フレッシュチキンエッセンスを使うときは、「3つのダメ」と「3つの…

滴雞精懷孕

80年代、台所用調味料の三大要素は、油、塩、MSGでした。 当時は、何を作るにしても、鍋に盛る前に必ずMSGを少し入れて、滴雞精懷孕いましたね 幾何学以降、このMSGはチキンエッセンスに変わり、無難な国産品が発見されたのである。 ネーミングも成功し、大きな雄鶏のデザインは「チキンエッセンス」を印象づけます。 実際には、MSGと食塩を主成分とし、鶏肉、鶏骨粉またはその濃縮物、核酸二ナトリウム、その他の賦形剤を原材料とする複合調味料である。

チキンエッセンスには毒性があるという話を聞いたことがあると思いますが、実際はネット上の噂のようなもので、チキンエッセンスは人が言うほどではなく、食べれば体社会に深刻な害を及ぼします。 チキンエッセンスは、オイスターソースや砂糖と同じように、台所で鮮度を高めるために使うだけで、食材の調理法を学んでも、正しい使い方であれば有害な物質を発生させることはないのです。 チキンエッセンスには様々なものが添加されていますが、母乳餵哺全管理の様々なチェックを経て上場した学生に情報が付加されており、必ずしも私たち自身の健康に環境的な危害を与えるものではありません。 製品設計基準番号がSB-T10371であれば、どのようなパッケージのチキンエッセンスでも良品です。 チキンエッセンスの賞味期限は2年程度のものが多く、分析や消費に際して賞味期限を超えなければ問題ないためです。

我々はすべて知っているように、チキンエッセンスは、主にオイスターソース、グルタミン酸ナトリウムとチキンエッセンスがグルタミン酸から抽出されますが、異なる生産方式、使用方法の異なる方法のために、調理時間は自由に使用することはできません、または唯一の新鮮なの目的を達成できない、しかしまた、健康に影響を与える、ある:チキンエッセンス新鮮で覚えて “3は、3つは食べていない入れていません “家族の健康 “のためです。家族の健康のためです。 使い方を間違えないようにしましょう

[3 don't put]

1、肉料理は置かない

これは、料理の準備で、グルタミン酸の肉と塩が高温加熱後に、鶏の味のエッセンス成分を生成することができ、これらの成分はまた料滴雞精好處を与えるだろう、会うからです。 チキンエッセンスを入れる場合は、入れすぎはよくありません。

2、冷たい料理は入れない

チキンエッセンスは80〜100度でしかリフレッシュの役割を果たせないからです。 冷菜の温度が低すぎると、せっかくチキンエッセンスを入れても食材の表面に付着するだけで、鮮度保持の役割を果たせず、無駄になってしまうのです。

3、充填クラスが置かれていない

彼らは食材で作られた充填物の様々なを使用するため、饅頭、餃子で私たち自身のいつもの、最高の中国の鶏の本質を追加することによって、することはできません、それらのほとんどは、炒め物や他の手順、これらの技術の動作システムの温度要件が高すぎると、120度よりも高いのグルタミン酸ナトリウムで鶏の本質は、ピログルタミン酸一ナトリウム塩、消費後に人間の健康を害する、と外に細胞を排出するのは難しいになる。

[3 食べてはいけない】。]

妊婦と乳児は食べてはいけません。これは、チキンエッセンスを長期間摂取すると、胎児の奇形につながる可能性があるからです。

2.高齢者と子供は摂取しないこと。 これは、子供がチキンエッセンスを長期間摂取すると胃の機能に影響を与え、部分食になること、高齢者は味覚が低下し、食欲増進のためにチキンエッセンスに頼ることになり、チキンエッセンス依存になる可能性が高いためである。

3.高血圧の方には適しません。 これは、原材料にチキンエッセンスを加え、ナトリウムの含有量を増やしたためです。 したがって、高血圧の人は塩分を制限するだけでなく、チキンエッセンスの量も厳密にコントロールする必要があります。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者nvbjhdgfhj 18:24 | コメントをどうぞ

你知道嗎?我從你的世界裏路過


我希望有個如你一般的人。如這山間清晨一般明亮清爽的人,如奔赴古城道路上陽光一般的人,溫暖而不炙熱,覆蓋我所有肌膚。由起點到夜晚,由山野到書房,一切問題的答案都很簡單。我希望有個如你一般的人,貫徹未來,數遍生命的公路牌。——《從你的全世界路過》墓癮-寒

