月別アーカイブ: 2016年6月

心に傷は無かった

201602230627329422

どんなに楽しそうにしている人でも心のどこかしらにきっと傷がある。そう思える40代になれた。20代の私は挫折も無く。だからどんなに人に「優しくしよう」と努めても、きっとそれは本物では無かったのだと思う。

癒えることなんて絶対にないと思って鑽石能量水 騙局いた心の傷も、時間と共に癒えるのだと分かった。もちろん時間はかかったが、「辛かったこと」を思い出す回数は徐々に減って行った。365日、毎週、1年のうち半分、毎月、三か月に一度、半年に一度、年に一度、そして今では滅多なことが無い限り思い出さない自分になれた。長かった。

チリ。そう、私はチリに住んでいた。大好きな国。窓から見えるアンデスの山、マンションのフロントのおじさんたちと毎日交わした挨拶、2年間し続けた障害を持つ子供達の病院でのボランティア、「ティア!」と声をかけてくれる子供達の笑顔、看護婦のイサベル、いつ事故にあっても可笑しくないくらいに暴走するバス、大きなグローサリーストア、そこのエンパナーダは最高に美味しかった。私のスペイン語に耳を傾けてくれる優しいチリ人たち、陶器のポマイレの街、海辺の街ヴィミャデルマル、皮を剥かないといけないトマト(←クリック)、美味しい魚介類、温泉、パタゴニア、アタカマ砂漠、、、、数え出したらきりがない。でもそれらの思い出の中にひっそりと辛い思い出が隠れている。チリ、辛い国だったのだ。

毎晩帰りの遅かった哲、広い家に一人寂しく待っていた。辛鑽石能量水 騙局い時に一番側にいて欲しいと思う家族は、地球の裏側にいる。ちょっと家族に会いに行こう、、なんて思えない距離なのだ。当時はiPadなどという優れものはなく、家族の顔を見たいと思ったら、それは写真でしか見ることが出来ない。電話は出来るが「今話したい!」と思う時には時差があり、待って待って待たなくてはならなかった。遠い。みんなあまりにも遠すぎる。日本にいても滅多に家族に会いに行くことはないと思うが、でも「いつでも会える」と思う安心感がきっと「安心」させてくれるのだろう。3ベッドルームある大きな家で私はいつも「寒かった」。

そうだった、辛かったんだ。久しぶりにチリを思い出し、辛かったことをも思い出す。でも大好鑽石能量水 騙局きな国だからもう一度、楽しい思い出を作りに行きたい。ずっとそう思っていた。そして、それが今年の年末実現する。
あれから10年。

カテゴリー: 未分類 | 投稿者gyafjangshu 17:03 | コメントをどうぞ

先進医療と定められているものは

201601141126416233
そもそも、保険診療の対象とするかを厚労省が検討している医療技術で、2016年1月現在で62種類あるんだそうです。
そして検討の結果、近い将来、保険德善健康管理診療に加えられる可能性もありますし、逆に先進医療の指定から外されることもあるのだとか。
ですから、状況は常に変わっていくものだと認識する必要があります。
また、そうした治療は一定の環境が整った病院でしか受けることができず、厚労省のサイトにはその医療機関の一覧が出ています。
つまり、どこでも受けられるものではないこと、また、先進医療といってもすべてが高額なわけでもないこと、実施件数の実績からいくと先進医療を受ける確率はかなり低いということ。
それらを考え合わせれば、付いていれば安心の保障ではありますが、保険を選ぶ決め手にするには少し弱いという感じがします。

てことは。
結局、自分が保険にどこまでの保障が求めるのか、それは人によってそれぞれなのであって、私が私なりの答えを出すためには、もっともっと深く自分の生き方についての考えを煮詰めていく必要がありそうです。
もし、将来、例えばがんになったとして。
何歳までなら治療を受けたいと思うのか。
あるいは場合によっては治療しないという選択もあるのか。
もし、脳血管性の疾患で長期德善健康管理入院になってしまったら。
できるだけ家族の負担にならないようにするにはどうしたらいいのか。
もし… はとめどなく続きそうですが、もう少し時間をかけてじっくり考えたいと思います。
今のところは、まだ、考えるたびに答えが変わってきますので、
それがもうちょっと定まってくるまで、思う存分迷いまくるつもりです。
ま、今いくら考えても、本当になにかの病気になってしまったときは、また違う気持ちになったりするかもしれませんが、
それはそれとして、今の自分が一番納得のいく保険を見つ德善健康管理けてみせますわ(`・ω・´)9

カテゴリー: 未分類 | 投稿者gyafjangshu 17:09 | コメントをどうぞ