カテゴリー別アーカイブ: テニスの練習

女子現役チーム一軍

Sさん、秋から新しいクラブへ移り30代女性チーム一軍に所属した。
このクラブは女性は40代が強く、北ドイツリーグでやってる。この人たちはプライド高く、口きいてくれないし、そもそも見かけない。たぶん普段は別の地域に住んでいて別のクラブにおり、試合の時だけ合流してる。強豪チームにはよくあること。Lk一桁揃い。

30代はそこそこ強いチーム。メンバーは若い頃はLK6から10ぐらいで、子供産んでから下がって15前後という感じ。普通のチームにはそういう人達が一人いるかなので、全員がそのレベルなのは強い。
SさんはLk14で入ったのだが、テニス歴四年で身長155cmしかない日本人なので、コーチから舐められていた。
しかし、フォアが強い。男子のATP選手のフォームで強烈なエッグボール打つので誰もフォアではSさんに勝てず、誰もフォアにボール返してくれない。秋からのチーム練習はまるでSさんを育てるためだけのものに変わる。夏は上を目指すために新しい一軍を作るという意見も出てきた。

そんな中、現役世代の女子チーム一軍に欠員が出て、試合にSさんが出ることに。このチームは上はLK9二人で年齢は16歳から22歳。あと少し30近いのが二人。県レベルでもそこそこ強いというくらい。
チーム練習で、なんと現役チームのメンバーでもフォアではSさんに勝てず。今後、Sさんは現役チームの練習に毎週参加することに。

今日はそのメンバーのうち一人と試合する。

ちなみに女子チーム現役は三軍まで、男子チーム現役は四軍まであります。

カテゴリー: テニスの練習, ドイツのテニス状況 | 投稿者とし 00:26 | コメントをどうぞ

来週の試合

Keの夫婦も来週のトーナメントに出るみたいだ。車で1時間半の町、州のチャンピオンシップ大会。
同じトーナメントに出るのは地元開催以外では初めてなので、来週の大会は楽しみだな。
またKeからSさんに対戦申し込みがあった。試合前に調整したいのだろう。今日の夕方なのだが、予報では嵐が来るらしい。

Sさんは、運の良いことに30代の人数が集まらず、30-45歳までがまとめて1つのトーナメントになった。これは大量得点のチャンス。今年一番のチャンスではなかろうか。

出ているメンバーをみてみる。

1番シードのLK3、35歳以上ドイツランキング50位ぐらい。
彼女とは昨年の大会で当たったことがある。
昨年は全然相手にならなかったが今年はチャンスがある。この子は身長180cm以上ありサーブが武器。しかし今年のSさんは、毎日僕のサーブを受けているので速いサーブに異常に強くなってる。この子はLK3ではあるが、けっこう無理していて、ダーメンではLK12相当ぐらいの強さだろう。Sさんはダーメンだと実質LK14ぐらいだと思うので勝てない相手ではない。

2番シードのLK5、彼女は40代で、ドイツランキング70位ぐらい。
Keとこの前マッチタイブレイクで勝った相手だ。40代でもスピンが打てて両手バックというのが強みだが、スピンではSさんの方が強いので、勝てると思う。ダーメンだとLK17ぐらいだろう。

あとLK6とLK7がいてドイツランキング80から90位ぐらいだが、45歳以上みたいなのでなんとかなる。

31歳のLK7は、この子は今年LK2に3回も勝ってるので別格、この子には勝てない。やたら勝率高いしほとんどゲームさえ落としていない、優勝はこの子で決まりだろう。ダブルスも強いみたいだし弱点はなさそうだ。

他はLK10から14だが、全員40代でこのランクであればクロスにトップスピン打つだけで勝てるはず。

まだ対戦表が出ていないが、ランキング的に最初に3か5と当たる可能性が高い。
最初に勝ってしまうと、31歳の7と同じ方なのでどこかで当たったらそれまで。

ポイントを稼ぐためだけならば、初戦で負けて敗者復活戦に出て、ここで3勝したら450ポイント入る。

カテゴリー: テニスの練習 | 投稿者とし 22:44 | コメントをどうぞ

またKeと試合

Sさんのフォア、もう少し直す。ヒットする位置を少し下げて腰近くにしたことで、押せるようになり、かなり球が重くなった。
ガット張り替えて新しくなったラケットもあるし、そろそろKeと試合してもいけると思ったようだ。試合することに。