  或許在下一個街角,我們就會揮手作別,不再眷念。所有的思緒、漫天的話語如同素箋上緩緩攀爬上的黃韻,彰顯著路過的情節。沏一壺豔茶,捧一縷書香,描一幅心影,不為渲染心事,唯願你記得我曾從你的全世界路過。

  感謝佳叔,他的故事中笑點裏夾雜著淚點,淚點裏夾雜莫名的肆虐,片刻前還是笑眼盈盈,這會兒便是淚滴的宣洩無遺。他就是這樣一位“煲湯”高手,你我在他的心靈雞湯裏感同身受的存在。在他的故事裏每每可以看到我們晃動的身影,那些逝去的青春……正如他說的,這是一本很雜的書,隨便翻看那一篇你都會得到些什麼或許放下些什麼。在佳叔的故事中總是那座城,那家酒吧,那些人,偶爾才寫到他自己的故事。七種主題,七個夜晚,它太適合在睡前讀了,不是因為獨具催眠功效,而是作為呼喚溫暖,豐富獨處時光的選擇。

  他的故事是情感的集子,雅俗共用的語言,來自於生活的呐喊,美得讓人心驚,清新的可以兌出水來。就是這樣娓娓道來的生活中的瑣碎事情,用乾淨唯美的筆錄,以第三者的姿態訴說:我曾從你的全世界路過!一直以來,愛與喜歡簡單的命題,因緣分而存在,有時確實讓人匪夷所思,但是這其中的各種曲折也並非與自己無關,生活中的太多場景和變換能讓人措手不及,只能交予時間考量,原本想停留在你的世界裏與你並肩同行,最後卻只是路過而已。

  我喜歡獨自一人,直到走進我的世界裏。不知該怎樣收藏紀念你的印記,以便自己多年後記憶自己曾經的苦惱、煩憂、喧囂、寂寞,你曾說怕你終將是那個不屬於我的人,這的的確確是我的硬傷。文字的記錄是有聲音的,在那裏的每一篇文章都帶有心碎的聲音,有人問我:“你那麼文藝,為什麼沒有喜歡的人?”是啊,長期在一個人的世界,唯有書香,豐富了個人感知,而感知愈豐富,情感越細膩。就像鑰匙上的槽,槽口越多,對應的鎖也就越複雜,誰也不能輕易打開。但是心鎖即便落了灰,它對世界依然存在期待!

  我知道我只是你世界中的翩翩一筆,但一直是那個曾給你寫生日祝福的人,一直是那個成人禮給你寫賀詞的人。我一直在等,相信屬於你的另一個全世界,終會以豁然開朗的姿態呈現,以我們必須幸福的名義。

  在季節的列車上,如果你要提前下車,請別推醒裝睡的我這樣我可以沉睡到終點,假裝不知道你已經離開,唯留一份曖昧在身邊,在歲月長河中寧願自己孤獨到終點,做一名擺渡人,也不願讓你將就在我身邊。

カテゴリー: 生活感悟 | 投稿者nvbjhdgfhj 16:10 | コメントをどうぞ

奔跑不只為第一


當四處加油聲喊起,我只能聽自己呼吸,這一刻只有孤獨自己,才可以相信我可以,當我們加寶寶 免疫力油聲喊起,只是為了能告訴你,這一刻有我和你一起,沖頂的路途不孤寂,奔跑不只為了第一。

  選擇真實的自己,有多少路可以上山崗,你要親手去開闢,奔跑不只為了第一,傾聽內心的聲音,每一步都在證明你,存在的意義,當四處加油聲喊起,我只能聽自己呼吸,這一刻只有孤獨自己,才可以相信我可以,奔跑不只為了第一。

   為了創造出神奇,讓世界為你去喝彩,你要感謝你自己,奔跑不只為了第一,對手只有你自己,當你努力邁開第一步,冠軍已是你,奔跑不只為了第一……。

   做人難,難在安身立命,這麼大的世界,這麼小的個人;大世界人太多,這麼多的人與人既互相聯繫又互相排擠,時空莫逆,來路莫測。

   千難萬難,難的是如何給自己在這個擁擠的世界上找到屬於自己的一席之地,我漸漸發現,其實人生所需甚少,按照內心的聲音向這個世界索取,往往獲益匪淺,它不僅可以滿足你外在的需求,甚至可以連心靈的空缺一塊彌補。

