山小屋で鮨詰めになって寝る必要もない

仲間と男体山に登ろうという話になり、朝、東武日光駅に集合した。
二荒山神社中宮祠前でバスを降り、境内を抜けると男体山に登る登山口がある。
白い着物に赤い袴を履いた若い巫女がいたが、鬱蒼とした森に囲まれた神社で見る巫女の姿というのは、いつにも増して可憐かつ清楚で、何か惹きつけるものがあった。

余談だが、巫女カフ產後脫髮ェというのが秋葉原にできたらしい。
気持ちは判る。しかし、これは邪心の塊・・・店員も客もとんだ罰当たりである。

さて、二荒山神社中宮祠の朝の冷たくて清々しい空気を吸い、爽やかな巫女の姿を眺めながら、神社受付で入山料を払い、登山者名簿に名前を書いた。
境内を抜けて神殿横にある鳥居をくぐって登り始めた。男体山の山頂には、二荒山神社の奥宮がある。男体山は、あくまでも神の山、霊山なのであった。

男体山の登山はつまらない。山の斜面をただ登るだけ、ひたすら真っ直ぐに登り続けるだけ、直登である。道もかなりの距離、階段状になっていたように思う。
もともとがガレ山なので、足元も悪い。登りには4時間近く掛かったような気がする。4時間、ひたすら登り続けた。

霊山なので、信仰の厚い人は年に何回も登るらしい。週に1回ペースで登る人がいて、1000回以上も登っている人がいたと思う。
まあ、私は不信心者なので、二度と登ろうとは思わなかったし、人にも勧めない。
ただ、奥日光のどこからも男体山が望めるように、男体山からは中禅寺湖を始めとして戦場ヶ原を眼下に見渡せ、奥日光の山々を遠くに望むことができる。

男体山を同じルートで下山し升降桌、二荒山神社中宮祠前から再びバスに乗って、終点の湯元温泉で降りた。日も落ちかかっていた。
予約してあった小さな旅館に投宿した。

翌日は、早朝に起きた。旅館の朝食時間には早かったので、おにぎり弁当を用意してもらって旅館を出発した。
湯ノ湖の西岸を周り、湯滝から湯川に沿って戦場ヶ原を下って赤沼に抜けた。整備された平坦な散策路を、鼻歌を歌いながら、お喋りしながら歩いた。

湯滝から泉門池への道の途中ではなかったかと思う。前を歩いていたSが突然、「ぎゃっ!」という声を上げた。
どうしたのかと思い、みんなが足を止めた。
Sが道の上に伸びた木の枝を指差している。そこから蔓のようなものが垂れ下がっていたのだが、よく見ると蛇だった。

「何だ、蛇じゃねぇか」
他の4人が蛇ごときで何を騒いでいるのだと、Sの横を抜けて蛇の巻きついた枝まで進むが、Sは枝の5メートル手前で凍りついたまま動こうとしない。まさにフリーズしていた。
気を取り直したSは、蛇の下を迂回して道の端を怖々と歩いてきた。
それからひとしきり、Sが蛇が苦手だという話題で盛り上がった。蛇を怖がるのは女の子くらいのものかと思っていたが、人は見かけによらない・・・

戦場ヶ原の木道を歩いたのは、この時が初めてだった。
それ以前に、同じ仲間と尾瀬に行ったことがあったが、乾燥化の進んでいる戦場ヶ原にはあまり興味をそそられなかった。
しかし、その後、何度か戦場ヶ原を訪れるうちに、小田代原を含むこの一帯の四季の美しさに惹かれるようになった。
尾瀬に比べれば遥かにアクセスも良いし。

07/4/10「奥入瀬に若葉の美しさを思ふ」升降桌にも書いたことがあるが、ゴールデンウィークの頃には奥日光でも水芭蕉を見ることができる。


カテゴリー: 未分類 | 投稿者gyafjangshu 16:45 | コメントをどうぞ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">