ちょうどKeもトーナメントで負けたところでSさんをやっつけて調子を取り戻したかったようだ。

KeはLK9だが、今年はよく負けていて、正直なところランクだけの実力が無いのではと悩んでいるらしい。
Keはタイミングテニスは上手いがもともと持ってる球は弱いので相手の力を借りないと攻められない。
相手に大きなスピンを打たれると上手く力を使うことができない、年々、ダーメン40にスピン使える若手が増えてきて辛くなってきているのだと思う。

この前のトーナメントは決勝でLK16に負けた。疲れていたから負けたのだと言い張っているが、それはリサーチ不足。相手はテニスラケット持った新聞記事写真とか出てくる人なのに。このLK16は2008年時点はLK4だった。育児かなにかでずっと公式出ていなかったからLK下がっただけ。
昨年はダーメンのオーバーリーガー(州の一番上)でプンクトシュピールしてる。40代女性なのにでダーメン(十代、二十代中心)でプレーしてオーバーリーガーって、かなり化物クラスだということ。

SさんとKeの試合。
試合前に、Keの得意なバック側をあえてスピンで狙ってみたら面白いんじゃないかと話していたのだが、Sさん、なんか1セット全部相手のバック側に打って、ボコボコ打たれていた。あかんと思ったらやめんと・・・
しかしまあ、良いスピンが入ったら相手はバックでクロス打てないみたいなので、こちらはずっとフォアでやりあえる。
1セット目は動きが固くて4-6で落とす。

2セット目もよくなくて、2-5、もう負けそう。
動きが固いのは、新しいフォアを試合の中で使おうとしているからみたいなので、全然強い球打ててない、頭空っぽにしてやったほうがいいと伝えたら、そこから生まれ変わったみたいに強気になる。7-6で取った。
Ke、流れ悪い時はマッチタイブレイクしない。動物的なのだ。
今日は引き分けとなった。

最近、KeはずっとSさんと試合しているからなのか、フォアのスピン量が上がってきた気がする。

今日はSaが話しかけてきた。
この人は50少し超えたぐらいの女性でLKは20ぐらいだと思うが、昔はLK一桁で女子のエースだった。なんで落ちたのかわからないけど、たぶんうちのクラブでは一度落ちると試合出してもらえないからLKを上げる機会がないのだと思う。テクニックはダーメン40でもトップではないかと思うけど。
彼女は父親がもともとこのクラブのコーチで、息子も体育学部行ってテニスのコーチ、本人はいつも高そうなマウンテンバイクでクラブに通っていてかなりのアスリート一家。
Saは前からSさんと練習したかったらしい、弱いけどいいですか?みたいに下手に出てきて困ってしまうが大歓迎。

前から試合しようと言ってるのにできていないHo氏。今日は歯医者のToと試合をしていた。Toは今年2回勝っていて調子に乗っているので、今ならHoと試合してもいいところまでいけるのだと思ったみたい。
Hoは60代、Toは50代で若いし身長は10cm高いのだが・・・どうしようもなかった。
勝ってるのはファーストサーブぐらいで、あとはテクニックもパワーもHoの方が上、6-0。
好きなようにやられて、2セット目もやられて、意地を見せようとしたのかな、ドロップショットを無理にとろうとして、ふくらはぎを肉離れして倒れる。
4週間の戦線離脱となる。泣ける。
日本だとみんな集まってきて介護してくれるのだろうけど、ドイツ人、こういうところドライで、誰も手助けしてくれず。1人で時間かけて片付けて車で帰っていった・・・

カテゴリー: テニスの練習 | 投稿者とし 08:38 | コメントをどうぞ

明日はHOと対戦

日曜日、昼過ぎに行くと、連休で帰ってきていたKaと、Keが試合していた。

金曜日にもこの2人は試合していたのだが、Kaが圧倒した。

Kaは今年、彼女の大学の町で有力なチームに入った。ここは上の方がLK2、LK3とかのチームで、そのメンバーはヨーロッパ中で試合しているのでなかなかチームの試合には出てこないのだが、そういうところなので練習相手も豊富で、Kaは今年急激に強くなった。今はLK18だが、戦績を見ている限りはLK14ぐらいの強さはありそうだ。