   於是在那些感覺自己的一切都被欲望捆綁,滿腦子想法都被現實束縛的日子裏,我開始跑步了,與其糾纏不清,不如淡然放下。一天、一年、或者一生只做好一件事,無為而無不為。

   奔跑時,把眼光放遠,把目標細化,我在呼吸之間找到了取捨之道,在腳步的交替中找到了平衡之感,每天只享受於跑步的過程,只做好這一件事,認真去做,量力而為。

   一步一個腳印,踏踏實實向前奔跑,回顧以往,發現這一年雖然只做了這一件事,但收穫頗豐。

   我變得不再複雜,簡單行事,我變得規律生活,更能享受到心靈的自由,我變得不拘泥於細枝末節,更能從容應寶寶 免疫力對生活和工作上的一切,原來夢想、理想並不需要多麼崇高偉大,心向所處才貼合最真的自己。

   只把一件事做好,就是生活本初的節奏,再忙再累的日子都會雲淡風輕,再苦再鹹的生活都不值一提。

   歲月烙印在我們心底的就只有靜好,因為我們當年的某一時刻,只想著把手頭的那件事做到極致。

   因外力而不得不放棄的東西叫想法,不為其他所累而不願放棄的才是夢想。這種無法放棄的力量就來自於內心。

   不要荒廢時光。毋貪眼前之樂,年少儘量多學點文化,打開眼界,拓寬思路,培訓智慧,年稍長後才有在生活的 夾縫裏遊刃的資本。不要自卑自賤,也不要好高鶩遠。

   人活在世,懂透了一部書抑或精於一件事,就不用心慌,就是有挫折,也是暫時的。社會機制本身必然為學有所專技有所長的人提供機會。要相信這個,因為社會的運轉需要這樣的人。

   向著自己的夢想、理想而向前奔跑,只要堅持下去,雖然最終沒有獲得成功,但向前奔跑時經歷過的東西,永遠是自己在成長中的一筆財富。

   奔跑不只為第一,更重要的是向著自己的夢想而一點一點的努力,自己意義上的成功,是超越自我,突破自我,發揮出自己的潛能、發揮出自己的毅力、發揮出自己的才能,使自己磨礪成一把鋒利的劍,在前行的路上能夠披荊斬棘,長風破浪會有時,直掛雲帆濟滄海。

   奔跑不只是為了第一,向前努力、向前奮寶寶 免疫力鬥、向前拼搏,成功將會屬於我們的。

カテゴリー: 生活感悟 | 投稿者nvbjhdgfhj 16:51 | コメントをどうぞ

忘記過去,重新開始


再苦,再累,就算在自己的成長道路上寫盡失敗的人生歷程MFGM 乳脂球膜,要明白他們都已經過去、成為了所謂的過去式,過好自己正在進行的每一天,珍惜好現在的每分每秒,這才是最為重要的。

  總是想著過去,它有什麼用,除了回憶,又能增加什麼,除去回味,又能改變什麼,過去的已經永遠的埋進了歷史的角落,屬於自己就是將它徹徹底底的放下,放下它,自己才會過得更好,忘記他自己才會心無雜念的更增自己幹活的激情。

  人生的道路很漫長,漫長的沒有那麼多的時間去浪費,也沒有那麼多的時間去埋怨,人生是一條道路,是路自然就在所難免的有所曲折與坎坷,要不就是人為加力,為你改變成了康莊大道,改成了平坦寬闊的公路。

  沒有能力,誰又會為你改變,他們就算要改,人很現實,你比人弱,他人就會對你不屑一顧,不但不屑,而且還會變本加厲的嚴重打擊,在那裏對你狂踩,叫你永世不得翻身,而你比人強,他人就會對你百依百順,對你唯命是從,服服帖帖。

  忘了過去,一切重新開始,這才是我們真正正確的決定,不要老是拿著以前的那些點點滴滴來說事,過去不重要,重要的是現在。現在過得好才是真的好,就算你以前過得很好,現在變得潦倒,屬於你的還就是現在的潦倒,不會是從前的美好,珍惜現在,過好正在進行的每一天,才是我們需要去做的。

  忘了過去,過去不要想,去想沒有用,過好現在,創造未來才是我們努力的方向,才是我們的追求,讓我們一起向著未來要美好,對著現在索繁華這才是我們大家的所選,放下過去的一切,讓我們攜手擁抱未來,共同開啟我們美好的明天。

  生命中總會有一些值得回憶的事,捨不得也無法忘記,傷心的事常會深深的刻在心裏,留下那麼深那麼深的痕跡,我們總是刻MFGM 乳脂球膜意去忘記它,可最終還是會在某個不經意的瞬間突然的閃現出來,生活中,我們不但要學會記憶,而且要學會忘記過去。

