日別アーカイブ: 2017年6月3日

古い方のコーチの個人練習

月曜
SさんとHoとの試合を楽しみにして行ったのだが、気温が32℃あり、Hoは生徒たちに3時間もコーチしてふらふらなので、別の日にしてくれと言う。

仕方ないので二人で練習していると、Ho、何度か様子を見に来て観察してる。
なにしてるんだろうと思っていたら、壁打ちに行ったりしているし、疲れていたのではなかったのか?とつっこみたくなる。
だいぶ本気なのか?分析してるんだろうな。
60代でもこの性格だからあそこまで成績が上がるのかもしれない。

彼は今週、出る大会が無いらしく、いつでも試合するよとのこと。

***

木曜、SさんとKeが試合をしたのだが、1セット目、3-6で全然だめだったので、Sさんは最近練習していたトップスピンの打ち方をやめて昔のフォームに戻し、2セット目は5-1だったのだが・・・Keに追いつかれて7-6。
そのあとスーパータイブレイク 10-8で試合落とした。
スランプらしい。

原因は、新しいATP風のフォームを間違って覚えて、ボールをしっかり潰せていないことにある。強く打とうとするとWTA風にラケットを後ろに回してしまうのだな。スピンはかかりすぎてボールは潰れていないからパワーが無い。
とはいえ、女性の筋力では基本的に難しいのかもしれず、だからといって前のフォームに戻すとそちらも良くなくて、悩ましい。

試しに壁打ちしてもらうと、やはりパワーがないのだが、打っているうちにフォームはともかくボールは潰せるようになるので、壁打ちで修正していくのがいいと思う。自分でパワーが乗ったかどうかすぐわかるから。

***

金曜、Sさんは前のコーチに個人レッスン頼んだ。

前のコーチは生徒を育てる実績はいまいちで、子供何十人もみてるのに誰ひとりとしてトップスピンが打てず、ここまで打てないようにするのもある意味才能ではないかと思うのだが、当のコーチ自身は見事なフォームを持ってる。
彼はジュニア時代、コールシュライバーと一緒にテニスをしていて、プロになったときはスポンサーにメルセデスベンツが付いていたというのでけっこう強かったのだろう。
今のSさんと打ってどういう指摘をするのか注目していたが・・・けっこう良かった。
細かいフォーム修正も的を得ているので、コーチけっこうやるじゃないかと。
ある程度強い生徒を強くする能力はあるのかもしれない。初心者を教えられないのかも。
彼は13歳ぐらいからテニスはじめて3年ぐらいでプロの卵になったらしいので本人の才能ありすぎて初心者の時代が無かったのだろう。

今日、Sさんが一番相談したいことは、どうしても自分は守りのテニスが強くて攻撃が苦手なのだが、どうやって攻撃したらいいかということ。
これはコーチも悩むところらしく、コーチの全盛期は仲間全員がベースライン後ろでトップスピンで守るテニスだったらしく、自分も攻めろと言われたら困るという。
ボリス・ベッカーが指導に来た時に、もっとボレーにでろとか言ったが、誰もきかなかったとか笑っていたけど、ベッカーに習ったことあるとかすごすぎる。

とりあえず、上がってきた球を上の方で叩き込む練習をやったが、体重移動やフォームの指摘が良かった。これは毎日練習させて身につけないと。
Sさんがやりたいのはベースラインからのウィナーなので、攻める時はウェスタンからセミに変えないといけないかもしれない。

土居美咲は身長がおなじぐらいでアグレッシブに攻めているけど、あれはテクニックを完璧で、攻撃に全部突っ込んでる感じだよね。
Sさんはまだまだテクニックは未熟だし、エクストリームウェスタンのフルスイングで守るテニスなので、ここから攻めるとなるとかなり難しい。
例えば、ドライブボレーは得意なので、これに繋げていけないかなぁ。

カテゴリー: ドイツのテニス状況 | 投稿者とし 08:45 | コメントをどうぞ

ガット張り14張りめ

今日は、自宅にマンティス305が3本届いた。

イギリスからの取り寄せはなんども品物間違いがあり、知らない間にイギリスに送り返されることもあり、今回もたぶんダメだと思っていたのだが届いたようだ。

すぐ張ろうかと思ったけどサービスガットのナイロン、前けっこう良かったので少し打ってみることに。
今日はマンティス295ProIIを張る。

295ProIIは、98インチ、厚さ21mmでバランス325mmと、そこそこ面白いスペック。スペック的にはラディカルと少し似ている感じもするのだが、打ってみるとラディカルよりはるかにピュアな感じがする。軽いプロスタッフみたいな感じ。

普段使っている315Tourの方がボールにパワーは乗るのだが、295の方がスピンが良くかかり、攻撃力が高いとSさんが言うので、この1週間使ってみているのだが、かなり気に入った。
コントロールが良く、スイングスピードが上がって攻撃的なプレーができる。スピンが良くかかって普通にアークのトップスピンを打っても相手がベースラインで取れないぐらいボールが上がる。ラケット軽いこともあって走り回っても疲れない、クレーはこっちのほうがいいかも。

サービスガットがボロボロになったので、張替え。
WeissCannonのSilverstringを張りたかったが、手元にたくさんあるヨネックスのポリツアープロ125を張った。
気温も上がってきたのでいつもより硬めに。

カテゴリー: ガット張り | 投稿者とし 08:25 | コメントをどうぞ