Kaは24歳でパワーがあるということもあるが、薄ラケで、握りも薄く、フラット気味のスピンでウィナー狙いの攻撃型だ。

Keはカウンタータイプなのだがストロークの形が悪いので、Kaが正面に強打を入れると返せないようだ。2年ぐらい前はKeのほうが勝っていたのに、もう勝てなくなってしまった。

今日はどちらが勝ったのかきいていないが、終わってすぐに二人とも帰ってしまったので、おそらくKaが勝ったのだろう。

今日はSさんのフォア、パワーと回転量を上げるための練習をする。明日はHoとの試合があり、Ho相手ならスピンを強化するしかない。
Hoは60代の男だが、ドイツの一番上の大会で優勝しているチームに所属している。

この前、トルコでの試合で勝ったことで、彼はダブルスの世界ランキングが60番ぐらいまで来たらしい。
シニアの世界ランク60がどのぐらい強いかわからないが、たぶん見た目以上に強いんだろう。

彼はテニスをはじめたのが遅く、39歳かららしい。もともと軍隊で暇なときにテニスを少しやってみて、楽しくなったので自己流ではじめたという。ほとんど習っていないが、プロの選手の動きをみて少しづつ覚えたらしい。もともとギムナジウムの体育教師だし、運動神経がよくて頭もいいんだろう。今はテニスのBトレーナーの資格を持っている。たいしたものだ。

カテゴリー: テニスの練習 | 投稿者とし 19:24 | コメントをどうぞ

ラットショット

クレーシーズンになってから苦労している。

10月から屋内練習を頑張って、速いサーブとベースラインからのウィナーに慣れていたのに、クレーでは勝手が違う。

ひとつはスピンがかかりすぎることで、強くスピンのかかった球は相手が面合わせるだけでドロップショット風の球が帰ってしまう。僕は足が悪いのでこれをいちいち取りに行くのがつらい。
クレーコートでは、あまりテクニックなくても、足が速くて体力あるやつが勝つ。

他には、同じスピンの問題で、思いっきりスピンをかけた中ロブを上げられた時に、高い位置からのフラットではミスが増える。ウィナーが狙いづらい。なんでもスピンかけてるシコラーが有利すぎる。

長い試合やる体力も無いので、なんとかして早くラリーを終わらせたくて試行錯誤してるが、ラットショットは有効だと思った。
クレーでスピン上げられた時に高い位置からスピンのウィナー狙うとネットにかかったりアウトしたり、屋内コートほど速くないのでカウンターくらったりするのだが、ラットショットはシュート回転がかかっているのであまりネットにかからない。回転あまりかからなかった球は良い感じのフラット軌道になるし、回転かけすぎて伸びない球も、これはこれで相手が取りづらい。今週はこの球を頑張って練習してみよう。

***

Keのラケット、上手くガット張られていたのでなに張っているのかきいたら、知らないとの返事、コーチにききにいった。
ルキシロンのアルパワーというガットで、多くのプロが使ってるとの返事。

コーチ、Keにアルパワー張ったのか・・・
高いでしょう?ときくと、張り代込みの38ユーロだったらしい。
たかいけど、本人が満足してるのでいいか。

最近、Sさんのラケットに張ったヴァイスカノンのシルバーストリングはアルパワーに似ているという話しでお勧めなのだが、普通には売ってないガットだし、田舎のテニスクラブでは誰にも薦められないな。みんな自分のラケットに張られているガットに興味持ってないし。

カテゴリー: テニスの練習 | 投稿者とし 08:41 | 2件のコメント

Keの試合など

日曜日
地元クラブで40女子の試合があった。
相手のクラブは隣町なのだが、格上。
一番手のKeはLK9だが、相手はLK5だ。最初から勝てないと思っていたようだ。

LK5の相手はは、40代にしては珍しくスピンが得意。ピュアドライブ使っている。体格はガッシリしていて、パワー系のアスリートだ。

しかし、パワーだけならSさんの方が上だし、スピン量も多い。
Keはカウンターテニスなのだが、ここ最近、Sさんとばかり練習してスピン対策ができていたので、もしかしたらこれはいけるのではないかと。