  忘記對於痛苦來說是一種解脫,對於疲憊來說是寬慰,對於自我是一種昇華,在人生的路途中,如果把什麼愛恨情仇,功名利祿,恩恩怨怨,是是非非等都牢記在心中,讓那些傷心事,煩惱事,無聊事永遠縈繞於腦際,在心中烙下永不褪色的印記,那就等於背上了沉重的十字架,無形的枷鎖會使生命活得很苦很累,以至精神萎靡,心裏絞瘁,生命之舟就會無所依存,就會在茫茫大海中迷航,甚至有傾覆的危險。

  如果我們學會忘記過去,把不該記憶的東西統統忘掉,那就會給我們帶來心境的愉快和精神的輕鬆。正是如煙往事俱忘卻,心底無私天地寬。

  忘記失敗,便能充滿信心,勇敢滴面對未來的挑戰;忘記痛苦,便能擺脫糾纏,讓身心沉浸在悠閒無慮的寧靜裏; 忘記遺憾,便能放下包袱,輕裝上陣; 忘記過去,便能知足常樂,活得更加瀟灑。

  學會忘記,能走出失敗的陰影,走出自卑的泥潭,走出痛苦的深淵,重新認識自己; 要學會忘記,想大一點,想遠一點,想開一點。對已經過去的無關緊要的事,要糊塗一點,淡化一點,寬容一點,蒙朧一點,及時將這些東西從大腦這個倉庫中清除出去,不讓它們在記憶中佔有一席之地。

  學會了忘記,我們就是一個健康的人,成熟的人,就能放下過去那日益沉重的包袱,輕裝上陣,精力充沛地面對現在,信心百倍地去迎接明天,創造亮麗的生命風景線。

  不管怎麼樣忘記過去才能有新的開始,讓一切好的壞的有的沒的,隨著昨天變成回乳鐵蛋白憶和力量一切為了明天出發!相信一句老話有志者事竟成!

カテゴリー: 生活感悟 | 投稿者nvbjhdgfhj 12:54 | コメントをどうぞ

留德華”的中國胃

“留德華”是德國留學生的自我調侃維他命E霜。“夜雨剪春韭,新炊間黃粱。”這般家常平凡的滋味,在留學生心中卻是無限的嚮往。春花、春雨固然詩意,但能在舌尖上流轉的春天才是完整的春天:對於春筍、春茶這樣的雅物,不要去想它。能包一頓韭菜餡餃子,烙幾個韭菜盒子,或者來盤韭菜炒雞蛋。已經讓留德華們十分垂涎和滿足了。

  然而韭菜何處覓?德國人一般不吃韭菜、不種韭菜,根本聽都沒聽說過韭菜。

  不過這難不倒勤勞智慧的中國人。憑著基因中對美食的直覺,前輩留德華們早已發現,每年三、四月間。一種被稱作“熊蔥”的植物在德國的樹林間、山坡上,大片大片地生長著。雖然葉片比正常的韭菜寬很多。滋味和口感卻相差無幾。這個“大自然的饋贈”之所以被稱為“熊蔥”。是因為熊從冬眠中醒來後特別喜歡吃這種有著辛辣氣味的“草”來蓄積體力。

  漫山遍野綠油油的野“熊蔥”,人見人愛,儼然成為春天的化身、做出這項重大發現的留德華前輩真是給後輩們造了福,“讓大家都能吃上韭菜”也成為當前留德華們在他鄉互相關心的信條。春天尚未真正到來,一個關於春天的神秘消息已經在留德華中間流傳開來:“知道哪兒有野韭菜嗎?”

  很多年來,每當華人在林中散步或在郊外遊玩時,看到了朝思暮想的韭菜,都會先把口袋裝滿。回家嘗鮮後再把這個發現告訴同學朋友,網上至今流傳著大家整理和翻譯的《德國野韭菜分佈考》,於是東起德累斯頓、西至亞琛、北自漢堡、南到烏爾姆,有“熊蔥”的地方,就有華人們採摘野韭菜的身影。有笑話說,德國人不理解留德華們在滿山遍野裏做些什麼,便在山坡上立了一塊牌子:請不要吃草。

  由於熊蔥的外形與有毒的秋水仙和鈴蘭很像,每年都有留德華因為誤食而中毒。針對這一情況,熱心的同學找來圖片,通過對比告訴大家正確甄別野韭菜的竅門。此外,德國是個法律規範的國家,一些比較謹慎的同學還翻閱了德國法律。查明“熊蔥”不在聯邦自然保護局的保護名單上。也沒有哪個聯邦州有法律規定保護“熊蔥”老年黃斑病變。不過還是不要去豎有“自然保護區”牌子的地方采熊蔥,因為那裏的一切都是受保護的。最後還提示大家,要本著可持續發展的態度文明採摘熊蔥,保護環境,尊重當地人的習慣,造福後來的同學。

