日別アーカイブ: 2017年6月9日

来週の試合

Keの夫婦も来週のトーナメントに出るみたいだ。車で1時間半の町、州のチャンピオンシップ大会。
同じトーナメントに出るのは地元開催以外では初めてなので、来週の大会は楽しみだな。
またKeからSさんに対戦申し込みがあった。試合前に調整したいのだろう。今日の夕方なのだが、予報では嵐が来るらしい。

Sさんは、運の良いことに30代の人数が集まらず、30-45歳までがまとめて1つのトーナメントになった。これは大量得点のチャンス。今年一番のチャンスではなかろうか。

出ているメンバーをみてみる。

1番シードのLK3、35歳以上ドイツランキング50位ぐらい。
彼女とは昨年の大会で当たったことがある。
昨年は全然相手にならなかったが今年はチャンスがある。この子は身長180cm以上ありサーブが武器。しかし今年のSさんは、毎日僕のサーブを受けているので速いサーブに異常に強くなってる。この子はLK3ではあるが、けっこう無理していて、ダーメンではLK12相当ぐらいの強さだろう。Sさんはダーメンだと実質LK14ぐらいだと思うので勝てない相手ではない。

2番シードのLK5、彼女は40代で、ドイツランキング70位ぐらい。
Keとこの前マッチタイブレイクで勝った相手だ。40代でもスピンが打てて両手バックというのが強みだが、スピンではSさんの方が強いので、勝てると思う。ダーメンだとLK17ぐらいだろう。

あとLK6とLK7がいてドイツランキング80から90位ぐらいだが、45歳以上みたいなのでなんとかなる。

31歳のLK7は、この子は今年LK2に3回も勝ってるので別格、この子には勝てない。やたら勝率高いしほとんどゲームさえ落としていない、優勝はこの子で決まりだろう。ダブルスも強いみたいだし弱点はなさそうだ。

他はLK10から14だが、全員40代でこのランクであればクロスにトップスピン打つだけで勝てるはず。

まだ対戦表が出ていないが、ランキング的に最初に3か5と当たる可能性が高い。
最初に勝ってしまうと、31歳の7と同じ方なのでどこかで当たったらそれまで。

ポイントを稼ぐためだけならば、初戦で負けて敗者復活戦に出て、ここで3勝したら450ポイント入る。

カテゴリー: テニスの練習 | 投稿者とし 22:44 | コメントをどうぞ

またKeと試合

Sさんのフォア、もう少し直す。ヒットする位置を少し下げて腰近くにしたことで、押せるようになり、かなり球が重くなった。
ガット張り替えて新しくなったラケットもあるし、そろそろKeと試合してもいけると思ったようだ。試合することに。

ちょうどKeもトーナメントで負けたところでSさんをやっつけて調子を取り戻したかったようだ。

KeはLK9だが、今年はよく負けていて、正直なところランクだけの実力が無いのではと悩んでいるらしい。
Keはタイミングテニスは上手いがもともと持ってる球は弱いので相手の力を借りないと攻められない。
相手に大きなスピンを打たれると上手く力を使うことができない、年々、ダーメン40にスピン使える若手が増えてきて辛くなってきているのだと思う。

この前のトーナメントは決勝でLK16に負けた。疲れていたから負けたのだと言い張っているが、それはリサーチ不足。相手はテニスラケット持った新聞記事写真とか出てくる人なのに。このLK16は2008年時点はLK4だった。育児かなにかでずっと公式出ていなかったからLK下がっただけ。
昨年はダーメンのオーバーリーガー(州の一番上)でプンクトシュピールしてる。40代女性なのにでダーメン(十代、二十代中心)でプレーしてオーバーリーガーって、かなり化物クラスだということ。

SさんとKeの試合。
試合前に、Keの得意なバック側をあえてスピンで狙ってみたら面白いんじゃないかと話していたのだが、Sさん、なんか1セット全部相手のバック側に打って、ボコボコ打たれていた。あかんと思ったらやめんと・・・
しかしまあ、良いスピンが入ったら相手はバックでクロス打てないみたいなので、こちらはずっとフォアでやりあえる。
1セット目は動きが固くて4-6で落とす。