1セット目途中で雷雨がやってきたが、試合続行、6-7で落とした。
Keはこれはいけると思ったようだ。
雨なので試合を流すこともできたのだが、なんとしても続行したかったらしい。クレーコートは大きな水たまりができている。
雨雲レーダーでは1時間で雨が止むとのこと。
1時間後を待って、そのあとさらに1時間待ち、コートが乾くのを待った。
試合再開、2セット目は7-5で取る。
ここでスーパータイブレイクにせず、3セット目をやることに。
6-6、タイブレイク。
1-4になったが、巻き返して5-5まで持っていく。
しかし、ここで特異なバックハンドが痛恨のミス。5-7で相手にタイブレイク取られてしまった。

しかし、Keとしては、未来に希望が持てる試合だったようだ。
昨年LK9まであげたのはいいが、この先あまり伸びしろが見えず、試合にも勝てておらず、ここまでかと思っていたのではないだろうか。
しかし、今日はLK5に勝ちかけたので、さらに上を目指せると思ったに違いない。

***

僕は今日、リバースサーブを練習して、肩を壊してしまった。このサーブはちょっと僕には難しいようだ。バック側に跳ねさせるならリバースサーブ打たなくてもスピンサーブで十分だった。
1週間ぐらいはサーブできなさそう。

カテゴリー: テニスの練習 | 投稿者とし 08:29 | コメントをどうぞ

一軍の練習に混ぜてもらった

このところ、毎日1時間ほどサーブ練習をしている。

フラット、トップスライス、スライス、スピンの4種だが、練習では上手く打てるのに、実際の試合を想定して使い分けると入らないことがある。セカンドサーブの時に少し威力を落としてしまうからタイミングが狂うのかもしれない。
できればセカンドはスピンをフルスイングで入れられるようにしたい。

今日は19時から男子チーム一軍の練習。混ぜてもらうことになった。ありがたい。
Sさんも来て一緒に混ぜてもらうことになった。
試合前なのに2人しか来ていない。

Stは7歳からテニスはじめた22歳で、大学生。子どもたちのコーチをしている。LKは16。左利き。
Faは6歳からテニスをはじめた36歳で、いちおうチームの代表。この数年成績が落ちていてLKは21に下がってしまっている。左利き。

最初にFaと20分ほどラリーした。Faは30代らしくスピン型のパワーヒッターだ。
先週の日曜日に当たった相手ほどではないが、重いスピン。ラリー全体が重く、疲れてしまう。彼は少し太っていて筋肉も多いのでこういう打ち合いは得意そうだ。

Stは、昨年にラケットをピュアドライブからプレステージSに変えた。
この前の試合以来、僕はフォアを少しかえて、ストレートアームでプロネーション多めにしてあり、スピンが増え、跳ねて2メートル近く上がるのだが、Stは身長が190cm以上あるので、バックラインから下がらず顔の正面で叩くようなショットで返してくる。基本的にはバックラインから下がらないスタイルで、タイミングが速く、球はそんなに重くないが種類は豊富、若い子らしい現代的なテニスだと思う。

Sさんが言うには僕は二人の中間ぐらいのスタイルで、ライジングが良かったらしい。ストロークのスピン量は一番あったということで、それは嬉しいなぁ。
僕は足が悪いから、サーブの速さとライジングで早めに点数取るしかないだろう。

全然相手にならないかと思ったけど、来週からも来ていいということで、嬉しい。

カテゴリー: テニスの練習 | 投稿者とし 13:57 | コメントをどうぞ

ダブルスの日だけど

午前、Sさんと昨日の敗因だった前の方でのテニスについて、また練習してみた。
Sさんのワイパーの軌道は小さくて速いため、本当に前の方ではアングルが決まるが、サービスライン後ろから打つと不安定だ。
肘を身体につけるぐらいの気持ちでワイパーしたほうが深い角度ついて安定するかもしれない。

17時、今日は男性ダブルスの日なので行ったのだが、誰もいない。
Keが練習していた。40代女性チームもダブルスするようだ。

18時過ぎぐらいにRaが来る。Raは左利きのビッグサーバだ。
二人でラリーしたのだが、クレーで打ったのは今年はじめてらしく、全然打てていなかった。フォアのスピンがかかりすぎているのかな。
しばらくすると、Laが来る。
僕がこちらで、あちらはRaとLaの二人という形でラリーする。テニス歴は相手二人とも30年以上なので上手く、かなり不利だ。
とはいえ、僕のフォアはLaは返せないらしい。
フォアハンド、日曜日に試合負けてから対戦相手のフォアの印象が強烈だったので真似てみているのだが、なかなか良い。
Laは、トップスピンうざい、俺は若くないんだよ、と怒鳴ってた。