  為了吃上一口韭菜而如此大費周折,國內的同胞可能會覺得好笑。對於廣大留德華來說。學習和工作上的困難都是可以克服的,德語是可以越來越熟練的,清冷的生活是可以漸漸習慣的,唯獨腹中一顆中國胃,是對祖國永遠忠誠的。假如這顆胃有表情的話,它看見食堂的煮土豆、煎熏肉一定會皺眉頭、吐酸水;好不容易下回館子,看見服務員端上來的一人份碳烤排骨一定會冷汗直流。那可是沒有切開的“連排排骨”,一柞長一柞寬為一塊,一共三塊!加起來基本上就是半扇豬肋排:假如再看到旁邊的配菜是炸薯條,我們可憐的胃一定會流淚吧?薯條也算菜?!

  還是自己動手,豐衣足食。放眼望去,德國超市的蔬菜種類並不少,可走近一瞧,每一樣看著都有些不對。拿芹菜來說,德國最常見的兩種芹菜,一種是在國內廣泛種植的西芹,另一種是秋天成熟的根芹。西芹個頭大,頂端的葉子截去不留,葉柄肥厚,顏色淺綠,味道清淡。根芹的葉杆則細得多。顏色深綠,香味濃郁,味道很像國內常見的“脆香芹”。令人鬱悶的是,我們認為可以吃的上半部被德國人通通切去,一顆芹菜只留下那個重達一斤的圓根售賣。原本可以當做綠葉菜,清清爽爽做個小炒,頓時變成了根莖菜,只能像土豆一樣燉煮。

  蔬菜們都長得一個樣,媽媽教的挑選鮮嫩蔬菜的方法在這裏完全用不上。這裏的黃瓜是國內的兩倍粗,表面光滑,沒有細小可愛的絨刺。口感可想而知。好不容易發現一種生菜之外的綠葉蔬菜,滿以為是國內小油菜的“茁壯版”,便興沖沖地與海米搭配烹炒。豈料,除了綠葉部分尚可入口,白色的菜杆竟味同嚼蠟。上網一查,原來國內也進口這種蔬菜。中文名日:瑞士牛皮菜——其名字說明了一切。還有一種在國內從未見過。但深受德國人喜愛的“紅西芹”。剛來的時候我還納悶,怎麼芹菜被擺放在水果區?買了一根嘗嘗,酸得要命!也是上網查了才發現,原來這就是鼎鼎有名的大黃莖。中醫常用的大黃是這種植物的根。真有意思,吃芹菜的時候我們吃莖,德國人吃根,而大黃是他們吃莖,我們吃根。一次到教授家作客吃飯,教授夫人準備的飯後甜點便是用這個大黃莖和糖熬制的果醬配冰激淩,味道純正,酸酸甜甜,非常好吃。大家聽說大黃的根在中國是一味藥,也感到非常奇妙。

  就這樣,異國文化在餐桌上獲得了充分的交流。對於德國超市裏那些既熟悉又陌生的蔬菜,我們也抱著實驗的態度,勇敢嘗試。經過一番比較和權衡,制定出了一套中西合璧的烹調方案。譬如,芹菜根後來成了我們拌餃子餡時的重要調料;用老乾媽辣椒醬拌出來的蔬菜沙拉高貴冷豔,明媚憂傷;王致和豆腐乳則非常適合搭配加熱過的南瓜子黑麥麵包片。

  春天過後,熊蔥不再承載那些思鄉情濃,真的變成了普通的草、而我們仍然在異國的土地上探索和尋味,尋找著任何一絲跟家鄉有關的氣息和風味,在發麵團和醪糟的靜謐瞬間,深切地體會到了身為中國人的永恆內核維他命補充劑

カテゴリー: 生活感悟, 趣味 | 投稿者nvbjhdgfhj 11:43 | コメントをどうぞ

活得太累,只因索求太多

人生就像爬山,本來我們可以輕鬆登上山頂去欣賞那美麗的dermes 脫毛風景,但由於身上背負了太重的包袱,帶著沒有止境的索求上路,我們不但越爬越累,登上山頂不說,甚至連沿途的美麗風景也會忽略掉,空留一身的疲憊。

