してくれた。
彼女は、最後にあった屋内コートの時にはベースライン上から叩きつけるようなトップスピンでカウンターテニスをしていたのだが、今日はクレーなのでベースラインから2メートル下がった位置から大きなトップスピンで相手をコートから追い出すテニスにかえてきた。二人ともスピンが得意なので、だいぶ強烈なスピンの打ち合いで練習していて楽しそうだった。
週末に試合なので少し調べたのだが、どうやらSuは自分の診療所を持っている歯医者さんらしい。
・・・どおりで、この前あたった女弁護士さんと似たような雰囲気をもっているわけだ。この人も理屈優先型のテニスなのだな。だから歳のわりには若いテニスができる。

そういえば、少し前に、このクラブで、とある女の人と出会った。身長は僕と同じぐらいなので180cm以上あって、年上の旦那と二人で練習していた。こちらに声をかけてきたのだが、どうやらここの30代女性チームの代表らしい。
テニス一家に生まれたけど遅くからテニスはじめたらしく13歳からとのこと。たぶん、コーチからSさんのことをきいていたので下見したのだろう。
今週末にはここのクラブで、30代女性チームの試合があるらしい。ポスターも用意してあり、わざわざ入場料無料と書いてあるから驚いた。おそらく入場料とっても良いレベルの試合なのだろう。さすがは州代表チーム。
試合は僕も見に行こうと思うが、相手のチームのほうがメンバーは上かもしれない。相手は西の方から来るチームなのだがドイツを代表する名門で、ここの男性チームはツベレフ兄弟が入ってる。たぶんいろいろ環境が違う。
この女性だが、名前みて気づいたが、この町に大きな工場を持つ会社の名前だった。社長夫人さんなんだな。ちなみに隣町に大きな屋内テニスコートも持っている。
この人、何年か前まではLK1で、むしろそれを超えた存在というか、ドイツランキング何番ぐらいの強さだったらしい。

***

夕方に、またKeと対戦となる。
そういえばKeとSuは対戦したことがあるようだ。その時はKeが勝っている。
テクニック的にはSuは王道テニスなのだが、Keはライジングを職人レベルで追求していて、勝つための執念がすごい。

今日は、Suとの練習の後だったので、後ろに下がって下からの強烈トップスピンが冴えていて、Keにはまともに打たせなかった。あまり威力のある球だとKeがカウンター取ろうにもどうにもならない。
かなり内容に差があって、手加減しなければいけないのではと思っているうちに1セット終わる。

次のセットも当たり前のように勝つだろうと思っていたのだが、Keに上手いこと前での打ち合いに持ち込まれて6-0で落とした。どういうことやねん。

Sさんが妙に落ち込んでいるし、Keは納得いかない顔をしている。

Keはトップスピナーに打ち合いで負けたので悔しいのだろう。Sさんは前が苦手なので引き釣りこんで倒したが本来はこんな勝ち方をしたくなかったようだ。

Sさんに話しきいていると、おそらくアングルショットがちゃんと打てていなかったのだと思ったので、ひさしぶりにチェックしたら、やはりダメだった。
肘から先の、中ぐらいのサイズのワイパーで角度つけていくように、練習してみるのだが、どうもできない。練習しないといけない。


カテゴリー: テニスの練習 | 投稿者とし 06:21 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">