ダブルスをするためにRaが女性を呼びに行ったのだが、Crが来てしまった。
CrとLaは夫婦。1年前まで。

何年か前にこのクラブに入った時、CrとLaは顔役で、高校生と大学生の息子も二人ともテニスやっていたのだが、
どういうわけか昨年あたりに離婚したようで、CrもLaも新しいパートナーがおり、どちらも連れてきている。

寒いダブルスが始まった。

Crと組んだのは僕で、LaとRaが相手だ。どうせなら元夫婦同士組んで欲しかった。
Crは凍ったような顔でプレーしていて、Laはニヤニヤしてプレーしている。

Laは、少し良いところ見せたいのだと思うのだが活躍させるわけにはいかない。
とても長い時間に感じだたのが、3-6で終わったのであまり長くなかったのかもしれない。もうこりごりだ。

このあと、Raと僕で、ビッグサーバ同士?の短いゲームをした。
Raのスピンサーブは強烈だと思っていたのだが、日曜に当たった相手の方が強烈だったので、いがいと取れた。
どちらも良いサーブだったが、一度ブレークされた僕の負け。

コート内ではこちらのほうが強いことがわかったので次は勝つ!

夜、自宅に戻ると新しいラケット届いていた。
はやく試したい。

カテゴリー: テニスの練習 | 投稿者とし 06:39 | コメントをどうぞ

Suとの練習 Keと再戦

火曜
今日は、隣の州のテニスクラブに行く。隣の州とはいっても30kmしか離れていないのだが。
このクラブは、Sさんが秋からチームに入るかもしれないところで、今日の練習相手のSuはLK13、二軍のリーダー。
強さ的には似たようなものかSさんが少し上かもしれない。

Suとの練習はとても良かった。
いま、Sさんは屋内コートとクレーコートの戦い方の違いについて悩んでいたのだが、Suが実践してくれた。
彼女は、最後にあった屋内コートの時にはベースライン上から叩きつけるようなトップスピンでカウンターテニスをしていたのだが、今日はクレーなのでベースラインから2メートル下がった位置から大きなトップスピンで相手をコートから追い出すテニスにかえてきた。二人ともスピンが得意なので、だいぶ強烈なスピンの打ち合いで練習していて楽しそうだった。
週末に試合なので少し調べたのだが、どうやらSuは自分の診療所を持っている歯医者さんらしい。
・・・どおりで、この前あたった女弁護士さんと似たような雰囲気をもっているわけだ。この人も理屈優先型のテニスなのだな。だから歳のわりには若いテニスができる。

そういえば、少し前に、このクラブで、とある女の人と出会った。身長は僕と同じぐらいなので180cm以上あって、年上の旦那と二人で練習していた。こちらに声をかけてきたのだが、どうやらここの30代女性チームの代表らしい。
テニス一家に生まれたけど遅くからテニスはじめたらしく13歳からとのこと。たぶん、コーチからSさんのことをきいていたので下見したのだろう。
今週末にはここのクラブで、30代女性チームの試合があるらしい。ポスターも用意してあり、わざわざ入場料無料と書いてあるから驚いた。おそらく入場料とっても良いレベルの試合なのだろう。さすがは州代表チーム。
試合は僕も見に行こうと思うが、相手のチームのほうがメンバーは上かもしれない。相手は西の方から来るチームなのだがドイツを代表する名門で、ここの男性チームはツベレフ兄弟が入ってる。たぶんいろいろ環境が違う。
この女性だが、名前みて気づいたが、この町に大きな工場を持つ会社の名前だった。社長夫人さんなんだな。ちなみに隣町に大きな屋内テニスコートも持っている。
この人、何年か前まではLK1で、むしろそれを超えた存在というか、ドイツランキング何番ぐらいの強さだったらしい。

***

夕方に、またKeと対戦となる。
そういえばKeとSuは対戦したことがあるようだ。その時はKeが勝っている。
テクニック的にはSuは王道テニスなのだが、Keはライジングを職人レベルで追求していて、勝つための執念がすごい。