活得太累,只因索求太多  從前有一位巴格達商人,一天晚上,他一個人行走在靜寂無人的山路上,忽然,一個神秘的聲音對他說:“請你彎下腰來,揀起路邊的幾個石子,明天早晨你將因此得到歡樂。”雖然商人並不相信石子會給他帶來歡樂,但他還是彎下腰去,在路邊揀起了幾個石子,然後裝入衣袋,繼續趕路。

  第二天,太陽照到商人身上,商人忽然想起了衣袋裏還有石子,於是就掏出來看。當商人掏出了第一粒石子時,他一下愣住了,原來那不是石子,而是鑽石!商人去掏第二顆、第三顆、第四顆……發現是紅寶石、綠寶石、藍寶石……商人高興極了,這麼多寶石還可以賣多少錢啊!不過轉念間,商人又沮喪起來,他後悔昨晚沒有多揀幾顆石子,多揀幾顆,就會得到更多的寶石!於是商人就這樣懊惱了一路,之前的快樂也消失不見了。

  一個容易滿足的人,所獲得的快樂會多得多。當商人發現石子是寶石時,他獲得了快樂,但當他開始痛悔昨天晚上沒有多撿幾顆石子時,快樂已經消失得無影無蹤。快樂其實很簡單,它永遠屬於知足的人,而不屬於貪得無厭的人。

  人之所以感到痛苦,原因之一就是永不知足,索求太多甚至是一些不屬於自己的東西。因為自己的內心填不滿、放不下,我們才時常感覺活得太累。當你真正放下之後,你才發覺所有得苦惱也都被你放下了,你如原來一樣輕鬆快樂。

  有一個人,他窮得連一張床都沒有,每天晚上都只能在一張長凳上睡覺。一天晚上,窮人自言自語地說:“如果哪天我發了財,決不像那些可惡的富人一樣做吝嗇鬼……”這時候,窮人身邊出現了一個魔鬼,魔鬼說道:“我聽見了你的願望,我可以讓你發財。”說完魔鬼從衣服裏掏出了一個魔力錢袋。魔鬼說:“這錢袋裏永遠有一枚金幣,是拿不完的日霜。但是,你要記住,只有當你把錢袋扔掉時,才可以開始使用這一枚金幣。所以你覺得金幣拿夠了的時候,就把錢袋扔掉。”

  說完,魔鬼就不見了,而窮人的身邊真的出現了一個錢袋,裏面裝著一枚金幣。窮人把那枚金幣拿了出來,再伸手進去拿,裏面又一枚金幣,於是,窮人不斷地往外拿金幣,整整一個晚上,窮人都不停地往外拿金幣。第二天金幣已有一大堆了。他想;這些錢已經夠用我一輩子了。

  這時他很餓,很想去買麵包吃,但是在他化錢以前,必須扔掉那個錢袋,於是,他便拎著錢袋向河邊走去,但是當他扔掉錢袋後,覺得很捨不得,於是又掉頭回去把錢袋拿了回來。他又繼續從錢袋裏往外拿錢。就這樣,每次當他想把錢袋扔掉的時候,他就總覺得錢還不夠多。三天過去了,他旁邊的金幣越來越多,以至於完全可以去買吃的。買房子、買最豪華的車子。可是,他總是對自己說:“還是等錢再多一些才好。”

  一連五天,他不吃不喝拼命地拿錢,金幣已經快堆滿一屋子了,但是,他扔然捨不得放棄那個錢袋。他虛弱地說;“我不能把錢袋扔掉,金幣還在源源不斷地湧出來啊!”最後,他終於因為又累又餓,死在了自己的長凳上,旁邊堆著滿屋子的金幣。

  我們一心只希望擁有得越多越好,爬得超高越好,到後來我們的心靈卻無法得到休息。貪婪是一種誘惑,讓我們不知疲倦地爬向那沒有止境的深淵。

  活著太累的人,只知道一個勁地朝前走,而不知道停下腳步歇息,觀賞沿途的風景。生人活著是個過程,當我們回首一路走來的楊海成路途,有的人回憶裏不但有一生的收穫,更有那些鮮活的畫面、美好的風景,丟掉那些不值得你帶上的包袱,輕鬆上路,你的人生前途會更加愉快。

カテゴリー: 生活感悟 | 投稿者nvbjhdgfhj 16:35 | コメントをどうぞ

偶爾讓心靈小憩

我們生活在這樣一個物欲橫流的時代,無論是工作或生活,都讓我們有太多的香港工商管理壓力。身心疲憊的時候,給自己那麼一點點時間,讓心小憩。

  在這喧囂塵世中,要學會在煩瑣中給心靈一點自由呼吸的空間,在勞累中享受片刻的輕鬆。只有這樣,心靈才不會疲憊,就讓我們為自己的心靈找個休息的理由吧!