2セット目もよくなくて、2-5、もう負けそう。
動きが固いのは、新しいフォアを試合の中で使おうとしているからみたいなので、全然強い球打ててない、頭空っぽにしてやったほうがいいと伝えたら、そこから生まれ変わったみたいに強気になる。7-6で取った。
Ke、流れ悪い時はマッチタイブレイクしない。動物的なのだ。
今日は引き分けとなった。

最近、KeはずっとSさんと試合しているからなのか、フォアのスピン量が上がってきた気がする。

今日はSaが話しかけてきた。
この人は50少し超えたぐらいの女性でLKは20ぐらいだと思うが、昔はLK一桁で女子のエースだった。なんで落ちたのかわからないけど、たぶんうちのクラブでは一度落ちると試合出してもらえないからLKを上げる機会がないのだと思う。テクニックはダーメン40でもトップではないかと思うけど。
彼女は父親がもともとこのクラブのコーチで、息子も体育学部行ってテニスのコーチ、本人はいつも高そうなマウンテンバイクでクラブに通っていてかなりのアスリート一家。
Saは前からSさんと練習したかったらしい、弱いけどいいですか?みたいに下手に出てきて困ってしまうが大歓迎。

前から試合しようと言ってるのにできていないHo氏。今日は歯医者のToと試合をしていた。Toは今年2回勝っていて調子に乗っているので、今ならHoと試合してもいいところまでいけるのだと思ったみたい。
Hoは60代、Toは50代で若いし身長は10cm高いのだが・・・どうしようもなかった。
勝ってるのはファーストサーブぐらいで、あとはテクニックもパワーもHoの方が上、6-0。
好きなようにやられて、2セット目もやられて、意地を見せようとしたのかな、ドロップショットを無理にとろうとして、ふくらはぎを肉離れして倒れる。
4週間の戦線離脱となる。泣ける。
日本だとみんな集まってきて介護してくれるのだろうけど、ドイツ人、こういうところドライで、誰も手助けしてくれず。1人で時間かけて片付けて車で帰っていった・・・

カテゴリー: テニスの練習 | 投稿者とし 08:38 | コメントをどうぞ

ガット張り 15張りめ

Sさんのマンティス305にガットを張る。

いま張ってるのはWeissCannonのシルバーストリングで、打感がソフトで肘に優しい感じなのだが、攻撃しようとすると難しいらしい、もっと引っかかるものというリクエスト。

ひっかかるというと角ばったガットかなぁ。しかし角ばったガットは滑らないから実際のところはスピン量が減るという話もあるし、よくわからん。僕はあまり好きではない。

Sさんがバーンのときに気に入っていたのはフォルクル サイクロン 17(1.30mm)

しかし95インチ薄ラケに1.30mm張って大丈夫なのか、パワー落ちないか心配なのだが、張ってみた。54ポンド。

打ってみると、なんか調子良くなったらしい。
屋内コートシーズンの時みたいな速い球がバンバン打てて、「なんでこの前の試合のときにこれ持っていかなかったんや、持っていってたら勝てた」と後悔してた。

僕の張り替えた295と打ち合ってみると、確かに屋内シーズンの時のようなフラット気味のラリーが続く。球も重いし、これはいいかもね。
ただ、試合ではクロスのループも忘れず・・・

不要になった?シルバーストリング張った305を貸してもらって打ったのだが、こっちのあまりのスピン量にSさんが驚いていた。そうか、これでみんなやられていたんやと。
このガット、ボールを高い位置からパンと決めるのは難しいけど、守備的なボールを打たせると素晴らしい。
ダブルスでも使ってみたが、スピードは遅いが相手の反応みてから自由にスピン量変えてコースかえられるので、上手くなった気がする。回転系サーブのリターンもらくらく。僕はこのガット気に入ったなぁ。