今日は、Suとの練習の後だったので、後ろに下がって下からの強烈トップスピンが冴えていて、Keにはまともに打たせなかった。あまり威力のある球だとKeがカウンター取ろうにもどうにもならない。
かなり内容に差があって、手加減しなければいけないのではと思っているうちに1セット終わる。

次のセットも当たり前のように勝つだろうと思っていたのだが、Keに上手いこと前での打ち合いに持ち込まれて6-0で落とした。どういうことやねん。

Sさんが妙に落ち込んでいるし、Keは納得いかない顔をしている。

Keはトップスピナーに打ち合いで負けたので悔しいのだろう。Sさんは前が苦手なので引き釣りこんで倒したが本来はこんな勝ち方をしたくなかったようだ。

Sさんに話しきいていると、おそらくアングルショットがちゃんと打てていなかったのだと思ったので、ひさしぶりにチェックしたら、やはりダメだった。
肘から先の、中ぐらいのサイズのワイパーで角度つけていくように、練習してみるのだが、どうもできない。練習しないといけない。

カテゴリー: テニスの練習 | 投稿者とし 06:21 | コメントをどうぞ

Keと対戦

月曜、気温7℃、少し雨

昨日、勝って気を良くしたSさんは、月曜日に、テレザという女の子と、Keと、Krの3人と、テニスの予定を入れた。なんというハードスケジュール。

テレザはまだ13歳なのだが、学校を2学年飛び級していて賢い。
子供の頃からオリエンテーリングラオホという、林間学校かなにかのときにやった記憶があるオリエンテーリングという遊びを、山の中で全速力で走りながらやるというけっこう危険なスポーツを毎週やっていて、学校休んで大会に出るぐらい本気でやっていた。
そのせいか、体幹が安定している。うちのクラブのジュニアでは一番才能があるのではないかと思う。

昔から知っている子で、テニスをはじめてからも様子を見ていたが、今のコーチのMaの指導では、いまいち上手くなっていないようなのでもったいないと思っていた。そこで声をかけてみたのだが。

テニスはじめて2年経つのにスピンが打てない。どういうことだろうねと思って教えたら、5分でスピン打てるようになった。なんということ。
トップスピンのクロスと、相手の球が浮いてきた時の高い位置からのフラットドライブでの決め球を、1時間でやれるようになった。この子は本当に才能あるな。そしてコーチのMaは全く才能無い、いままでなにを教えていたのか。
これぐらい打てるなら、9月までいろいろな大会に出せば、LK20ぐらいまで上げることができると思うし、来年にはジュニアではなく現役女性のチームに入れることができるだろう。ただ、大会に出すのはお金もかかるから、親がどのぐらい投資するかにもよる。

Sさんは、テニス頑張るようにと、自分のBurnを彼女にあげた。

***

次の予約はKe。KeはLK9、今年あまり戦績が良くないので自信を失っているようだ。
昨日はLK11にトップスピンでやられた。今週末にはLK5と当たることになっていて、なんとかトップスピンの攻略を考えたくて、Sさんを呼んだのだと思う。

試合開始から雨が降ってきて風も強い。
Keは妙な迫力があってコートの横で観戦することはできない。なので木陰から見守る。これは僕だけでなく、クラブの男性はみんなそうしてる。

最初、テレザが見ていたのでSさんは格好良いところみせないといけないと、3-1でリード。
しかし、いなくなると気が抜けたのかKeのライジングやカウンターにずるずるやられていって、1セット目落とす。

負けている理由はおそらく、今年は屋内コートシーズンを頑張ったので、Sさんはまだクレーでの戦いに慣れていないのだと思う。バックラインの内側で戦ってしまっている。
外まで守備範囲を下げて、ボールは下から打つようにとコメントしたら、次のセットで実施して、けっこう余裕でセットを取った。

このあたりで今日は時間切れで、次はKrと練習のはずだったのだが、Keは勝手なもので、Krとの練習をキャンセルして、もう1セットやろうという。
たまたまKrからも、雨だけどどうするかメッセージ入っていたので、Krとの練習は延期になり、3セット目がはじまった。

僕は用事があったので見ていないのだが、どうやらSさんは、また前で戦ってしまってセットを取られたようだ。
しかし、良い勝負だったのでお互い楽しかったらしく、また明日も練習することになった。

カテゴリー: テニスの練習 | 投稿者とし 05:56 | コメントをどうぞ