  給自己一個陽光明媚的早晨,將一切瑣事拋開,把心安放在如水般流瀉的陽光裏,遠離浮躁與喧囂,讓心沉醉在此刻的祥和裏。把心打開,攬一片陽光將心照亮,把所有的不快與陰霾驅散,只要心中有陽光,心靈就不會暗淡無光。

  抽一點時間,和家人共進午餐,看父母慈祥的笑容,兒女調皮的神態,丈夫或妻子含情脈脈的雙眼,用心珍惜這一份家的溫馨。

  在某個夕陽西下的時候,踏著落日的餘暉,看那一輪紅日緩緩滑落,將天空染得通紅。感受那夕陽無限好壓力脫髮,只是近黃昏的唯美意境,讓心靈享受這難得的安寧。

  寧靜的夜晚,卸下白天的偽裝,讓心靈與真實的自己對白。一首舒緩的音樂,一杯淡淡的清茶,一段意境優美的文字,都能讓疲憊的心靈得到撫慰。

  當我們的心靈感到疲憊或迷茫的時候,就停下來歇一歇。我們來到這個世界,不光是為了獲得更高的榮譽,或更豐富的物質享受,而更應是如何的綻放自己,別給自己太多的壓力,讓心靈留有喘息的餘地。當生命消失的那一刻,什麼也帶不走,所有的浮華都成過眼雲煙。我們在不懈努力的同時更應享受生命的過程,別讓自己的心靈之弦崩得太緊,偶爾的小憩是為了更好的前行。

  每個人的心中都有太多的負累,都有太多不堪回首的往事。歲月蹉跎,時光荏苒,我們大多的都是普通人,生下來就註定了奔波與勞累,沒有幾人能跳出紅塵逍遙自在。所以我們唯一能做的就是別讓自己的心超負荷運行,別讓自己的心活得太累。

  偶爾讓心靈小憩,感受生命的精彩,-享受生活中無處不在的同珍王賜豪美景,偶爾把心靈置於物外,走向靈魂的深處,聽從自己內心的呼喚。只有這樣,生命的腳步才會永不停息,未來才會更加的精彩。

カテゴリー: 生活感悟 | 投稿者nvbjhdgfhj 13:30 | コメントをどうぞ

なめたらアカンぜよ!

親心、仇になりました。

本日の夕食がケーキの母ちゃん。
職場でホールケーキを半分コで購入。
私はたまにこういうことをしてしまうのですが、生クリーム大好きなので、デカイケーキを買ってしまったら康泰旅行社、ご飯替わりに4分の1はペロっと食べます。

もう少し食べられそうなところでやめます。以前に、もう少し食べられそうだから食べたら胸焼け。そうなると、しばらくケーキは見たくなくなりますので、そういう症状が出ないように「もうちょっと食べたい」ところで健気にやめます。

凛太郎もケーキが大好きで、取り合いのように食べるので、味わうことができないことも度々。もちろんチョビットしかやりませんが、とにかく母ちゃんが落ち着いて食べることができないほど要求が激しい。

エリザベスカラーのままだと食べにくかろうと、外してやり、一緒に食べたまではよかったのですが…。

食べ終わって、油断しました。少し目を放したスキに、舐めておりました。
お医者さんから「舐めて、また麻酔かけて縫い直しとかあったらイヤでしょう」と脅されて(注意されて)もいますのに。

すぐに止め、患部を見たら、ウッスラと血が。

もらってきてある消毒カット綿で拭いてやったのが痛かったのか、自分で舐めて痛かったのか康泰旅行社、それとも他に原因があるのか。腰がワナワナブルブルと震えています。

今回、震えはすぐに治まったので、一昨夜の腰ブルブルもひょっとしたら傷みのせいもあったかもです。

母ちゃんは深く反省して、抜糸の日までは散歩以外はエリザベスカラーを外さないことにしました。

ウチのワンコは、2ワンとも、カラーを装着したままだとシッコをしませんでした。ハクも凛太郎も手術の翌日もしなかったので、散歩時だけは外すようにしました。

世間のワンコさんたちはどうなんでしょう?