カテゴリー: ガット張り | 投稿者とし 08:16 | コメントをどうぞ

先週のLK

Sさん、今年1500ポイント貯めるために、そろそろ稼いでおかないといけない。試合を探しているが、今週末はあまりシニアのLKがなく、今から申し込めるところは、ボンあたりまでいくと土日にあるのだが、ちょっと遠い。

来週に数日に渡って行われるトーナメント、30代はLK3とLK7の二人しかエントリーしておらず、40代と合同になるかも。一応エントリーしてみたのだが、このLK7は曲者だった。2008年以降の戦績、60勝4敗・・・
今年はLK2を3回も倒している、規格外だ。
・・・まあ、一般レベルの最高峰を見せてもらうということで、何ゲームとれるか頑張るしか無い。

***

先週末のLKは家から1時間ほどのところに遠征。
うちのコーチ見習いの大学生シュテファンと現地で遭遇してびっくり。

Sさんの相手、最初の子は、子供の頃からテニスをやっているのだろうが、下の方のリーグで年にプンクトシュピールに何度か出ているぐらいの子。20代半ば。左利き。
むこうからしたら年配なので、かなりなめられていたようだ。「30代のプンクトシュピールに出てるんですか?すみません、歳みちゃいました」とか言われる。
・・・いや、プンクトシュピールはダーメンに出てるんだけどね。
相手はサーブ下手だがストロークに自信ありそう。

最近のSさんのフォアは普通の球に見えてむちゃくちゃスピンかかっているので、相手は飛ばされまくって1セットめ。6-1で取った。

だいぶイラついていて、Sさんに、「あなたの醜いトップスピンのせいで自分のテニスができない」とか言ったらしい。
ふつう醜いとか言うか?この子おかしい。
外観からして少しテンパラメントフォルだから、しかたないか。

これに動揺したのか、2セット目、フラットばかり打って、調子落として0-3になる。
なんでトップスピン封印とかするん?気持ち入れ替えないといけないので、厳しく言ってみた。

打ち方を昨年のものにガラっとかえてやり直し。このあと6ゲーム連取して6-3。

次の相手は、21歳の若い子でランクはSさんより2つ上。
2008年から記録見るとたいして強くなかったのだがこの2年ぐらい急激に上げてきていて今年もすでにランクいくつか上げているので要注意。今日の1試合目もこの子は2つ上相手に勝ってる。

最初のラリーでは、スピンが良くきいて相手はミスりまくっていたのだが。
ゲームがはじまると、相手はガツガツ打ってきて、どれだけミスってもメゲずに打ち込んでくるので危ない。こういう相手はタイミングが合ってくると止まらない。
Sさんの新しいATP風のフォアは、まだ練習しはじめてだった2週間。まだどこか手首を使ってしまっているところがあって、小さな筋肉がへたると、急にスピン量が落ちるので危ない。
ゲームはどちらもキープし続け、そして途中からブレイク合戦、4-5で自分のサーブになったときに落としてしまい、1セット目は4-6。

疲れ切ってしまって、次のセットは散々だった。
若い子のフラットバコラー相手で守勢に回るとしんどいな。フォアを鍛えるしか無い。
あと、今日は先週の反省からサーブを昔のフラット気味のものに戻していたのだが相手には打ち頃だったようだ。スピンサーブ練習しないと。

そういえば、冬に試合で当たった子が応援に来てくれていた。
この子は新しく入ることになったクラブの方の若手で、テニスはじめてちょうど1年ぐらいなのだが、とても強くなっていて、LK23相手には余裕みたい。LK20にもタイブレイクまでいっていた。才能あり。
この子はまだ若い。
体格はガッチリしていて、女の子にこういうのもなんだが屈強で、両手の手首から肩まで怖いイレズミがびっちり入ってる。
スピンラケットフルスイングですごい球打つ。
職業は軍人らしい。

カテゴリー: ドイツのテニス状況 | 投稿者とし 07:45 | コメントをどうぞ