凛太郎は良くはなってきているものの、膀胱炎があるので、シッコは我慢してほしくないのですが、シッコシートではぜんぜんしてくれません。幼少の頃はちゃんとしてくれたのに。今は外でしかしてくれない。
自分が我慢できなくなったら、夜中でも起こすので、もう一度シッコシート躾をしようと思い、今朝は凛太郎のシッコをシートにしみこませてみましたが、母ちゃんが仕事から帰るまで辛抱してました。

そういう辛抱は是非やめて、シッコシートでしてください>凛太郎

ちなみに、ハクはカラーをつけたままで、ご飯も水も、すぐにマスターしましたが、カオの長さと足の長さの関係か、凛太郎はうまく出来ません。
ハクは少し手伝ってやったら、素直に手伝わせ、あとは「カラーをつけたまま食べる」の要領を得ました。凛太郎は手伝いを断固拒否し、自分でなんとかする意欲満々ですが、うまくいきません。それでもトッピングだけは、なんとかしてちゃんと食べます。

ご飯に対する執着がハクとまるきりチガウというのもあるかもですが、ずっと一人息子で甘やかしすぎたからというのもあるでしょう。

今日は、康泰旅行社いえ、今日も母ちゃんは反省が多い。とほほ。

カテゴリー: 生活感悟 | 投稿者nvbjhdgfhj 13:26 | コメントをどうぞ

トラブルを起こした双方の面子を失わせないゴリラ

20141028180200_jJyjE.thumb.700_0.jpeg

「抜粋のつゞり その六十四」株式会社 クマヒラ
株式会社 熊平製作所

勝者つくら安利呃人ぬ闘い
山 極  寿 一

トラの威を借る狐ということわざがある。集団生活をするサルたちは、多かれ少なかれ身を
もってこれを実践している。強いサルと仲のよいサルは、そのサルがそばにいるときは威張
り散らすが、いなくなるととたんに、こそこそし始める。強いサルに攻撃されると、自分より弱
いサルを追いかける。そうすれば、自分が攻撃される側からする側に立つことができるから
だ。サルの社会は、勝者を認めることによって平和を保っていると考えることができる。

ところうが、ゴリラは誰かに攻撃されても、第三者にその矛先を向けるといったことをしない。
闘いは常に二者の間で行われ、終結する。ただし、けんかが起こると必ずといっていいほど、
まわりのゴリラが仲裁に入る。それも、どちらかを加勢するのではなく、喧嘩を止めようとするの
である。闘っているのが巨大な体を持つオスであっても、小さな子供たちやメスが割って入るの
だ。止めに入った子どもたちをオスが攻撃することなく、仲裁は成功することが多い。
これは、ゴリラがなるべく勝者をつくらないような社会をつくっているためである。サルたちのよ
うに周囲が勝者を認めてしまえば、けんかはすぐに終了する。でもゴリラはそれを好まない。
けんかを終わらせることより、トラブルを起こした双方の面子を失わせないことの方が重要なの
である。だから、ゴリラにはけんかを止める第三者が常に必要になる。けんかは二人でするもの
ではないかnuskin 如新らである。
(やまぎわ じゅいち=京都大学教授・読売新聞文化面「潮音風声」16・7・7)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
これを、読んでいると、ゴリラって凄い。素晴らしいなあ―。
国際問題にしても、最近の怖いような事件を見るにつけても、考えさせられます。教えられます。

今日も、暑い日でした。蛍が飛んでいるというニュースに亡き父を思い出しているのです。
亡き父はお役所勤めでした。(前にも書きましたが……)
ちょうど今頃のことなのでしょう。白い色の、麻のスーツに麻のソフト帽、白い靴・背の高いとても
素敵な父でした。夜暗い田舎の道を帰るとき、わたしと妹が喜ぶと思い、蛍を捕まえてきてくれた
ものです。そういう姿でどうやって捕まえたのでしょうね。いまだに謎であり、不思議なのです。もう
みんな逝ってしまいました。
翌朝、母が「お父ちゃんが、蛍を捕まえてきてくれたよ」って!
田舎の大きな家は襖や障子を閉めると、朝でも、暗くなるのです。そこに、母が蛍を放してくれる
のです。蛍は光りながら飛ぶのです。その美しいこと。また不思議なこと。ビックリして喜んだことと
思うのです。もうみんな出勤したり学校にいったあとです。この時期いつも思いだす私なのです。
優しい亡き父母の思い出な嬰兒便秘奶粉のです。

カテゴリー: 詩詞 | 投稿者nvbjhdgfhj 11:38 | コメントをどうぞ

Hello world!

Blog総合管理へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !

カテゴリー: 未分類 | 投稿者nvbjhdgfhj 02:35 | 1件のコメント